生きるとは? わかりやすく解説

いきる【生きる】


い・きる【生きる】

読み方:いきる

[動カ上一[文]い・く[カ上二]古く四段活用であったが、中世ごろから上二段活用

人間・動物などが、生命があり活動できる状態にある。生命を保つ。生存する。「百歳まで—・きる」「だけで—・きる」⇔死ぬ。

生計を立てる生活する。「ペン一本で—・きる」

㋑(「…にいきる」「…をいきる」の形で)そこを生活の本拠として暮らす。また、意識的能動的に毎日過ごす。「海に—・きる人々」「青春をいかに—・きるか」

㋒(「…にいきる」の形でそのこと生きがい見出して日々を送る。「研究一筋に—・きる」「趣味に—・きる」

あたかも命があるよう働きをする。生き生きする。また、理念などが失われずに後世まで伝えられる。「その一語文章が—・きてきた」「創設者精神今日なお—・きている」

(「活きる」とも書く)うまく活用することによってそのもの価値発揮される効果現す。「ひとふりの塩で味が—・きてくる」「長年経験が—・きる」

効力失われていない。「あのとき約束は—・きている」「ライン内の—・きたボール

野球で、塁に出たランナーアウトにならずにすむ。「エラー一塁に—・きる」⇔死ぬ。

(「活きる」とも書く)囲碁で、目が別々に二つ以上できて自分の地(じ)となる。「石が—・きる」⇔死ぬ。→生(い)く

[補説] 書名別項。→生きる


生きる

作者井上靖

収載図書文学 1991
出版社講談社
刊行年月1991.4

収載図書石濤
出版社新潮社
刊行年月1991.6

収載図書石濤
出版社新潮社
刊行年月1994.7
シリーズ名新潮文庫

収載図書井上靖全集 第7巻
出版社新潮社
刊行年月1995.11


生きる

作者薄井

収載図書稲刈りに来た女薄井短編小説集
出版社町田ジャーナル
刊行年月2001.4


生きる

作者乙川優三郎

収載図書生きる
出版社文藝春秋
刊行年月2002.1

収載図書生きる
出版社文藝春秋
刊行年月2005.1
シリーズ名文春文庫


生きる

作者佐藤房子

収載図書八木節源太異聞
出版社そうぶん出版
刊行年月2002.11


生きる

作者島木健作

収載図書島木健作全集 第1巻 新装版
出版社国書刊行会
刊行年月2003.12


生きる

作者中井

収載図書生きる―兵法者武蔵異聞
出版社新風舎
刊行年月2007.5
シリーズ名Shinpu books


生きる


生きる

作者谷川俊太郎

収載図書二時間目国語
出版社宝島社
刊行年月2008.8
シリーズ名宝島社文庫


生きる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 18:43 UTC 版)

生きる(いきる)とは、人や動物が、生命を保ち活動できる状態にあること。を参照。




「生きる」の続きの解説一覧

生きる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:42 UTC 版)

和語の漢字表記

きる

  1. この世存在する。生命保つ。 いきる 参照

「生きる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生きるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生きるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生きる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生きる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS