阿刀田高とは?

あとうだ‐たかし〔アタウだ‐〕【阿刀田高】

[1935〜 ]小説家東京生まれ都会的なブラックユーモア風刺をきかせた短編評価される。短編集ナポレオン狂」で直木賞受賞。他に「冷蔵庫より愛をこめて」「新トロイア物語」「だれかに似た人」など。平成19年2007)より、日本ペンクラブ会長


阿刀田高(あとうだ・たかし)

1935年(昭10)、東京生まれ早稲田大学仏文科卒。
肺結核を患ったため、体に無理のない職業として国会図書館司書となる。在職中に「ブラックユーモア入門」などを出版したがあきたらず奇妙な味のあるショートショート発表するようになった
1976年(昭51)、「小説新潮」に「冷蔵庫より愛をこめて」を発表し、第80直木賞候補となる。
1978年(昭53)に「小説現代」に発表した「サンジェルマン伯爵考」は日本文藝家協会の「現代小説'78」に収録される。
1978年(昭53)に「小説新潮秋季号」に発表した「来訪者」で、1979年(昭54)、第32日本推理作家協会賞短編部門受賞同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1979年(昭54)に「小説新潮」に発表した「夢判断」は日本文藝家協会の「現代小説'79」に収録される。
1979年(昭54)に刊行した短編集ナポレオン狂」で第81直木賞受賞同時に週刊文春」の79年傑作ミステリーベスト10」の9位に選ばれる
1980年(昭55)に「オール讀物」に発表した「雪おんな」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。
1980年(昭55)に「オール読物」に発表した「黒の匂い」は「壜詰の恋」と改題し、日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
1981年(昭56)に「問題小説」に発表した「マッチ箱の人生」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1982年版」に収録される。
1981年(昭56)に「小説現代」に発表した「夜間飛行」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1982」に収録される。
1982年(昭57)に「小説新潮」に発表した「冥い道」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1982年(昭57)に「小説宝石」に発表した「影絵」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1983」に収録される。
1983年(昭58)に「オール讀物」に発表した「ありふれた誘拐」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1984年版」に収録される。
1983年(昭58)に「小説新潮」に発表した「奇談パーティ」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1984」に収録される。
1984年(昭59)に「婦人公論」に発表した「蜜の花」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1985」に収録される。
1986年(昭61)に「オール読物」に発表した「深夜劇場」は日本文藝家協会の「ベスト小説ランド 1987」に収録される。
1987年(昭62)に「小説新潮」に発表した「家」は日本文藝家協会の「現代小説 1988」に収録される。
1988年(昭63)に発表した「膝頭」は日本文藝家協会の「現代小説 1989」に収録される。
1989年(平1)に「小説現代」に発表した「独り者学校」は日本文藝家協会の「現代小説 1990」に収録される。
1990年(平2)に「オール讀物」に発表した「姉弟」は日本文藝家協会の「現代小説 1991」に収録される。
1991年(平3)に「小説すばる」に発表した「細長い窓」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1992年版」に収録される。
1991年(平3)に「小説現代」に発表した「黒と白のブルース」は日本文藝家協会の「現代小説 1992」に収録される。
1992年(平4)に「小説宝石」に発表した「穴」は日本文藝家協会の「現代小説 1993」に収録される。
1993年(平5)に日本推理作家協会理事長就任
1993年(平5)に「野性時代」に発表した「モロッコ幻想」は日本文藝家協会の「現代小説 1994」に収録される。
1994年(平6)に「小説中公」に発表した「愛のすみか」は日本文藝家協会の「現代小説 1995」に収録される。
1994年(平6)に発表した「新トロイア物語」で、1995年(平7)に第29吉川英治文学賞受賞
1995年(平7)に「小説新潮」に発表した「弁当箱の歌」は日本文藝家協会の「現代小説 1996」に収録される。
1996年(平8)に「小説現代」に発表した「灰色花壇」は日本文藝家協会の「現代小説 1997」に収録される。
1998年(平10)に「小説すばる」に発表した「大心力」は日本文藝家協会の「現代小説 1999」に収録される。
1999年(平11)に「小説新潮」に発表した「すきま風」は日本文藝家協会の「短篇ベストコレクション 現代小説2000」に収録される。
2002年(平14)に「小説新潮」に発表した「海の中道」は日本文藝家協会の「短篇ベストコレクション 現代小説2002」に収録される。
2004年(平16)に「オール読物」に発表した「雨のあと」は日本文藝家協会の「短篇ベストコレクション 現代小説2005」に収録される。



阿刀田高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 23:04 UTC 版)

阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 -)は日本作家小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。




  1. ^ 阿刀田という珍しい苗字は日本全国に10世帯あるのみである。仙台に多く、祖先は阿刀寺という寺を営んでいたが、加藤田という苗字の相手と結婚したことから、両方の文字を混ぜて阿刀田という苗字になったという(『オール讀物』1986年10月号における阿刀田の発言)。
  2. ^ ただし阿刀田自身は「僕も実を言うと、中退してるんです。大学二年の頃、結核になってね。休学するつもりだったんだけど、事務局の人に、『一年以上も休むんなら、中退した方がいいよ』って言われてね。ちゃんと手続きをとれば無試験で復学できるんですね。その間の授業料も納める必要ないし。だから、二年間療養して、ちゃんと復学できました」と語っている(阿刀田高会見)。
  3. ^ この時期に多数の短篇小説を読んだことが、後年、小説を書く上で大きな力を与えてくれたという。
  4. ^ 阿刀田が述べているのは実際には10月11日の試合と思われる(10月10日の試合は田淵幸一の逆転満塁本塁打により阪神勝利)。この試合は10-10で引き分けとなったが、最終的に阪神は「残り2試合で優勝マジック1」の状態から連敗、最終戦となった巨人戦で巨人の逆転優勝(V9)を許す結果に終わった。
  5. ^ 日本点字図書館 役員一覧


「阿刀田高」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿刀田高」の関連用語

阿刀田高のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿刀田高のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿刀田高 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS