日本映画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本映画の意味・解説 

日本映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 14:27 UTC 版)

日本映画(にほんえいが)は、一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるいは日本の国内法に基づく法人出資製作)している映画を指すが、詳細な定義は識者によって異なる。(ほうが)とも呼称される。また、映画のことは時代によって活動写真キネマ、シネマ等とも呼ばれる。




注釈

  1. ^ 〔引用者註〕出典の先頭の「2016年4月1日、」は誤植と思われる。1980年の映画祭で出品されたのは二本ではなく四本。

出典

  1. ^ 四方田犬彦『日本映画史100年』(集英社 ISBN 978-4087200256)pp.14-16
  2. ^ 田中純一郎『日本映画発達史』[要ページ番号]
  3. ^ 山本喜久男『日本映画における外国映画の影響』早稲田大学出版部、1983年。ISBN 4-657-83008-2pp.600-603
  4. ^ 山本喜久男『日本映画における外国映画の影響』早稲田大学出版部、1983年。ISBN 4-657-83008-2[要ページ番号]
  5. ^ 「日本映画史100年」p.44
  6. ^ 「日本映画史100年」p.48
  7. ^ 『映画渡世・天の巻 - マキノ雅弘自伝』、マキノ雅弘平凡社、1977年、p.141-142.
  8. ^ 「日本映画史100年」p.80
  9. ^ ジョン・ウェイン主演のアメリカの戦意高揚映画『フライング・タイガーFlying Tigers』(1942年)では、『燃ゆる大空』の一部フィルムが着色されたうえで流用(盗用)されている。
  10. ^ 1945年に制作され同年8月5日に封切られた『北の三人』が、戦時下の日本で最後に完成し、同年8月15日の敗戦当時に国内で唯一上映されていた劇映画であるとされる。
  11. ^ 日本映画発達史 田中純一郎
  12. ^ 日本映画発達史 田中純一郎
  13. ^ 「日本映画史100年」p.123
  14. ^ 「日本映画史100年」p.134
  15. ^ 「日本映画史100年」p.129
  16. ^ 日本管理法令研究 日本管理法令研究会
  17. ^ 朝日新聞
  18. ^ 日本管理法令研究 日本管理法令研究会
  19. ^ 映画史 岩崎昶
  20. ^ 任侠映画 にんきょうえいが- コトバンク”. 朝日新聞社. 2021年2月27日閲覧。
  21. ^ a b 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)滅びの美学 任侠映画の世界 - シネマヴェーラ渋谷コラム|東映京撮・盟友対談② | 合同通信オンライン早見俊 (2021年1月23日). “「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由「仁義なき戦い」を世に出した岡田茂の慧眼”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。隔週刊 東映任侠映画傑作DVDコレクション 特設ページU–NEXT 東映昭和映画傑作選
  22. ^ JJサニー千葉『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年、28 - 36頁。ISBN 4821142694
  23. ^ Last Picture Show in Little Tokyo : Film: An era ends for the country's only remaining Japanese-language movie houseThe Los Angels Times, October 31, 1990
  24. ^ Toho La Brea TheatreCinema Treasures
  25. ^ a b c d e 西沢正史 (1978年6月8日). “〈人間登場〉 日本映画製作者連盟の会長になった岡田茂氏さん”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 5 
  26. ^ a b 教科書 2016, pp. 224–230.
  27. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年
  28. ^ Variety1974年12月18日付。
  29. ^ 「本家ブルース・リーをしのぐ千葉真一報知新聞、1974年12月27日朝刊
  30. ^ 『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房、1981年8月、 32頁。
  31. ^ 中村カタブツ『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』ぴいぷる社、1999年、172 - 186頁。ISBN 4893741373
  32. ^ 西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い」『アサ芸+』、徳間書店、2012年12月12日、2013年1月1日閲覧。
  33. ^ クロニクル東映2 1991, p. 65.
  34. ^ 東映の軌跡 2016, pp. 258–259、272–273.
  35. ^ 活動屋人生 2012, pp. 102–135.
  36. ^ 教科書 2016, pp. 226–235.
  37. ^ NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】(archive)、asahi.com(朝日新聞社):ヤマトは「文芸もの」だった?角川春樹氏、思い出語る「ひとつの時代終わった」…岡田茂氏死去(archive)
  38. ^ 教科書 2016, pp. 241–243.
  39. ^ 高森郁哉 (2015年8月18日). “ネットフリックス日本進出の成否、米メディアはこう見る”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/08/post-3840.php 2015年8月22日閲覧。 
  40. ^ a b 2006年10月号日経エンタテインメント!」(日経BP社)の連載「テレビ証券」より
  41. ^ 「現在のところ、これらの動きはいわゆる「ご当地映画」製作へと結びつく傾向があるが、まだ始まったばかりであり、今後の展開が期待される。[要出典]
  42. ^ a b Patrick Frater (2011年1月28日). “Japanese box office climbs 7% in 2010”. Film Business Asia. 2015年4月12日閲覧。
  43. ^ Patrick Frater (2012年1月27日). “Japanese BO plunges by 18%”. Film Business Asia. 2015年4月12日閲覧。
  44. ^ a b Jason Gray (2013年1月30日). “Japanese box office up 7.7%”. screendaily.com. 2015年4月12日閲覧。
  45. ^ Mark Schilling (2013年1月30日). “Japanese B.O. rises 7.7% to $2.14 bil”. variety.com. 2015年4月12日閲覧。
  46. ^ Kevin Ma (2014年1月29日). “Japan B.O. down 0.5% in 2013”. Film Business Asia. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月30日閲覧。
  47. ^ Gavin J. Blair (2014年1月28日). “Japan Box Office Drops Slightly in 2013”. The Hollywood Reporter. 2015年4月12日閲覧。
  48. ^ Gavin J. Blair (2015年1月26日). “Japan's Box Office Up 6.6 Percent to $1.75 billion in 2014”. The Hollywood Reporter. 2015年4月12日閲覧。
  49. ^ Mark Schilling (2015年1月27日). “Japan Box Office in 2014 is Third Biggest of 21st Century”. variety.com. 2015年4月12日閲覧。
  50. ^ Statistics of Film Industry in Japan”. Motion Picture Producers Association of Japan. 2019年5月7日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g h “日本映画、台湾が輸入許可―来月から4作品を公開。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 12. (1984年8月27日) 
  52. ^ a b c d e f g 「台湾へ15年ぶり日本映画輸出決る『砂の器』『二百三高地』など4本」『映画時報』1984年1月号、映画時報社、 32頁。
  53. ^ a b c d e f g “ステップアップ台湾企業 脱NIESへの道(4) 博新多媒体(メディア事業)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 2. (1995年7月4日) 
  54. ^ a b c d 馬場秀司・深津純子 (1995年6月27日). “揺れる規制(アジア銀幕新事情 映画100年:1)”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 11 
  55. ^ a b c d e f g h i j k l 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 台湾映画の超ヒット作が来年東映の一般番線に登場。日本映画の輸出枠をアップされ、両国の興隆はますます盛んに。」『キネマ旬報』1986年11月上旬号、キネマ旬報社、1986年、 166-167頁。
  56. ^ a b c d e f g h i 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 永年の努力と昨年の実績が認められ台湾に年間6本輸出」『キネマ旬報』1986年7月上旬号、キネマ旬報社、 169頁。
  57. ^ a b c d LoHuei-Wen(羅慧雯)「日本製映像ソフトの浸透と台湾の国家政策」『調査と研究』第26号、京都大学経済学会、2003年4月、 41-61頁、 doi:10.14989/44553ISSN 09175393NAID 120000899309
  58. ^ a b c d 木村晃三 (1988年3月2日). “〔ジャパネスク新世紀〕第二部(15)愛憎の交錯文化(連載)”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 5 
  59. ^ a b c 「アルバムは語る 『小さな代表団』 文・日本映画製作者連盟・顧問 鈴木進」『AVジャーナル』1996年1月号、文化通信社、 113頁。
  60. ^ 「映画界の動き 映連、9月定例理事会開催」『キネマ旬報』1982年11月上旬号、キネマ旬報社、 186頁。
  61. ^ 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1986(映画産業団体連合会協賛)』1985年12月1日発行、時事映画通信社、 11頁。
  62. ^ a b 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1984年版(映画産業団体連合会協賛)』1984年12月1日発行、時事映画通信社、 10頁。
  63. ^ 今村三四夫 (1984年1月21日). “週間点描 年初各種会合盛況 その繁栄全業界に”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  64. ^ 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1984年版(映画産業団体連合会協賛)』1985年12月1日発行、時事映画通信社、 4、7頁。
  65. ^ 今村三四夫 (1984年1月21日). “週間点描年初各種会合盛況その繁栄全業界に”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  66. ^ “許されなかった日本映画が解禁へ、「里見八犬伝」薬師丸ひろ子の訪台に大フィーバー”. Record China. (2016年4月2日). https://www.recordchina.co.jp/b132405-s0-c70-d0044.html 2016年4月2日閲覧。 
  67. ^ 台湾映画『海角七号/君想う、国境の南』記者会見 - アジアンエンタメ情報
  68. ^ a b c 遠藤繁 (1997年12月2日). “映画ビジネス広がるスクリーン(上)『 もののけ姫』100億円ー邦画、世界を舞台。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 13 
  69. ^ a b c d e f “香港・台湾で邦画公開、東映、日本に先行も―アジア戦略強化”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 3. (1997年7月11日) 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本映画」の関連用語

日本映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS