作とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 作品 > の意味・解説 

さ【作】

読み方:さ

⇒さく


さく【作】

読み方:さく

[音]サク(呉)(漢) (呉)(漢) [訓]つくる なす

学習漢字2年

[一]サク

工夫して物をこしらえる。「作詞作者作成作品工作試作・製作・創作

こしらえた物。作品。「遺作傑作拙作名作三部作

なす。行う。「作為作戦

農産物をつくる。また、その成果。「作物(さくもつ)/間作耕作米作豊作

おこす。盛んにする。「作興(さっこう)/振作

美作(みまさか)国。「作州

[二]〈サ〉

なす。行う。振る舞い。「作業作法作用所作操作動作無造作

起こる。「発作(ほっさ)」

名のりあり・つくり・とも・なお・なり・ふか

難読作麼生(そもさん)


さく【作】

読み方:さく

作ること。また、作ったもの。文学・美術音楽など芸術作品についていうことが多い。作品。「会心の—」「狩野探幽—の障壁画

耕作すること。また、農作物できぐあい。「今年の稲の—は上々だ」「平年—」

技巧趣向。「—に過ぎた俳句


さく【作】

培養結果仕上がり状態のこと。農作物と同じで、その年の天候気象条件大きく左右される転じて培養続ける」意味もあり、「もう一作すれば良くなる」などと使われる


の状態。

読み方:サクsaku

所在 福島県二本松市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

作(さく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/22 09:42 UTC 版)

馬のマーキング」の記事における「作(さく)」の解説

額から鼻筋通り鼻まで続いている白斑で、その幅がおおむね鼻骨の幅と同じであり真っ直ぐであるもの。鼻骨の幅を超える場合大作親指の幅より狭い場合細作と呼ぶ。

※この「作(さく)」の解説は、「馬のマーキング」の解説の一部です。
「作(さく)」を含む「馬のマーキング」の記事については、「馬のマーキング」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 03:19 UTC 版)

J.J.P.アウト」の記事における「作」の解説

ドイツからオランダへ戻ったとき、オランダ建築はベルラーへがきわめた革新一色に塗りつぶされており、若きアウト当時ベルラーへの作品の深い影響のもとにある一方で、ベルラーへの形態言語よりも実際上の誠実さ装飾のない単純さ模範としている。これが長いあいだ自身影響あたえたことが知られアウトとりわけ建築精神の点で、ベルラーへの唯一の後継者みなされており、第一次世界大戦中、たとえばワーテルランドのヴェルプおよびブローク、ノールデウェイテルポゥト等々における公衆浴場いくつかの住宅など、明らかにベルラーへの影響受けたいくつかのプロジェクト生まれている。 まもなくするとベルラーへ世代の違い表面化1917年海岸通り家屋1919年プルメレント工場設計等など、アウト最初重要な作品として単純な実用建築出現。これらの設計双方ともアウト進歩的創造的な個性証明し、また若き建築家先駆的な建築家としての独自な立場あたえており、すでに建築というものをその要素空間と量体に環元して、さらに装飾美化といった伝統的な語彙をすべて排除し建築自律的かつ独立した芸術として際立たせ、また分割した空間の量体を対比することによって建築構造効果達成していた。これらの設計はのちの多く計画案と同様、実現されずじまいのもあるが、建築をそれ固有の法則基づいて建てようとした努力当時アウトを、同じよう考えいだいていた画家建築家たちと接触させた事実がある。 ロッテルダム都市計画建築家任命されたとき、大々的自己の理念実現できる機会あたえられたが、同時にこのような課題解決策機械基づいた建築のうちに見い出したという。これについては『デ・ステイル第1巻26頁などに考え記載されている。 ロッテルダム居住地区シリーズであるスパンゲン、ツァチェンダイケン、およびこのシリーズクライマックスとして1922年のアウトーマチネッセーでは、審美的かつ清潔な解決策要求と、社会的な目標設定とりわけ実際に実現可能かどうか認識とをどのように結びつけるべきかを実証している。絶え主義主張をはっきり示しており、けっしてユートピアンではなかったためか、1921年にはすでにグループから離れてしまったが、このグループ原理には忠実であり続け、続く世代こうした理念ものの見事造形化した。すなわち1924年のフーク・ファン・ホランドの集合住宅において、またとくに1925年から1927年ロッテルダム新建築地区キーフフークにおいて、自己の社会的な要求当時ではまだなじみのなかった規準実現している。 ロッテルダムで現在でも見られるアウト建築は、デ・ステイル目指し建築意図をよく伝えている。集合住宅も、建物低層抑え水平線強調した美しデザインが多い。わざわざ再建されているものも幾つかあり、カフェ・デ・ユニ1925年)はデ・ステイル代表するアウト建築であるが、現在の第二次世界大戦後修復されたものであり、代表作労働者への供給住宅意図とした大規模なプロジェクトのキーフフークの集合住宅(Kiefhoek Housing Development in Rotterdam)1890-1963 年、アウト1930年に)では、オランダ軟弱地盤国土特有の不同沈下起こって撤去憂き目合い現在のものアウト特徴であるコーナー部分アールなど、当時に近い形で復元したものである。 アウトデ・ステイル展開した抽象的議論から発展解消し、その後機能主義傾倒しつつ、作風実際に時代によって変化し、後にはBioサナトリム(1952-1960)IBMビルディング エントランス(1938-1946)、ニュー・ボウエンやモニュメンタリズム的ともいえる作品もかなり残している。1938年から、アウトはモニュメンタールな建築寄せた夢をデン・ハーグのシェル・ネーデルランドの建物から実現しはじめた。ここでは建物主要な機能に形をあたえよう試みている。このときの目標建築体本来の厳しさをこれと一体となった装飾によって充足すること、建築多様性達成することであり、アウトはこの問題徹底的に取り組み、まもなくしてみずから大きな矛盾があることに気がついた。このため、これらの建築着想富んだ建物傑作というよりも、ひとつの実験であり、発展はじまりであるとして、作品批判への回答という形でも述べられていたことが騰するようになった。まさにこのゆえに、この作品はもっとも大切な、そしてお気に入り落し子だったのであり、ニュアンス富んだ建物への探求あきらめことはなかった。

※この「作」の解説は、「J.J.P.アウト」の解説の一部です。
「作」を含む「J.J.P.アウト」の記事については、「J.J.P.アウト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:39 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. サク作品の略。
  2. サク作品できばえ
  3. サク作成執筆作成者などの略。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作」の関連用語



3
76% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2024, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの馬のマーキング (改訂履歴)、J.J.P.アウト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS