1月13日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1月13日の意味・解説 

1月13日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 02:33 UTC 版)

1月13日(いちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から13日目に当たり、年末まであと352日(閏年では353日)ある。誕生花はカトレアスイセンベゴニア、サザンクロス。




  1. ^ Somali joy as Ethiopians withdraw”. BBC NEWS (2009年1月13日). 2009年1月26日閲覧。
  2. ^ イタリア豪華客船座礁、船長を拘束 邦人は全員無事”. 日本経済新聞社 (2012年1月15日). 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ 中国語ピンインの父、周有光氏死去”. 産経ニュース (2017年1月14日). 2020年11月4日閲覧。
  4. ^ “「くまのパディントン」作者、マイケル・ボンドさん死去”. 朝日新聞. (2017年6月28日22時32分). http://www.asahi.com/articles/ASK6X75B1K6XUHBI03G.html 2020年11月14日閲覧。 
  5. ^ 声優の野沢那智さんが死去 アラン・ドロンら吹き替え”. 日本経済新聞 (2010年10月30日). 2020年11月25日閲覧。
  6. ^ "俳優の志賀勝氏死去 脇役俳優集団「ピラニア軍団」". 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 4 April 2020. 2020年11月17日閲覧
  7. ^ “遠藤賢司さん死去 最後まで音楽に情熱 ファンに「無理しないで!と言わないで」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/25/kiji/20171025s00041000200000c.html 2020年11月8日閲覧。 
  8. ^ 畑岡 奈紗 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2021年1月5日閲覧。
  9. ^ Bill Madden (2019年1月14日). “Mel Stottlemyre, New York baseball legend, dead at 77” (英語). NY Daily News. 2020年11月6日閲覧。
  10. ^ 『グリザイアの果実 ビジュアルファンブック』エンターブレイン、2011年、84頁。ISBN 978-4-04-727417-4
  11. ^ キャラクター”. 【公式】A3!(エースリー). 2020年1月20日閲覧。
  12. ^ 『ときめきメモリアル オフィシャルイラスト集』徳間書店インターメディア、1996年、40頁。ISBN 4-19-825112-6
  13. ^ 『JCの魅力を楽しむ健全なアンソロジーコミック』一迅社、2017年、61頁。ISBN 978-4-7580-6665-5
  14. ^ 岡本智年、佐藤春華『テレビ超ひゃっか アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!ヒロインずかん』小学館、2017年、13頁。ISBN 978-4-09-750421-4
  15. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  16. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  17. ^ 姫宮 桃李”. あんさんぶるスターズ!!. 2019年12月29日閲覧。
  18. ^ ミウラタダヒロ『ゆらぎ荘の幽奈さん』7巻、集英社ジャンプ・コミックス〉、2017年、99頁。ISBN 978-4-08-881201-4
  19. ^ ミウラタダヒロ『ゆらぎ荘の幽奈さん』24巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2020年、169頁。ISBN 978-4-08-882496-3


「1月13日」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1月13日」の関連用語

1月13日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1月13日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1月13日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS