名古屋第二環状自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 名古屋第二環状自動車道の意味・解説 

名古屋第二環状自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/11 04:13 UTC 版)

名古屋第二環状自動車道(なごやだいにかんじょうじどうしゃどう、NAGOYA-DAINI-KANJO EXPRESSWAY)は中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が管理している名古屋市外縁を回る高速道路高速自動車国道)で、名古屋環状2号線の専用部の一部である[1]。略称は名二環(めいにかん、MEI-NIKAN EXPWY)[1]。なお、第一環状自動車道に相当するのは名古屋高速都心環状線である[2][注釈 1]




注釈

  1. ^ 「名古屋環状2号線」の環状2号は名古屋市道名古屋環状線(環状1号)に対比している[3]
  2. ^ 出口ないし入口専用の山田西IC、山田東ICを除く。

出典

  1. ^ a b c 中日本高速道路(株)名古屋支社 2011, p. 59.
  2. ^ a b c d e f g イカロス出版 2011, pp. 34 - 35.
  3. ^ 『名古屋市将来計画基本要綱』名古屋市総務局企画部企画課、1962年、202頁(その次のページに「図3-7道路計画図」があるが、ページ数はない)(愛知県図書館蔵)
  4. ^ 高速道路ナンバリングルール (PDF)”. 国土交通省. 2017年3月23日閲覧。
  5. ^ a b c 荒牧英城 1982, pp. 49 - 51.
  6. ^ 愛知国道工事事務所 2000, pp. 16 - 17.
  7. ^ a b 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, p. 91.
  8. ^ 愛知国道工事事務所 2000, p. 15.
  9. ^ 国土交通省中部地方整備局愛知国道事務所 2012, pp. 2 - 4.
  10. ^ a b c d “東名阪自動車道 清洲東 - 名古屋西間が開通”. 中日新聞夕刊: p. 12. (1988年3月23日) 
  11. ^ a b “東名阪道 名古屋の一部 『第二環状道』に改称へ”. 中日新聞朝刊: p. 29. (2010年9月23日) 
  12. ^ a b c d e f 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 381.
  13. ^ a b c d 愛知国道工事事務所 2000, p. 19.
  14. ^ 普通車料金表 (PDF) - 中日本高速道路
  15. ^ a b c d 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 545.
  16. ^ a b c d e 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 365.
  17. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 446 - 450.
  18. ^ 高速道路簡易料金表 中日本エリア 高速道路料金表”. 中日本高速道路. 2016年6月21日閲覧。
  19. ^ a b 『名古屋市都市計画図 平成29年1月現在施設計画図東部』『名古屋市都市計画図 平成29年1月現在施設計画図西部』名古屋市住宅都市局都市計画課(名古屋市鶴舞中央図書館蔵)
  20. ^ a b 都市計画図”. 大府市. 2019年5月19日閲覧。
  21. ^ 楠文隆 1995, pp. 51 - 55.
  22. ^ a b c d e f g “都市と高速道路 第一部 必要の論理 増える業務交通 機能分化迫られる”. 中日新聞朝刊: p. 22. (1973年9月17日) 
  23. ^ a b 総務局行政企画部企画課 1969, p. 59.
  24. ^ a b “環状時代 東海地方に「輪」 期待集める新動脈 計画 遅れ”. 中日新聞朝刊: p. 24. (1999年11月13日) 
  25. ^ a b 楠文隆 1995, p. 52.
  26. ^ a b 『みち』No.127、平成14年7月(季刊)、日本道路公団、7頁(愛知県図書館蔵)
  27. ^ 愛知国道工事事務所 2000, p. 14.
  28. ^ 愛知県・名古屋市 1970, p. 8.
  29. ^ “名古屋と周辺 高速道6区間開通 アクセスぐんと便利 四日市-豊明 70分早く ITSさらに進化 渋滞緩和 環境にも優しく”. 中日新聞朝刊: p. 23. (2003年3月31日) 
  30. ^ 荒牧英城 1982, p. 49.
  31. ^ a b 愛知国道工事事務所 2000, pp. 14-17.
  32. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1967, p. 29.
  33. ^ a b c 荒牧英城 1982, pp. 52 - 53.
  34. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, pp. 41, 47.
  35. ^ a b c 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 47.
  36. ^ a b 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 365 - 373.
  37. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 446 - 447.
  38. ^ イカロス出版 2012, pp. 34 - 35.
  39. ^ a b c d Webライブラリ”. 国土交通省中部地方整備局愛知国道事務所. 2018年7月15日閲覧。
  40. ^ a b 名古屋環状2号線 2020年度に名古屋西JCT〜飛島JCT(仮称)が開通”. 国土交通省中部地方整備局・中日本高速道路株式会社 (2017年7月28日). 2017年7月28日閲覧。
  41. ^ “名二環 名古屋西―飛島間着工 全線開通まであと5年”. 読売新聞愛知県. (2013年9月21日) 
  42. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 21.
  43. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1967, pp. 25 - 26.
  44. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1967, pp. 23 - 28.
  45. ^ a b c d e 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 7.
  46. ^ 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, p. 92.
  47. ^ a b 財団法人 名古屋都市センター 1999, p. 353.
  48. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1967, pp. 27 - 28.
  49. ^ 財団法人 名古屋都市センター 1999, p. 354.
  50. ^ 財団法人 名古屋都市センター 1999, pp. 349 - 350.
  51. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 156.
  52. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, pp. 18 - 25.
  53. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 17.
  54. ^ a b 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 376.
  55. ^ a b c d e f g h i 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 400.
  56. ^ 名古屋環状二号線整備促進期成同盟委員会 1967, pp. 23 - 29.
  57. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 281.
  58. ^ a b 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 282.
  59. ^ 藤本豊明・足立義雄・水野英男 1976, p. 393.
  60. ^ 建設省 中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, pp. 300-301.
  61. ^ 建設省中部地方建設局 1987, p. 282.
  62. ^ a b 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1980, p. 286.
  63. ^ a b c 名港西大橋編集委員会 1986, p. 7.
  64. ^ a b “建設進む「環2」北部区間 名古屋 8.4キロの60%完成 一般道2車線 54年度末までに完成”. 中日新聞朝刊: p. 9. (1978年3月12日) 
  65. ^ a b “名古屋環状2号線 公団方式で建設促進 市など政府に要望へ”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1978年6月23日) 
  66. ^ “環状2号線を大幅手直し 東部3.5キロは掘割式に 中部地建 騒音公害避ける 高架部分6車線を4車線へ”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1975年7月17日) 
  67. ^ 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 395-397.
  68. ^ a b c d 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 24.
  69. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 1 - 2.
  70. ^ “ワンウエー方式 出口から進入?東名阪を逆走、19歳激突死 守山 トラックと 全線の開通以来3件目”. 中日新聞夕刊: p. 11. (1995年7月11日) 
  71. ^ “新伊勢湾時代夢ジェクト21 渋滞解消のカギ「環2」 案内さん心待ち、北と南にバイパス機能”. 中部読売新聞朝刊. (1988年5月20日) 
  72. ^ “新伊勢湾時代夢ジェクト21 マルサに熱い期待 三県一市の連帯 名古屋高速と環2”. 中部読売新聞朝刊. (1988年5月21日) 
  73. ^ 根岸克典・外山正人 1988, p. 38.
  74. ^ 国土政策と高速道路の研究会 2004, pp. 124-125.
  75. ^ a b “名古屋高速1号 2.8キロをトンネル化 都市計画変更の知事案を発表 場所により幅員拡大 伊勢湾岸道路”. 中日新聞 朝刊: p. 18. (1991年4月27日) 
  76. ^ a b c 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, pp. 410-412.
  77. ^ a b c 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 2.
  78. ^ 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 385.
  79. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, p. 302.
  80. ^ 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 386.
  81. ^ 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 398.
  82. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 474.
  83. ^ 伊勢湾岸道路編集委員会 1998, p. 293.
  84. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 58.
  85. ^ 松井寛・富岡康直 1995, p. 35.
  86. ^ 松井寛・富岡康直 1995, p. 31.
  87. ^ a b 松井寛・富岡康直 1995, pp. 32-34.
  88. ^ 松井寛・富岡康直 1995, pp. 34-35.
  89. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 530.
  90. ^ 三木榮一・服田洋一 1996, p. 61.
  91. ^ 三木榮一・服田洋一 1996, pp. 61-66.
  92. ^ “名古屋環状2号線 上社-大高間 道路公団で整備を 西尾市長が初めて見解”. 中日新聞夕刊: p. 3. (1992年3月4日) 
  93. ^ a b 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, p. 402.
  94. ^ a b 中日本高速道路(株)名古屋支社 2012, pp. 43-46.
  95. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 22.
  96. ^ 建設省中部地方建設局 名四国道工事事務所 1989, p. 301.
  97. ^ 名古屋港管理組合三十年史編集会議 1984, p. 489.
  98. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (1987年6月). 2018年1月18日閲覧。
  99. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 142 (1987年6月). 2017年2月14日閲覧。
  100. ^ 法律第八十三号(昭六二・九・一)”. 衆議院. 2017年2月14日閲覧。
  101. ^ “名港中央・東大橋に事業許可 72年度開通めざす”. 中日新聞朝刊: p. 1. (1987年11月21日) 
  102. ^ 日本道路公団(年報H15) 2003, p. 135.
  103. ^ 日本道路公団(年報H15) 2003, p. 145.
  104. ^ “東名阪 勝川 - 清洲東 華やかに開通 高速2号と接続”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1991年3月19日) 
  105. ^ a b 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, pp. 411-412.
  106. ^ 守山区制50周年記念事業実行委員会 2013, p. 213.
  107. ^ a b 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 11.
  108. ^ 名古屋高速道路公社 工事誌編集委員会 1998, p. 15.
  109. ^ “勝川インター開通 東名阪自動車道”. 中日新聞: p. 12. (1995年3月28日夕刊) 
  110. ^ “都心へ流れスムーズ 名古屋高速「環状」が開通”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1995年9月19日) 
  111. ^ 名古屋港管理組合議会 & 2014-2015, pp. 16-22.
  112. ^ a b c 高圧ガス保全協会 1998, p. 60.
  113. ^ “名東 - 緑 着工へ前進 名古屋環状2号 整備計画に格上げ”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1998年12月25日) 
  114. ^ “楠 - 小牧南間が開通 名濃道路 国道41号渋滞緩和へ”. 中日新聞夕刊: p. 10. (2001年3月10日) 
  115. ^ “名古屋都心と東名間を短縮 名高速と東名阪新ルートが開通”. 中日新聞夕刊: p. 10. (2003年3月29日) 
  116. ^ “名高速一宮線が開通 名古屋や新空港へより早く”. 中日新聞朝刊: p. 27. (2005年2月12日) 
  117. ^ “名古屋線と一宮線結ぶ 名高速清洲線が開通”. 中日新聞朝刊: p. 22. (2007年12月11日) 
  118. ^ “環状2号整備計画に 国交相諮問へ 名古屋西 - 飛島間”. 中日新聞夕刊: p. 1. (2009年4月24日) 
  119. ^ a b 中日本高速道路(株)名古屋支社 2011, pp. 59-60.
  120. ^ “名二環開通 302号も同時開通”. 中日新聞朝刊: p. 23. (2011年3月21日) 
  121. ^ “名二環 名古屋西―飛島間着工 全線開通まであと5年”. 読売新聞愛知県. (2013年9月21日) 
  122. ^ 東名高速道路建設誌編さん委員会 1970, p. 147.
  123. ^ 東名高速道路建設誌編さん委員会 1970, p. 230.
  124. ^ 池上雅夫 1969, pp. 31-34.
  125. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 39-43.
  126. ^ 名古屋高速道路公社 1980, pp. 53-54.
  127. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 36.
  128. ^ a b 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 37-40.
  129. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 9.
  130. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 481.
  131. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 182.
  132. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 96.
  133. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 162.
  134. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 38.
  135. ^ a b c 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 53.
  136. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 566.
  137. ^ a b 井上義之・今川史朗 1987, pp. 43-44.
  138. ^ 建設省中部地方建設局・愛知国道工事事務所 1987, p. 58.
  139. ^ a b c 名二環の案内標識の改善を求めて中日本高速道路株式会社名古屋支社にあっせん(概要) (PDF)”. 総務省. 2018年8月14日閲覧。
  140. ^ “名古屋第二環状の標識改善を要請 総務省、中日本高速に”. 日本経済新聞. (2016年4月5日). 2016-04-05 
  141. ^ a b c d e 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 49.
  142. ^ 主要な水底トンネル等の危険物積載車両の通行規制状況 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2018年7月15日閲覧。
  143. ^ a b 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, pp. 542 - 543.
  144. ^ a b 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, pp. 530 - 531.
  145. ^ a b 所靖子 1987, pp. 47 - 49.
  146. ^ 名古屋都市計画史編集実行委員会 2017, pp. 372-374.
  147. ^ “珍しい単アーチ 庄内川橋に取り付け”. 中日新聞夕刊: p. 14. (1990年12月28日) 
  148. ^ a b c 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 50.
  149. ^ 警察高速隊の所在地及び管轄路線”. 愛知県警察 (2017年5月11日). 2018年7月15日閲覧。
  150. ^ 中日本高速道路株式会社公告第14号「高速道路の料金の額及び徴収期間の公告」(平成23年3月31日付 官報号外第68号、56頁)
  151. ^ 高速道路簡易料金表”. 中日本高速道路. 2018年7月15日閲覧。
  152. ^ 中日本高速道路株式会社公告第11号「高速道路の料金の額及び徴収期間の公告」(平成23年3月18日付 官報号外第54号、78 - 82頁)
  153. ^ 名古屋高速道路公社四十年史 (PDF)”. 名古屋高速道路公社. p. 277. 2015年6月2日閲覧。
  154. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 25.
  155. ^ 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 51.
  156. ^ “名古屋環状2号線・東名阪自動車道 吹き抜け部分全域に吸音材使ったふた設置 住民の要望受け年内に完成”. 中日新聞朝刊: p. 17. (1999年1月13日) 
  157. ^ a b 東名阪自動車道名古屋・勝川間工事誌編集委員会 1995, p. 46.
  158. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 438 - 440.
  159. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, p. 27.
  160. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 559 - 578.
  161. ^ 近畿自動車道清洲東・名古屋西間工事誌編集委員会 1992, pp. 138 - 142.


「名古屋第二環状自動車道」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名古屋第二環状自動車道」の関連用語

名古屋第二環状自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名古屋第二環状自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名古屋第二環状自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS