句作とは? わかりやすく解説

く‐さく【句作】

読み方:くさく

[名](スル)連句俳句作ること。


句作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 02:52 UTC 版)

眉村卓」の記事における「句作」の解説

高校時代俳句部に所属し水原秋桜子主宰の「馬酔木」に投句するなどしていた。作家としてデビューした昭和40年代には、毎日新聞記者をしていた赤尾兜子パーティ知り合い、これをきっかけにして兜子の主宰誌「渦」の同人となっている。当時俳句中にSF的な感覚盛り込むことを試みていたが、逆に兜子から、小説文章俳句的で読者伝わらないという指摘を受け、以後小説書き方変えたという。兜子の死後多忙もあってしばらく句作から離れたが、上述の妻の死以降ショート・ショート平行してふたたび句作に取り組むようになり、「渦」にも復帰2009年には最初句集を行く』を出版している。

※この「句作」の解説は、「眉村卓」の解説の一部です。
「句作」を含む「眉村卓」の記事については、「眉村卓」の概要を参照ください。


句作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 08:47 UTC 版)

久保田万太郎」の記事における「句作」の解説

神田川祭の中をながれけり 竹馬やいろはにほへとちりぢりに さびしさは木をつむあそびつもる雪 あきかぜのふきぬけゆくや人の中 水中花咲かせしまひし淋しさよ 時計屋の時計春の夜どれがほんと あきくさをごつたにつかね供へけり 叱られて目をつぶる猫春隣 湯豆腐やいのちのはてのうすあかり などの句が知られる江戸情緒の残る下町暮らしを、平明な言葉によって余情ふかく詠む句風で、芥川龍之介はその句風を「東京生んだ<嘆かひ>の句」と評し万太郎自身自分の句を「家常生活に根ざした叙情的な即興詩」とみなしていた。 万太郎終生自身俳句余技として位置づけていたが、俳壇中心的な位置からはずれながらもその俳句対す世評高く歳時記への収録非常に多い作家である。山本健吉は、「彼は俳句余技と言っているが、それは彼の俳句年季のはいった立派なのであるということ矛盾するものではない。ただ専門俳人との間に創作態度違い存在するであって彼にとっての俳句全面的な人間表現の場所でもないし、絶体絶命一筋の道ではないということだ。言わば彼の不断着文学であり、チェホフの『手帖』やルナール『日記』類する役割彼においては果たしているのだ」と評している。また小澤實は、万太郎一段劣るものという意味で「余技と言っていたのではなく、「余技」であることこそが俳句本道であると考えていたのではないかと書いている。 上掲の句のうち、「竹馬や」の句は特に代表的な句として知られているものである安住敦によれば、この句は明治時代広瀬武夫作の軍歌「今なるぞ節」の「いろはにほへとちりぢりに打ち破らむは今なるぞ」という歌詞本歌取り作られものというが、現在では軍歌のほうは忘れられている。「あきくさを」の句は「友田恭助七回忌」の前書きがある追悼句で、万太郎慶弔句の中でも代表的なもの万太郎挨拶句の名手であり、前述山本健吉虚子双璧をなすと書いている。「湯豆腐や」の句は夫人失ったのちの最晩年の句である。 句碑 桑名に燈をぬすまれて明易き浅草神社竹馬やいろはにほへとちりぢりに駒形どぜうの庭「みこしまつまのどぜう汁すすりけり」 慶應義塾大学構内「しぐるるや大講堂赤煉瓦

※この「句作」の解説は、「久保田万太郎」の解説の一部です。
「句作」を含む「久保田万太郎」の記事については、「久保田万太郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「句作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

句作

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:54 UTC 版)

名詞

(くさく)

  1. 俳句連句作ること。

発音(?)

く↗さく

類義語

句作り、作句

動詞

  1. 俳句連句作る

活用

サ行変格活用
句作-する

「句作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「句作」の関連用語

1
句作し 活用形辞書
100% |||||

2
句作せよ 活用形辞書
100% |||||

3
句作しろ 活用形辞書
100% |||||

4
句作できる 活用形辞書
100% |||||

5
句作さす 活用形辞書
100% |||||

6
句作させる 活用形辞書
100% |||||

7
句作され 活用形辞書
100% |||||

8
句作される 活用形辞書
100% |||||

9
句作しうる 活用形辞書
100% |||||

10
句作しそう 活用形辞書
100% |||||

句作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



句作のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの眉村卓 (改訂履歴)、久保田万太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの句作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS