北陸自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 近畿地方の道路 > 北陸自動車道の意味・解説 

北陸自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 07:06 UTC 版)

北陸自動車道(ほくりくじどうしゃどう、HOKURIKU EXPRESSWAY)は、新潟県新潟市江南区新潟中央ジャンクション (JCT) から滋賀県米原市米原JCTへ至る高速道路高速自動車国道)である。略称北陸道(ほくりくどう、HOKURIKU EXPWY)。




  1. ^ 上下線が離れ、かつ左右も逆転しているため。
  2. ^ a b 北陸自動車道「小谷城スマートインターチェンジ」の開通について”. 長浜市 (2017年3月1日). 2017年5月25日閲覧。
  3. ^ a b 近畿地方整備局管内 地域高規格道路網図 (PDF)”. 国土交通省 近畿地方整備局. 2017年6月12日閲覧。
  4. ^ a b この道が滋賀の未来をつくる”. 国土交通省 近畿地方整備局 滋賀国道事務所. 2017年6月12日閲覧。
  5. ^ a b 地域高規格道路 福井港丸岡インター連絡道路 (PDF)”. 福井県 三国土木事務所 (2015年6月). 2017年6月12日閲覧。
  6. ^ 地域高規格道路について - 福井加賀道路”. 福井県. 2017年5月28日閲覧。
  7. ^ 北陸自動車道(仮称)能美根上スマートインタチェジの名称が決定しました (PDF)”. (仮称)能美市根上地区スマートインタチェジ協議会. 2017年5月28日閲覧。
  8. ^ (仮称)能美根上スマートIC 実施計画書 (PDF)”. 能美市. pp. 4-6 (2013年3月). 2017年5月28日閲覧。
  9. ^ 北陸自動車道 (仮称)高岡砺波スマートインターチェンジ 実施計画書 (PDF)”. 富山県 高岡市・砺波市. p. 3 (2011年1月). 2017年5月30日閲覧。
  10. ^ a b c スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定
    〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜
    (PDF)”. 国土交通省 道路局. p. 9 (2016年5月27日). 2017年5月31日閲覧。
  11. ^ a b c 「立山インター 〜 滑川インター」の間に、スマートインターチェンジ計画案提出”. フリーナビとやま. タイム・プランニング・ジャパン株式会社 (2016年5月24日). 2017年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月27日閲覧。
  12. ^ a b 北日本新聞 2018年12月6日付19面『スマートIC連結道路 来年度から本格工事』より。
  13. ^ a b 地域高規格道路『松本糸魚川連絡道路』について”. 長野県. 2017年6月2日閲覧。
  14. ^ a b 市政だより7月号 No.682 2011.7.1 (PDF)”. 長岡市. p. 4 (2011年7月1日). 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ 平成24年度 主要事業説明資料 (PDF)”. 三条市. p. 38 (2012年2月17日). 2017年6月9日閲覧。
  16. ^ 平成23年度 主要事業説明資料 (PDF)”. 三条市. p. 34 (2011年2月18日). 2017年6月8日閲覧。
  17. ^ ETC専用 北陸自動車道 栄スマートインターチェンジ 栄PAに接続 (PDF)”. 栄スマートIC地区協議会. p. 2. 2017年6月7日閲覧。
  18. ^ 新潟中央環状道路 (PDF)”. 新潟市. p. 3 (2017年4月). 2017年6月9日閲覧。
  19. ^ 日本道路公団 1993, p. 103.
  20. ^ a b “日本道路公団、北陸道の新潟黒埼―上越間の距離標変更”. 日本経済新聞. (1987年4月21日). 1987-04-21 
  21. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 46 第1章 国道の名所を行く「高速道路から国道になった道」より
  22. ^ “北陸自動車道、名神と直結――道路公団大阪が敦賀―米原間を完成、4月7日に開通”. 日本経済新聞. (1980年3月8日). 1980-03-08 
  23. ^ “道路公団新潟建設局、北陸自動車道米山―上越間を来月9日開通”. 日本経済新聞. (1983年10月8日). 1983-10-08 
  24. ^ “北陸自動車道、滑川―朝日間きょう開通――富山県を貫通”. 日本経済新聞. (1983年12月13日). 1983-12-13 
  25. ^ “名立谷浜―朝日、北陸道7月20日全通――工期2年短縮”. 日本経済新聞. (1988年5月21日). 1988-05-21 
  26. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について”. 国土交通省 (2009年6月30日). 2017年6月12日閲覧。
  27. ^ 高速道路へのスマートインターチェンジの追加設置について”. 国土交通省 (2011年3月1日). 2017年6月12日閲覧。
  28. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加 〜小谷城、宝塚北及び敦賀南スマートIC、すさみ西ICの追加を決定〜 (PDF)”. 国土交通省 近畿地方整備局 (2012年4月20日). 2013年12月26日閲覧。
  29. ^ インターチェンジの追加設置について”. 国土交通省 (2013年6月11日). 2017年6月12日閲覧。
  30. ^ 新道路管制センターを公開、10月中旬運用開始― NEXCO東日本新潟支社”. 株式会社 建設速報社 (2013年9月25日). 2017年6月12日閲覧。
  31. ^ 舞鶴若狭自動車道 小浜IC〜敦賀JCTは7月中の開通を目指します 〜インターチェンジなどの名称も決定〜”. 中日本高速道路株式会社 (2014年4月24日). 2017年6月12日閲覧。
  32. ^ 舞鶴若狭自動車道 小浜IC〜敦賀JCTが7月20日(日)15時に開通します”. 中日本高速道路株式会社 (2014年5月16日). 2017年6月12日閲覧。
  33. ^ 3月1日(日)から北陸自動車道高岡砺波スマートICおよび東海北陸自動車道南砺スマートICがご利用いただけます”. 中日本高速道路株式会社 (2015年1月20日). 2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月12日閲覧。
  34. ^ 中部縦貫自動車道 3月1日(日)福井北JCT・IC〜松岡ICが開通します! 〜中部縦貫自動車道と北陸自動車道が接続〜”. 国土交通省 近畿地方整備局/中日本高速道路株式会社 (2015年1月26日). 2017年6月12日閲覧。
  35. ^ 企業誘致や広域交流を促進! 北陸自動車道 長岡北スマートICが3月25日(土)14時に開通 (PDF)”. 長岡市 土木部 土木政策調整課/東日本高速道路株式会社 新潟支社/新潟県長岡地域振興局 (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
  36. ^ 北陸自動車道「小谷城スマートインターチェンジ」の開通について”. 滋賀県/中日本高速道路株式会社 名古屋支社/長浜市 (2016年12月20日). 2017年6月12日閲覧。
  37. ^ 国道8号大雪通行止めに伴う北陸自動車道(丸岡⇔加賀間)の代替路(無料)措置について”. 福井県/中日本高速道路株式会社 金沢支社/坂井市 (2018年2月7日). 2018年2月7日閲覧。
  38. ^ E8 北陸道 能美根上スマートインターチェンジが 2018年3月25日(日)15時に開通します。”. 能美市・中日本高速道路株式会社 (2017年12月27日). 2017年12月27日閲覧。
  39. ^ E8 北陸道 南条スマートICが24時間ご利用いただけます 〜2018年3月28日(水)午前6時より〜”. 南越前町・中日本高速道路株式会社 (2018年3月2日). 2018年3月2日閲覧。
  40. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 50 第1章 国道の名所を行く「海の上を走る国道」より
  41. ^ a b 天嶮に架かる橋 北陸自動車道・親不知海岸高架橋(糸魚川市)”. にいがた土木構造物めぐり. 土木学会関東支部新潟会. 2016年3月17日閲覧。
  42. ^ 本線上に市町村名の看板は設置されていない。


「北陸自動車道」の続きの解説一覧



北陸自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北陸自動車道」の関連用語

北陸自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北陸自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北陸自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS