製作とは? わかりやすく解説

せい‐さく【製作】

読み方:せいさく

[名](スル)

道具機械などを使って品物作ること。「家具を―する」

映画・演劇テレビ番組など作ることプロデュース制作。「記録映画を―する」

詩文美術作品などを作ること制作

物象観が明瞭に筆端に迸しって居らねば、画(え)を―したとは云わぬ」〈漱石草枕


製作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 07:08 UTC 版)

製作(せいさく)とは、機械や道具を使用して品物を作ること、映画演劇テレビ番組といったエンタテインメント作品をつくること[1]、とりわけ後者においては企画立案、製作者として出資することも含み日本の映像業界等では製作総指揮ともいう[1]。本項では制作についても記載する。


  1. ^ a b 製作デジタル大辞泉小学館コトバンク、2009年11月29日閲覧。
  2. ^ エキサイト和英辞書、『新和英中辞典』第4版、研究社、2009年11月29日閲覧。
  3. ^ 例: 渡辺謙明日の記憶キネマ旬報、2009年11月29日閲覧。
  4. ^ 社団法人日本映画製作者連盟、公式ウェブサイト、2009年11月29日閲覧。
  5. ^ 株式会社 ヨコシネ ディー アイ エー、公式ウェブサイト、2009年11月29日閲覧。
  6. ^ 等持院撮影所立命館大学、2009年11月29日閲覧。
  7. ^ 協同組合日本映画製作者協会、公式ウェブサイト、2009年11月29日閲覧。
  8. ^ 例: 大映京都撮影所組織図 - 大映京撮スタッフ紹介、立命館大学、2009年11月29日閲覧。
  9. ^ 企画プロデューサーは、企画の立ち上げから公開まで全てを見据えて映画に対しての責任を持つ仕事。一方撮影所における製作は、期日を守り撮影における日々の問題を解決し、怪我なく無事に撮影が終えられるよう、予算と俳優とスタッフを守り映画を納品するまでが仕事 撮影規模、スケジュールを基に請け負った予算を編成・管理し、映画製作を円滑に進行させていきます。撮影時に発生する俳優やスタッフの移動、食事、宿泊など細かい発生事項も製作が担当、松竹、2021年11月15日閲覧。
  10. ^ 一番下の「製作進行」は現場でお茶や弁当などを注文・用意する係りですね。それから「製作主任」は、ロケハンを主な仕事にしています。「製作担当」はロケハンとスタッフの調整を行います。その上に「ラインプロデューサー」がいて、全体の予算編成を現場で行っています、日活、2021年11月15日閲覧。
  11. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎中央公論社、1968年、p.292-293.
  12. ^ マキノ映画人紹介、立命館大学、2009年11月29日閲覧。
  13. ^ 日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 24山形国際ドキュメンタリー映画祭、2009年11月29日閲覧。
  14. ^ 例: 牧野省三日本映画データベース、2009年11月29日閲覧。
  15. ^ 「制作」と「製作」の使い分け。(音と映画とわんぽいんと 2006年6月6日 )
  16. ^ 著作権法 - 公益社団法人著作権情報センター(CRIC)Webサイトより
  17. ^ 番組制作委託取引に関する指針細則(2005年3月15日改訂/日本テレビ:企業・IR情報)
  18. ^ 番組制作発注に関する自主基準(テレビ朝日の企業サイト)
  19. ^ 「藍より青し」や「ミヨリの森」などの一部アニメでは「製作」
  20. ^ 一時期の「進め!電波少年」など一部番組および系列局の一部では「制作」
  21. ^ 以前はアニメのみ「制作」表記だったが、最近ではほとんどの番組が「製作」表記を使用


「製作」の続きの解説一覧

製作(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 00:26 UTC 版)

謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ)」の記事における「製作(映画)」の解説

本作ではシンガポール初の日本国外ロケ敢行物語の舞台となる「プリンセスレイコ号」の撮影アジア最大の豪華客船であるスーパースター・ヴァーゴ行われた。なお、日本映画撮影スーパースター・ヴァーゴ使用されるのは本作が初となる。 2012年5月31日クランクインし、7月末にクランクアップした。 撮影スーパースター・ヴァーゴ通常通り運行される中、期間約10日総移動距離2615キロに渡る撮影敢行された。そんな中櫻井は嵐でメインパーソナリティ務め2012年度の『24時間テレビ35愛は地球を救う」』の収録のため、1泊2日と2泊3日分けて参加ヴァーゴ号の寄港地であるマレーシアレダン島から小型ボートや車・飛行機乗り継ぎ16時間以上を掛けて帰日澤穂希サッカー日本女子代表選手達と東日本大震災亡くなったサッカー少女への追悼試合を行う24時間テレビ企画撮影後に、先のルートを通じて再び乗船するという過酷な移動ロケ行っていた。

※この「製作(映画)」の解説は、「謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「製作(映画)」を含む「謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ)」の記事については、「謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


製作(第2作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 02:19 UTC 版)

遊戯シリーズ」の記事における「製作(第2作)」の解説

のちに公開された松田優作ドキュメンタリー映画SOUL RED 松田優作』では、当初本作仮題が『ゴキブリ用心棒 俺が裁く!!であったことが確認できる作中冒頭シーン軽トラック見られる主人公鳴海らが立ち上げたツケ取り立て業者の名「ゴキブリ商事」はその名残である。

※この「製作(第2作)」の解説は、「遊戯シリーズ」の解説の一部です。
「製作(第2作)」を含む「遊戯シリーズ」の記事については、「遊戯シリーズ」の概要を参照ください。


製作(第3作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 02:19 UTC 版)

遊戯シリーズ」の記事における「製作(第3作)」の解説

前々作・前作ヒットした業績評価されスポンサーから以前より多くの製作予算出された。そのため、銃器のテクニカルアドバイザーを呼んでアクションシーン徹底させている。 東京地下鉄明治神宮前駅青山アパートメント現在の表参道ヒルズ)、如水会館ロケ地となっている。

※この「製作(第3作)」の解説は、「遊戯シリーズ」の解説の一部です。
「製作(第3作)」を含む「遊戯シリーズ」の記事については、「遊戯シリーズ」の概要を参照ください。


製作(映画版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 19:30 UTC 版)

地獄少女」の記事における「製作(映画版)」の解説

2018年9月13日制作発表された白石は「原作の持つエネルギー負けず生まれようとしている映画健やかに暴れまくって世に放たれるように、しっかりと産婆役目を果たしたい」「ホラー要素ありますが、美しさ悲しさ凶暴さ同居する青春映画』、いわば私なりキラキラ映画です」、主人公閻魔あいを演じ玉城は「原作はわたしの世代では知らない人がいないくらい有名」「最初お話頂いた時は驚きの方強かったのですが監督頭の中にある『地獄少女』を深く共有して、いい作品にできるように頑張ります」と、それぞれコメントしている。 三藁キャスティングについて白石の「強烈な存在感必要不可欠だった」とのこだわりのもと、骨女には堂々とした佇まいセクシーさから橋本マナミ輪入道にはその存在感オーラから麿赤児それぞれ起用されたほか、一目連にはオーディション経て白石の「パッと見、ゾクッとさせるような鋭さのあるビジュアルが欲しかった。彼を見たとき、ぴったりだった」との評価により、楽駆選ばれた。なお、現場撮影際には麿による歌唱シーン橋本によるキスシーン撮影されたが、映画本編ではすべてカットされている。 玉城小学生当時漫画版読んでおり、本作ではあいを演じに際し能登麻美子演じたテレビアニメ版のあいを参考にして声を作ったほか、撮影中にはまばたきをしなかったうえ、コンタクトレンズ装着していたことからカットがかかるまでに目が乾いていき、視点合わなくなっていったという。 映画版オリジナルキャラクター1人である南條遥を演じ仁村紗和へのインタビューによれば撮影2018年秋行われたそうである仁村オーディション際に中森明菜の「少女A」を歌って選ばれており、演技について同じく映画版オリジナルキャラクター1人である市川美保演じ森七菜から引き出されたところもあったほか、歌へのコンプレックス克服したライブシーンについては白石こだわり重なり2、3日かけて撮影したので見どころだという。なお、白石音楽的要素加えて本作の世界観に厚みを持たせようとこのシーン撮影・編集したことや、歌で物語止めないことが重要であることを劇場公開後コメントしている。 小中学生当時テレビアニメ版漫画版をよく見ており、オーディション際に実写映画化驚いてあいを誰が演じるかが気になったほか、美保演じ際に親友のために美保人生狂っていくところは理解できない思っていたが、演じていくうちに自分も人のために狂うことができたことに驚いたという。

※この「製作(映画版)」の解説は、「地獄少女」の解説の一部です。
「製作(映画版)」を含む「地獄少女」の記事については、「地獄少女」の概要を参照ください。


製作(1978年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 05:08 UTC 版)

純 (映画)」の記事における「製作(1978年)」の解説

東映東京撮影所(以下、東映東京)の契約助監督として四年間、石井輝男伊藤俊也監督に就いた横山博人は、サード助監督から抜け出せず、1977年福岡中学時代の同級生からお金借りて映画の製作決意し同年夏に東映退社自身の弟の会社工藝名義でかねてから作を望んでいた『純』の映画化決め自身で「俺はプロ監督」という思いから最初から35mm劇場用映画での製作を決めた製作費当時自主映画では破格の4000万円

※この「製作(1978年)」の解説は、「純 (映画)」の解説の一部です。
「製作(1978年)」を含む「純 (映画)」の記事については、「純 (映画)」の概要を参照ください。


製作(アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:32 UTC 版)

BLOOD THE LAST VAMPIRE」の記事における「製作(アニメ)」の解説

同作品は、1996年Production I.Gに押井塾が結成され事に端を発する。押井塾は、人を育てた事が無い押井守が、暇つぶし恩返し兼ねて結成したaniplex社のインタビューにて神山健治答えている。同塾には、押井作品携わった製作チームProduction I.G将来有望若手集った精鋭部隊化した毎回提示されるテーマにそって企画提出課題とされ、第八回の8月22日提示され課題は「吸血鬼」であり、神山提出した企画が「LAST VAMPIRE Desmodus rotundusであった。同塾の藤咲淳一BLOOD THE LAST VAMPIRE世界観設定は、神山提出した企画に既に詰まっていたと証言している。さらに、前出藤咲淳一第七回の課題提出した月光鬼譚を元に物語り主人公小夜作られた。なお、この際小夜誕生日設定は、押井守誕生日同日設定してあるという。 9月11日Production I.G押井塾の第二回合宿際に神山提出した当初企画と、藤咲提出した月光鬼譚、さらに別途に神山徹夜して書き上げたLAST VAMPIREを元に合宿参加していた押井守北久保弘之らで激論交わされ構想練られていった。この激論はほとんど徹夜であり合宿参加していた藤咲は「あの場にいたら、押井さんと北久保さんに圧倒される」、神山は「喋りで、その隙間に入るのが、難しい」と証言するほど激しいものであった当初神山藤咲およびその他大勢の押井塾若手らによって通常業務合間を縫って製作される内部向け作品だったが、途中試作レビューにおいて極めて高く評価され後に3年年月複数人参加協力経て公開作品化される事となる

※この「製作(アニメ)」の解説は、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の解説の一部です。
「製作(アニメ)」を含む「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の記事については、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の概要を参照ください。


製作(完結編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 10:02 UTC 版)

鋼の錬金術師 (実写映画)」の記事における「製作(完結編)」の解説

鋼の錬金術師連載20周年新プロジェクトの一環として、2022年3月2日発表された。それに先駆け同年2月17日には新プロジェクト始動と共にスカー写したビジュアルが解されている2022年3月12日には新場写真公開されたほか、原画展鋼の錬金術師RETURNS』の大阪会場にて衣装展示決定したことが報じられている。

※この「製作(完結編)」の解説は、「鋼の錬金術師 (実写映画)」の解説の一部です。
「製作(完結編)」を含む「鋼の錬金術師 (実写映画)」の記事については、「鋼の錬金術師 (実写映画)」の概要を参照ください。


製作(2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:51 UTC 版)

けものフレンズ (アニメ)」の記事における「製作(2)」の解説

「#監督降板騒動」も参照 上記以外スタッフ第2期コンセプトデザイン吉崎観音 助監督安藤尚也 CG監督谷口英男 美術監督小幡和寛 撮影監督椎名優希→丹羽拓也 音響監督阿部信行 音楽プロデューサー内田音楽制作ビクターエンタテインメント プロデューサー細谷伸之岡本泰幸、飯塚彩、工藤大丈秋尾浩史、飯塚寿雄名越稔洋福田聡長澤秀尚、市井美帆亀山暢央石垣吉彦、和泉勇アニメーションプロデューサー沼田心之介 第2期では大半シーン2D作画制作し一部シーン3DCGトゥーンレンダリング)を用いたハイブリッドアニメとして制作されるアニメーション制作トマソン担当アニメーションプロデューサー沼田は、第1期さまざまな所に伏線散りばめられており、ゆるふわ感とポストアポカリプス感が合わさった世界観魅力だったとした上で第2期は「尖った作品足元を固める」ように作っていると話している。このポストアポカリプスとは、具体的に諸星大二郎のユーモア・ホラー漫画バイオ黙示録』(2008年)の世界観を指すと考えられる次回予告はジャパリカフェを舞台としており、イラストキクチミロ担当している。

※この「製作(2)」の解説は、「けものフレンズ (アニメ)」の解説の一部です。
「製作(2)」を含む「けものフレンズ (アニメ)」の記事については、「けものフレンズ (アニメ)」の概要を参照ください。


製作(劇場版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 06:52 UTC 版)

機動戦士Ζガンダム」の記事における「製作(劇場版)」の解説

企画当初は『機動戦士ガンダム』『∀ガンダム』と同様テレビ版再編集作品だったが、富野殺伐さと悲劇しかなかった原典物語を、新たな解釈異な視点加えること健やかな物語再構成するというテーマのもと、自ら全三部作への再編集監督・脚本絵コンテ)を行った当時の放送局であった名古屋テレビ製作協力として制作に関わっている。 劇場版フィルムは、テレビ版カット以降旧作画)に同じフレーム内で劇場版カット以降新作画)を加えるという特殊な方法編集され旧作画部分と新作画部分の質感近づけるエイジング」(「経年変化」の意)処理が行われた。公開当時富野完全に新作にしてしまうと『Ζガンダムではなくなってしまうため、あえてこの形式をとった旨を発言している。旧作画はトリミングされ、スタンダードサイズからビスタサイズ変更された。また、カットによっては旧作画のフレーム内の一部コクピット内のコンソール表示など)を部分的に追加修正するといった加工されている新作画部分には、テレビ版後に製作されOVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』登場するジム・キャノンIIジム・カスタムジム・クゥエルや『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』のガンダムTR-1ヘイズル]などのMSカメオ出演している。 なお、『星の鼓動は愛』の初期題名は「三つ巴」だった。

※この「製作(劇場版)」の解説は、「機動戦士Ζガンダム」の解説の一部です。
「製作(劇場版)」を含む「機動戦士Ζガンダム」の記事については、「機動戦士Ζガンダム」の概要を参照ください。


製作(コンセプト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:37 UTC 版)

ダーククリスタル」の記事における「製作(コンセプト)」の解説

セサミストリート』、『マペットショー』などで、世界的にマペット操演者&クリエイターとして知られるジム・ヘンソンが、後に映画ダーククリスタル』として結実する着想得たのは、当時米国人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の一コーナーマペット劇を担当していた頃に、豪奢な貴族暮らしをする爬虫類たちの宴会というイメージ当時著書イラスト描いたことだった。この着想が、まさにスケクシスたちの宴会シーンとして映像化されている。 「サタデー・ナイト・ライブ」でのジム・ヘンソンマペット劇は、剥製用使われる特製眼球使いマペット生物らしさを与えるという実験的なものであったこうした試みを通してヘンソンは「マペット用いた見たことも無いリアルな映像」の実現決意した。『ダーククリスタル』のキャラクター使われている眼球も、剥製用技術による特注品である。 1977年始めの冬、『マペットショー』製作の打ち合わせのため、コンコルド便でニューヨークからロンドンへ行こうとしていたジム・ヘンソンと娘のシェリル・ヘンソンは、大雪のため、ケネディ空港近くモーターロッジ3日間、足止めされた。『ダーククリスタル』の基本的なストーリー登場人物出来たのは、実にこの予期せぬ自由時間父娘フリートークにおいてだった。 1977年8月ジム・ヘンソン様々なプロジェクト並行させるかたわら英国新進イラストレーターブライアン・フラウド映画製作のための協力取り付けることになる。映画ダーククリスタル』はヘンソンフラウドが、共にフラウド作品世界映像として現実化するために行った共同作業成果である。 ジム・ヘンソンが、映画ダーククリスタルに対して抱いていた基本的な考えは、リアリティ追求そのものである。そのために彼は『よその惑星起こっている出来事そのまま撮影してたような映画目指しリアリティある異世界創造するため、風景気候、植生生物あらゆることフラウド共同で考えていった。完成試写版では、観客理解できる英語を話しているのは、主人公であるゲルフリン族二人オウグラだけで、後の種族それぞれ独自の言語を話すという設定だったほどのこだわりである。

※この「製作(コンセプト)」の解説は、「ダーククリスタル」の解説の一部です。
「製作(コンセプト)」を含む「ダーククリスタル」の記事については、「ダーククリスタル」の概要を参照ください。


製作(造型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:37 UTC 版)

ダーククリスタル」の記事における「製作(造型)」の解説

異生物がほとんどを占めるこの映画の中で主人公としてのゲルフリン族二人造型には、細心の注意払われた。人間であってはならずなおかつ映画観客感情移入できないほど「怪物」であってならないという理由からである初期の獣人イメージから、デザイン造型において、何度となく試行錯誤繰り返され末に決定デザイン採用された造型者ウェンディ・ミッドナーの想定しているジェンキーラ年齢は、人間でいえば16歳前後である。 スケクシス族それぞれの性格付けについて、キリスト教で言う「七つの大罪を元にしたとの証言を、ジム・ヘンソンが行っている。 『ダーククリスタル』の造型プロトタイプとして、知られるものが『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に初登場したヨーダである。デザイン画だけ存在してヨーダ実現するプランをまったく持っていなかったルーカス・フィルムから、ヘンソン社に協力求めたのが、ゲイリー・カーツだった。ヨーダ実現のため、フランク・オズ人形製作者のウェンディ・ミッドナーらがヘンソン社から参加し映画キャラクターとしての人形要求されるもの何かといった事柄を学ぶ貴重な機会となったフランク・オズ最終的にヨーダ声優としても、スター・ウォーズシリーズ参加することとなる。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の後、ゲイリー・カーツは『ダーククリスタル』の製作にプロデューサーとして参加することとなった。 フィズギーは『ダーククリスタルの中でも最も成功したキャラクターと言えるが、フラウドデザイン画では「罠に似た歯を持つ毛皮の玉」だった。しかしながら登場するほとんどのシーン注目さらってしまった。顔はライオン毛皮、体はオポッサムアライグマキツネ羊の毛皮縫い合わせ出来ている。特徴的な歯はヘンソン・オズ両監督指示よるものだ。フィズギーの声を担当したパーシー・エドワーズは英国動物の声専門の有名声優であり、『ラビリンス/魔王の迷宮』でもキャスティングされているオウグラ制作初期の段階では、Habidabadなる男性的なキャラクター設定されていたが、劇中女性少なすぎるなど、いくつかの理由から女性変更された。寿命持たないことから分かるように、宇宙から来たスケクシス族ミスティック族対照的な惑星Thraの地母神性格を持つキャラクターである。撮影の際、動き続け太陽系儀避けタイミング間違えオウグラマペット人形酷く損傷する事故発生したことがあるポッド族デザインコンセプトは「ジャガイモ目や口」というものであったが、映画の中では、ヘンソン社の得意とするマペットキャラクター最も近いため、ヘンソン・オズ両監督好みに合いポッド族宴会シーンなどは非常に入念かつ丁寧に映像化されているランドストライダーの名で知られる異生物は、もともとジム・ヘンソンフラウド考えていた映画生物ラインナップには入っていなかった。多くの切り捨てられアイデアのひとつに「ランドリーパー」と呼ばれ飛行蜘蛛そっくりのコンセプトで、空中移動する異生物アイデアがある。実現していれば、劇中でよりダイナミックに主人公二人移動手段となっただろうが、結局不採用となった代わるものを模索する過程で、映画スタッフスタントマン竹馬パフォーマンスが、フラウド長い足高速で動く異生物デザイン・コンセプト与え最終的にランドストライダーとして、映画に登場することになった。 およそ5年以上の歳月費やしたダーククリスタル」の製作スタッフには、さまざまな工芸宝飾などの技術を持つ人々がいたが、ゲイリー・カーツ製作総指揮取った1985年ディズニー作品映画オズ』(Return To Oz)にこれら造型スタッフ多く引き続き参加している。

※この「製作(造型)」の解説は、「ダーククリスタル」の解説の一部です。
「製作(造型)」を含む「ダーククリスタル」の記事については、「ダーククリスタル」の概要を参照ください。


製作(テレビアニメ第2作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:24 UTC 版)

Fate/stay night (アニメ)」の記事における「製作(テレビアニメ第2作)」の解説

企画開始2012年7月7日8日開催された『TYPE-MOON Fes終了後きっかけは『TYPE-MOON Fes』で発表されたufotable制作PS Vita版Fate/stay night [Réalta Nua]』のOP映像である。映像公開した際、客席からの歓声聞いていた武内ufotable表の近藤制作決めた以前からアニメ化の話はあったが近藤当初、既に2回もアニメ化されている本作をさらにアニメ化する必要はないと断っていた。 監督三浦選ばれた理由PS Vita版Fate/stay night [Réalta Nua]』のオープニング監督務めたため。絵コンテ・演出のほか、終盤には三浦自身原画としても参加している。 アニメーション制作通常のTVアニメ制作見られる各話数ごとに1話分の作業完全に委託するグロス請け行わずufotable社内でほぼすべての作業を行う。 本作企画段階セイバーヒロインとする「Fate」を制作する予定であったが、ある程度脚本制作進んだ段階現在のルート制作変更となった。「Unlimited Blade Worksとなった理由衛宮士郎焦点当てた物語にするためである。奈須はセイバールートのアニメ化視野入れていたが、多くの媒体展開されたセイバールートを今、アニメ化すると大幅なアレンジが必要となり、凛ルートテーマ2クール1本長い物語として表現できるなら映像化する意義がある凛ルート映像化同意したufotable主催するマチ★アソビ』において、ニュータイプ編集部徳島県主催するイベント企画Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2015』にて、2ndシーズンオープニング「Brave Shine」が主題歌賞を、監督三浦監督賞を、作品全体として作品賞TV部門)を受賞した

※この「製作(テレビアニメ第2作)」の解説は、「Fate/stay night (アニメ)」の解説の一部です。
「製作(テレビアニメ第2作)」を含む「Fate/stay night (アニメ)」の記事については、「Fate/stay night (アニメ)」の概要を参照ください。


製作(撮影)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:37 UTC 版)

ダーククリスタル」の記事における「製作(撮影)」の解説

マペットショーが、ヘンソン社とITC共同制作となっているように、『ダーククリスタル』の製作においても、製作資金の調達ITCオーナー英国貴族グレード卿の援助を受けている。だが、グレード卿の出した交換条件一筋縄にはいかないもので、ジム・ヘンソン望んだダーククリスタル』の製作の前に、『マペット夢見るハリウッド』(The Muppet Movie)の系譜に連なるマペット映画一作撮れ、というのがその条件だった。そのまま撮影入って問題無いほどに、『ダーククリスタル』の準備没頭していたジム・ヘンソンは、この条件撮影障害物とは思わずに逆に発想の転換をした。―――『ダーククリスタル』のために招いた撮影スタッフは、それぞれ一流どころながら、マペット映画というものには慣れていない人形のためのセッティングなど、人間だけの映画とは別の次元苦労つきまとうマペット映画未知の世界である。予定には入っていなかったが、急遽撮影することになった作品、『マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!』(The Great Muppet Caper)をその予行演習としたら、『ダーククリスタル』のためにも良い結果望めるではないか、という考え方である。こうした前向きかつ周到な発想から、『マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!』は、『ダーククリスタル』と多くのスタッフ同じくして撮影され、しかもヒット作となった本作ヘンソンオズ共同監督となったのは、監督であり、また自らマペット操演者として「主演」するヘンソンが、シーンごとの演出分担して負担を軽減することを考えたことによる。その目的において、長年共同作業で気心の知れたフランク・オズはまさに適役であったヘンソンオズが、互い操演シーン意図外さず演出していったことは余人真似出来ないものがあった。本作得た経験を元にフランク・オズ映画の演出おいても実績積み映画監督としての才能を開花させることになる。また、プロデューサーであるゲイリー・カーツも、第二班としてスタントシーンを中心に一部シーン演出行っているスケクシス族操演に関して日本の古典芸能である文楽人形影響見ることができる人形師観客に姿を晒したままで、人形演じ物語世界観客魅了していく文楽あり方を、ジム・ヘンソン人形劇芸術最高傑作高い評価与えていた。実際のスケクシス族操演基本的には、『セサミストリート』のビッグバード同じく衣装内部でモニター画面見ながら、操演をするというものだが、ステディカムカメラ支持装置改造したハーネスパフォーマーに取付け、重い衣装支えと共に人形余分な振動不自然な動き与えずに、操演するという方法採られた。 映画製作当時アニマトロニクス技術は、ほとんどがワイヤー操作よるものである。これは、一体のキャラクター近くには必ず補助操演者が2〜4人程度付添いしなければならないということ意味するが、人形操演以外に補助操演者をどうやって隠すかという苦労ついてまわる例外的に主人公ゲルフリン族二人表情などのアニマトロニクス制御は、無線制御採用され演技自由度高めることに成功している。 この映画そしてヘンソン社のマペット操演については、主パフォーマー体の動作台詞口の開閉片方の腕(棒操りによる)、補助するパフォーマーがもう片方の腕あるいは両方の腕、という形で操演行っている操演されているキャラクターの手は、あたかも楽器すら演奏出来かのように高いレベル操演されているが、人間の手と同じことが出来るわけではないキャラクター持たされている剣や瓶などは、特別に軽量に作られたプロップ小道具)であり、時にはキャラクター保持しているかのように画面外から支えられている。 キーラパフォーマー、キャスリン・ミュレンは女優として経験を持つ操演者であり、この映画のために特に起用された。アニマトロニクス造形物としてのキーラそれほど表情バリエーションを持っているわけではなかったが、ミュレンの苦心操演が、この映画成功支える力のひとつとなった。なお、キーラの声をミュレン自身担当することも検討されたが、主に年齢的理由でキャンセルされている。 人間登場させず、全て人形撮影するというのが、この映画コンセプトではあるが、歩き回るスケクシスたちを小柄な俳優たちが、主人公二人遠景シーンなどは、メイクアップ衣装付けた子役俳優(アビー・ジョーンズとナターシャ・ナイト)が演じている。これらの俳優たちは、単にadditional performerクレジットされているだけである。 ダーククリスタル城内部シーン黒水晶の間、宴席の間、玉座の間等のシーンは同じセット使い廻しである。垂れ幕降ろし、扉を閉ざすことで流用できるように考えられているが、注意して見れば床には同じ魔法陣風の模様があるのでそれと分かるだろう。 本作はほとんどのシーン屋内セットで撮影されているが、セットとしてのライティングとは別にフロントプロジェクション応用してフィルターによる緑や紫の着色光を付け加えるという方法採られている。作り物らしさを隠し異世界としての雰囲気表現する上で大きな効果上げている。

※この「製作(撮影)」の解説は、「ダーククリスタル」の解説の一部です。
「製作(撮影)」を含む「ダーククリスタル」の記事については、「ダーククリスタル」の概要を参照ください。


製作(音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:37 UTC 版)

ダーククリスタル」の記事における「製作(音楽)」の解説

通常の映画では、劇伴音楽撮影がほぼ完了した段階作曲し録音するというのが手順だが、本作劇伴音楽担当トレヴァー・ジョーンズ製作段階から映画参加している。異世界イメージ考えた数曲の音楽撮影現場でもBGMとして流されるという試みが為されたジム・ヘンソンによる音響面でイメージの統一試みであり、それらBGMモチーフ編曲の上そのまま劇伴音楽生かされている。 本作映画音楽は、ロンドン交響楽団オーケストラ女声コーラスシンセサイザー、そしていくつかのあまり使われない楽器によって録音された。映画製作当時としては前衛的なオーケストラ電子音楽融合である。

※この「製作(音楽)」の解説は、「ダーククリスタル」の解説の一部です。
「製作(音楽)」を含む「ダーククリスタル」の記事については、「ダーククリスタル」の概要を参照ください。


製作(劇場アニメ第2作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:24 UTC 版)

Fate/stay night (アニメ)」の記事における「製作(劇場アニメ第2作)」の解説

監督は『TYPE-MOON × ufotable プロジェクト』にて武内崇原案キャラクターデザイン総作監督担当してきた須藤友徳須藤監督絵コンテ他にキャラクターデザイン総作監督兼任している。音楽は『空の境界『Fate/Zero』で音楽制作担当した梶浦由記。全三章主題歌は『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』に引き続きAimer担当主要スタッフ『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とほぼ変更はないが、新たに[Réalta Nua] 版の販売漫画版HF雑誌掲載編集出版務めKADOKAWA製作委員会参加している。しかし、プロデュースとしてはKADOKAWAからは参加しておらず、プロデューサー陣の変更はない。全三章にて展開される複数戦闘シーンのうちメイン見せ場となるアクションについては絵コンテ・演出一部は『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』にて監督務めた三浦貴博担当。さらに、第一章OPディレクター撮影監督寺尾優一務めたTVアニメFate/stay night [Unlimited Blade Works]』(以下『UBW』)と同時期企画され、『UBW』放送終了後に制作開始された。本作企画始動した際、須藤は「ufotable制作するのなら監督やらせてもらいたい」と自ら監督立候補し、『UBW』のキャラクターデザイン総作監督作業終了したと同時に映画作業開始した第三章では公開日新型コロナウイルス影響により、2020年3月から8月延期となるが、本作納品会議にて延期決定する1週間前に行われていたため、延期となった期間で作品のクオリティ上げるための追加制作行われなかった。

※この「製作(劇場アニメ第2作)」の解説は、「Fate/stay night (アニメ)」の解説の一部です。
「製作(劇場アニメ第2作)」を含む「Fate/stay night (アニメ)」の記事については、「Fate/stay night (アニメ)」の概要を参照ください。


製作(Webアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 14:39 UTC 版)

ポケットモンスター ソード・シールド」の記事における「製作(Webアニメ)」の解説

スタッフ監督山下清助監督渡辺葉 脚本木下脚本監修岸本卓第1話 - 第7話) コンセプトアート・カラースクリプター東みずたまり キャラクターデザイン小笠原真 美術デザインみずたまり、おかちょけ 美術監督竹田悠介益城貴昌 色彩設計広瀬いづみ CGディレクター高橋将人 撮影監督小川人 音監督三間雅文 音楽コーニッシュ アニメーション制作スタジオコロリド、FILMONY(第2話企画当初からポケモンファン以外の幅広い層にも視聴してもらうことを想定しており、そのためタイトルを「ポケットモンスター 薄明の翼ではなく単に『薄明の翼』としたり、メインビジュアルポケモンの姿を描かなかったりしている。 制作会社としてスタジオコロリド起用されたのは、企画・プロデュース担当古家嘉之が以前から同社絵柄カメラワーク惚れ込んでいたためである『薄明の翼』というタイトルについては、「薄明」という言葉はあまり聞き慣れず、「薄」にはネガティブ、「明」「翼」にはポジティブなイメージがあるとし、そういう言葉の意味探ってほしいという考えからつけられた。

※この「製作(Webアニメ)」の解説は、「ポケットモンスター ソード・シールド」の解説の一部です。
「製作(Webアニメ)」を含む「ポケットモンスター ソード・シールド」の記事については、「ポケットモンスター ソード・シールド」の概要を参照ください。


製作(映画第2作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 14:00 UTC 版)

図書館戦争 (実写作品)」の記事における「製作(映画第2作)」の解説

2014年12月4日に、メインキャスト陣、監督脚本音楽同一チーム継続する発表された。また続編の企画前作企画段階から視野入っており、上映後のファンからの続編希望受けて制作決まった2014年12月中旬クランクインし、2015年6月19日スペシャルドラマ図書館戦争 BOOK OF MEMORIESとともにクランクアップした。

※この「製作(映画第2作)」の解説は、「図書館戦争 (実写作品)」の解説の一部です。
「製作(映画第2作)」を含む「図書館戦争 (実写作品)」の記事については、「図書館戦争 (実写作品)」の概要を参照ください。


製作(第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 17:27 UTC 版)

プロゴルファー織部金次郎」の記事における「製作(第1作)」の解説

武田鉄矢主演の刑事物語シリーズ人気落ちて来たため、映画関係者から「別にシリーズ化できる話を」と頼まれ武田創作したのが本作である。しかし、なかなか映画化してもらえず、漫画関係者愚痴こぼしていたところ、小学館から「来週からやりましょう」といわれ『ビッグコミックスペリオール』での連載先に決まったこのように、元々は映画のための企画だった。主人公の名前織部金次郎日本一のアマチュアゴルファー・中部銀次郎をもじったものである武田ゴルフ題材選んだ理由としてゴルフスポーツ唯一まぐれがあるから面白いと思った話している。本作は『プロゴルファー猿のような400ヤード飛ばせる主人公ではなく人生降りようとしている男の物語である。作品のテーマは『勝てない』。 『総務部総務課山口六平太』を連載中であった漫画家高井研一郎武田話を聞いて共鳴し作画したところ、当時のゴルフブームに乗って大ヒットした。映画製作会見1992年3月19日新宿京王プラザホテル行われた時点で単行本ベストセラーになっていた。当時武田フジテレビ系テレビドラマ101回目のプロポーズ』で最高視聴率打ち出したりで人気の絶頂期にあった日映旧・日エージェンシー1984年10月設立)の中村季靖社長がこのヒット目をつけ、東映に話を持ち掛け映画化決まった中村空手家梶原プロ出身だった。製作会見際は日映三菱商事東映提携作品発表されたが、製作がバンダイ武田鉄矢商店レオナ増え特別協賛として武田長年CMタレントとして契約を結ぶ朝日生命保険相互協力として日本プロゴルフ協会朝日観光那須小川ゴルフクラブ亀田製菓などが加わった

※この「製作(第1作)」の解説は、「プロゴルファー織部金次郎」の解説の一部です。
「製作(第1作)」を含む「プロゴルファー織部金次郎」の記事については、「プロゴルファー織部金次郎」の概要を参照ください。


製作(単発ドラマ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 00:08 UTC 版)

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の記事における「製作(単発ドラマ版)」の解説

多数寄せられオファー中から作者ドラマ化委ねたのは久世光彦であった。これは、久世自らの手で演出することを切望したことと、作者久世ドラマファンであったことがその理由である。 制作久世経営するカノックス手がけ放送局フジテレビ決定した演出にあたって久世は、東京キー局では主役経験の少な大泉洋主演抜擢その一方田中裕子母親役に据え、ほかにも加藤治子小林薫樹木希林らに声を掛けるなど着実に準備進めていた。 しかし、脚本完成しクランクイン直前となった2006年3月久世急逝したことから一時は制作中止検討された。だが、残されたスタッフ久世遺志尊重する形で制作続行決めた演出フジテレビ西谷弘新たに起用し、「最後の久世作品」という特別な意味合いを持つ中で撮影進み2006年7月29日フジテレビ系土曜プレミアム放送することも決定していた。 しかし放送直前2006年7月杉本春男役だった山本圭一暴行事件起こし同日放送中止となった通常映画のため、「オーシャンズ11」に差し替え)。杉本物語上重要な役柄であり、その出演シーンのみをカットすることは不可能と判断された。そのため代役として塚地武雅ドランクドラゴン)を起用し杉本出演シーン撮り直し再編集が行われた。こうした紆余曲折を経て、ようやく同年11月18日に「土曜プレミアム芸術祭参加作品として放送された。 関東地区平均視聴率は15.4%、主演のボク役の大泉洋出身地である北海道地区北海道文化放送)では平均視聴率27.9%(いずれもビデオリサーチ調べ)と高視聴率記録した

※この「製作(単発ドラマ版)」の解説は、「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「製作(単発ドラマ版)」を含む「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の記事については、「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


製作(連続ドラマ版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 00:08 UTC 版)

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の記事における「製作(連続ドラマ版)」の解説

原作者リリー・フランキー母校武蔵野美術大学実名登場し撮影同大学で行われている。ただし、リリーフランキー自身は舞台美術などを学ぶ「空間演出デザイン学科卒業であるが、ドラマ上でボク」は「視覚伝達デザイン学科卒業となっている。ちなみにドラマ美術担当したフジテレビ鈴木賢太武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業で、リリー後輩にあたる。 主に第1話放送分を中心に福岡県田川小倉、等)でロケが行われた。

※この「製作(連続ドラマ版)」の解説は、「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「製作(連続ドラマ版)」を含む「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の記事については、「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


製作(第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 02:19 UTC 版)

遊戯シリーズ」の記事における「製作(第1作)」の解説

東京都内渋谷代々木中野六本木霞が関中目黒芝浦ふ頭などでロケーション撮影が行われた。ストーリー後半に、鳴海警官隊包囲され一斉射撃浴びながらも脱出するという一連のシーン登場する場所現在では六本木ヒルズとなっている。 見明凡太朗本作撮影直後に消息絶ち事実上遺作となった

※この「製作(第1作)」の解説は、「遊戯シリーズ」の解説の一部です。
「製作(第1作)」を含む「遊戯シリーズ」の記事については、「遊戯シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「製作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

製作

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 04:15 UTC 版)

名詞

せいさく

  1. 道具機械などで物品作ること。
  2. 映画演劇放送番組などを作ること。またその作品制作
  3. 文学美術音楽作品などを作ること。またその作品制作

発音(?)

せ↗ーさく

動詞

活用


「製作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「製作」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ) (改訂履歴)、遊戯シリーズ (改訂履歴)、地獄少女 (改訂履歴)、純 (映画) (改訂履歴)、BLOOD THE LAST VAMPIRE (改訂履歴)、鋼の錬金術師 (実写映画) (改訂履歴)、けものフレンズ (アニメ) (改訂履歴)、機動戦士Ζガンダム (改訂履歴)、ダーククリスタル (改訂履歴)、Fate/stay night (アニメ) (改訂履歴)、ポケットモンスター ソード・シールド (改訂履歴)、図書館戦争 (実写作品) (改訂履歴)、プロゴルファー織部金次郎 (改訂履歴)、東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの製作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS