口癖とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 言葉遣い > 口癖の意味・解説 

くち‐ぐせ【口癖】

読み方:くちぐせ

古くは「くちくせ」とも》癖のようにいつも言うことまた、その言葉


口癖

作者横山秀夫

収載図書看守眼
出版社新潮社
刊行年月2004.1

収載図書看守眼
出版社実業之日本社
刊行年月2007.7
シリーズ名ジョイ・ノベルス


口癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 15:23 UTC 版)

春風どれみ」の記事における「口癖」の解説

口癖は「あたしって世界一不幸(たまに幸せ)な美少女だ〜!」(高校生になると、「世界一幸せな15歳の美少女」に変更)と、膨れっ面左右に振りながらの「プッププー」。後にプッププー」はどれみのお付きの妖精だったドドハナちゃん真似されており、ハナちゃんを通じて魔女幼稚園園児にも真似されている一人称は「あたし」。またときどき語尾に「……なのさ〜!」と付けことがある

※この「口癖」の解説は、「春風どれみ」の解説の一部です。
「口癖」を含む「春風どれみ」の記事については、「春風どれみ」の概要を参照ください。


口癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 10:13 UTC 版)

爆笑!!人生劇場3」の記事における「口癖」の解説

男性 ゲームスタート時(ランダムに決定) じゃん でちゅ だべ ですたい イベントによって変わる口癖 でござる(中学校入学直後正しい日本語講座マス止まる修得元の口癖が「だべ」、「ですたい」のプレイヤー田舎への転校避けるためにはこのマス止まることが必要。) っスヨ(都会中学校で運動部コース選択した場合特定のマス止まる修得。) だベイビ(中学校で不良化し、更生せず三流高校進学した場合ライブ関連イベントに行くマス止まるもしくは上京電車コースのライブハマるイベント止まる修得。) ぞなもし(職業サラリーマン既婚者の場合、仕事カードイベントのマス地方転勤カードを引くと修得同時に昇降ポイント下がる。) 女性 ゲームスタート時(ランダムに決定) なのね だわさ だっちゃ じゃけん イベントによって変わる口癖 ざーます(中学校入学直後正しい日本語講座マス止まる修得元の口癖が「だっちゃ」、「じゃけん」のプレイヤー田舎への転校避けるためにはこのマス止まることが必要。) っスヨ(都会中学校で運動部コース選択した場合特定のマス止まる修得。) だベイビ(中学校で不良化し、更生せず三流高校進学した場合ライブ関連イベントに行くマス止まるもしくは上京電車コースのライブハマるイベント止まる修得。) どす(職業OL既婚者の場合、仕事カードイベントのマス地方転勤カードを引くと修得同時に昇降ポイント下がる。) ※「だべ」「ですたい」「だっちゃ」「じゃけん」の人は中学生序盤田舎中学転校となる。また電車での上時に警官から職務質問されたりディスコでは服装審査引っかかり入店拒否されるなどデメリットが多い。

※この「口癖」の解説は、「爆笑!!人生劇場3」の解説の一部です。
「口癖」を含む「爆笑!!人生劇場3」の記事については、「爆笑!!人生劇場3」の概要を参照ください。


口癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 21:48 UTC 版)

「癖」の記事における「口癖」の解説

口癖とは、発言する際無意識出てしまう言葉、または意識的に好んで使う言葉前者例としては、「ちなみに」「ある意味」などで、本来の意味は特に含まない場合が多い。後者その人物が好む言葉であれば何でも口癖となりうる。例としては「これからはITだね」「だから日本ダメなんだよ」など。 近年ではフィクション作品において個人性格付け類型分かりやすくするための手段(いわゆるキャラ立て」)として、およそ通常ではありえないような口癖を持つ登場人物配置されることがあるストックキャラクターおよび語尾の項目のキャラ語尾の節なども参照のこと。

※この「口癖」の解説は、「癖」の解説の一部です。
「口癖」を含む「癖」の記事については、「癖」の概要を参照ください。


口癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 02:46 UTC 版)

フチ・ネドバル」の記事における「口癖」の解説

「ジェミニィー!」 死にそう時に言う。 しかし、この言葉を口にしたせいでヘルタントで「レディ・ジェミニのナイトフチ卿」と呼ばれる事になる「死んでみよう!」 戦闘始まる際や命を賭ける時に言う言葉。 これは自分を殺す権利相手にあるという意思表示で、それによって自分躊躇なく相手を倒す口実ができるというのが自論

※この「口癖」の解説は、「フチ・ネドバル」の解説の一部です。
「口癖」を含む「フチ・ネドバル」の記事については、「フチ・ネドバル」の概要を参照ください。


口癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:11 UTC 版)

ジェレミー・クラークソン」の記事における「口癖」の解説

How hard can it be?(そんなのは簡単なことだろ? といった意味。番組内では何かよくない、ろくでもないことが起こ予兆フラグ扱いされており、このフレーズ他の共演者の前で言うと高確率ハモンドが『Don't say that!!〔それを言うな!〕』と叫ぶ) Rubbish!(ラビッシュ/つまらない物ゴミといったニュアンス) POWEEEEEEEER!!!!!(パワーーーーーーーッ!!!!!Come ooooooooon!!(カモーーーーーーーン!!/加速が遅いときに体を揺らしながら叫ぶ) Holy Moly!!!! (「とんでもねえ!」や「おったまげた」という様な意味) 美し物の例えとしていつもキーラ・ナイトレイクリスティン・スコット・トーマス挙げる In the world! (「世の中で一番」。ただし、発音ジェレミー特有の息を呑む様な感じで。度々他の芸能人からもからかわれる

※この「口癖」の解説は、「ジェレミー・クラークソン」の解説の一部です。
「口癖」を含む「ジェレミー・クラークソン」の記事については、「ジェレミー・クラークソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「口癖」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「口癖」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



口癖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「口癖」の関連用語

口癖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



口癖のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの春風どれみ (改訂履歴)、爆笑!!人生劇場3 (改訂履歴)、癖 (改訂履歴)、フチ・ネドバル (改訂履歴)、ジェレミー・クラークソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS