札樽自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 札樽自動車道の意味・解説 

札樽自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 02:15 UTC 版)

札樽自動車道(さっそんじどうしゃどう、SASSON EXPRESSWAY)は、北海道小樽市を起点とし札幌市に至る延長38.3キロメートル (km) の高速道路高速自動車国道)である。略称は札樽道(さっそんどう、SASSON EXPWY)。国土開発幹線自動車道の路線名は北海道横断自動車道であり、この一部区間である。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では「E5A」が割り振られている。




  1. ^ ハイウェイウォーカー」北海道版2018年11月号においては従来の方式で記載されている[5]のに対し、同2018年12月号においては新しい方式で記載されている[6]
  2. ^ 朝里ICから入った場合、小樽ICまで利用する場合よりも低い料金で利用できるICはない。2018年6月現在、朝里IC-小樽IC間の普通車通常料金は240円であり、これは朝里ICから反対方向に向かった最初のICである銭函ICまでの同料金(470円)を下回っている[12]
  1. ^ a b c d 浅井建爾 2015, p. 91.
  2. ^ 北海道の高速道路の幕明け -札幌オリンピックに合わせて開通した道央道と札樽道-”. はいからな旅 北海道. 東日本高速道路. 2018年9月11日閲覧。
  3. ^ E5A後志自動車道(余市IC〜小樽JCT間)が平成30年12月8日(土)に開通します (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 (2018年10月19日). 2018年10月19日閲覧。
  4. ^ 北海道横断自動車道(余市〜小樽JCT)【再評価】”. 東日本高速道路 (2014年12月16日). 2017年1月6日閲覧。
  5. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 11月号(No.38) 北海道エリアマップ”. NEXCO東日本. 2019年2月27日閲覧。
  6. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 12月号(No.39) 北海道エリアマップ”. NEXCO東日本. 2019年2月27日閲覧。
  7. ^ a b c d 朝里IC入口レーン行先方向別化と自動発券機の導入について”. ドラぷら. 東日本高速道路. 2018年5月25日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 札樽道(小樽⇔札幌西)、後志道(余市⇔小樽JCT)の料金体系・注意事項”. ドラぷら. 東日本高速道路. 2018年11月30日閲覧。
  9. ^ E5A 札樽自動車道 朝里IC⇔手稲IC間(両方向) 銭函IC改築工事による終日対面通行規制のお知らせ”. 東日本高速道路 (2018年3月16日). 2018年10月19日閲覧。
  10. ^ 【E5A】札樽道 朝里本線料金所(札幌方向)設置のお知らせ”. 東日本高速道路 (2018年11月16日). 2018年11月16日閲覧。
  11. ^ 朝里ICから入る際の料金表示等について”. ドラぷら. 東日本高速道路. 2018年1月15日閲覧。
  12. ^ 北海道版 高速道路料金ガイド”. 東日本高速道路 (2018年6月). 2018年9月11日閲覧。
  13. ^ プレスリリース 北海道支社|プレスルーム|NEXCO 東日本”. www.e-nexco.co.jp. 2018年12月8日閲覧。
  14. ^ 札樽道(小樽⇔札幌西)の料金体系・注意事項”. ドラぷら. 東日本高速道路. 2018年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月30日閲覧。
  15. ^ 特定区間の乗り継ぎ特例 休日特別割引 ETC・割引情報 ドラぷら


「札樽自動車道」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「札樽自動車道」の関連用語

札樽自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



札樽自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの札樽自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS