ショート・ショートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ショート・ショートの意味・解説 

ショート‐ショート【short-short】

気のきいた落ちのあるごく短い小説


ショートショート

作者星野光

収載図書ショートショートの広場 12
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


ショートショート

作者花田

収載図書瞑れQ1花田衞・短編集
出版社書院
刊行年月2008.1


ショートショート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 00:33 UTC 版)

ショートショート: short short story)は、小説の中でも特に短い作品のこと。日本で「ショートショート」の語が定着する以前は「超短編小説」などと呼ばれていた[1][2]


注釈

  1. ^ 「ショートショート大賞」公式サイトによる[10]

出典

  1. ^ CITEREFシャパードトーマス1994a
  2. ^ CITEREFシャパードトーマス1994b
  3. ^ アシモフほか 1981
  4. ^ アシモフほか 1983クイーン 1975
  5. ^ Maugham 1958モーム 1994
  6. ^ 星 1998
  7. ^ Thomas, Thomas & Hazuka 1992Thomas & Shapard 2006
  8. ^ シャパード & トーマス 1994aシャパード & トーマス 1994b
  9. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “ショート・ショート(しょーとしょーと)とは” (日本語). コトバンク. 2019年9月29日閲覧。
  10. ^ a b 第3回 ショートショート大賞”. 「ショートショート大賞」事務局. 2018年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  11. ^ クイーン 1975[要ページ番号]
  12. ^ 人間なんてみんなキテレツ。ショートショート大賞始まる。”. 「ショートショート大賞」事務局. 2015年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  13. ^ 第2回 ショートショート大賞”. 「ショートショート大賞」事務局. 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。


「ショートショート」の続きの解説一覧

ショート・ショート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 05:53 UTC 版)

千人目の花嫁この世見納め中部日本新聞 鳥の死なんとするや 無用な訪問者 1959 角川文庫馬鹿にならぬ殺人 - 「無用な訪問者」の原型。わずか2ページ掌編幻華飯店 1962 妖物 1963 しゃべる男 「ショートショートランド」1982年冬号 雲南 「ショートショートランド」1982年秋号

※この「ショート・ショート」の解説は、「山田風太郎」の解説の一部です。» 「山田風太郎」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ショートショート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ショート・ショートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ショート・ショートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショートショート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山田風太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS