1950年代とは? わかりやすく解説

1950年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 13:22 UTC 版)

1950年代(せんきゅうひゃくごじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦1950年から1959年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1950年代について記載する。


  1. ^ 秋山瑞人 『イリヤの空、UFOの夏 その4』メディアワークス、2003年、253,254頁。ISBN 978-4-8402-2431-4 


「1950年代」の続きの解説一覧

1950年代(第二次世界大戦終結以後)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 23:55 UTC 版)

ガール・グループ」の記事における「1950年代(第二次世界大戦終結以後)」の解説

シスターズ呼ばれる者たちロック時代最初から、あるいは、それに先んじてザ・コーデッツ、フォンテーン・シスターズ (The Fontane Sisters)、マグワイア・シスターズ (The McGuire Sisters) といったグループ人気高く1954年末から1955年はじめにかけて、ポップ・チャートの首位ヒット曲送っていた。デカストロ・シスターズ (The DeCastro Sisters) の「Teach Me Tonight」も同時期2位まで上昇した。レノン・シスターズ (The Lennon Sisters) は、1955年以降テレビ番組『The Lawrence Welk Show』の中心的なレギュラー出演者となった1956年はじめ、ボニー・シスターズ (The Bonnie Sisters) は「Cry Baby」によって一発屋的な成功収め、ティーン・クイーンズ (The Teen Queens) の「Eddie My Love」も同様のヒットなった。1957年には、ボベッツ (The Bobbettes) の「Mr.Lee」が5か月半もチャートに留まり、ザ・チャンテルズ (The Chantels) は1957年から1963年にかけてチャートに曲を送り続けその中には1958年「Maybe」1961年の「Look In My Eyes」が含まれていた。 シュレルズしかし、ガール・グループというジャンルを始めたのは、「Tonight's the Night」を最初のトップ40ヒットとし、1961年ブリル・ビルディング (Brill Building) のソングライターだったジェリー・ゴフィンキャロル・キングの作である「Will You Love Me Tomorrow」をビルボード・チャート首位送り込んだシュレルズ (The Shirelles) であると考えられることが多い。シュレルズは、その後2年半の間に、さらに5曲のトップ10入りヒットを飛ばし、特に1962年の「Soldier Boy」はチャート首位をとった。

※この「1950年代(第二次世界大戦終結以後)」の解説は、「ガール・グループ」の解説の一部です。
「1950年代(第二次世界大戦終結以後)」を含む「ガール・グループ」の記事については、「ガール・グループ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1950年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1950年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1950年代」の関連用語

1950年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1950年代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1950年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガール・グループ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS