擬作とは?

ぎ‐さく【擬作】

似せ作ること。また、その作品

詩会歌会備え前もって詩歌を作っておくこと。また、その詩歌

然るべき時名をあげたる歌は、多くは—にてありけるとかや」〈無名抄


ぎ‐さく【擬作】

〔名〕

前もって作っておくこと。特に、詩会歌会歌合などにそなえてあらかじめ詩歌などを作っておくこと。また、その作ったもの。

江談抄1111頃)六「擬作之起、天神始被作儲

今鏡(1170)二「当座に詠(よ)むことは少き、ぎさくとかきてぞ侍りける」

② まねて作ること。似せ作ること。また、その作品

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「開展運動を習はす場に至る、高台を擬作し」


擬作

読み方:アテガイ(ategai)

岡山藩困窮武士与え扶持米一種




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擬作」の関連用語

擬作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



擬作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS