阪和自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 近畿地方の道路 > 阪和自動車道の意味・解説 

阪和自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 02:40 UTC 版)

阪和自動車道(はんわじどうしゃどう、HANWA EXPRESSWAY)は、大阪府松原市松原ICを起点として、和歌山県田辺市南紀田辺ICに至る高速道路高速自動車国道)である。略称は阪和道(はんわどう、HANWA EXPWY)。




注記

  1. ^ 白浜エクスプレス大阪号の停留所として開設されたが、利用者不振により廃止。上り車線(和歌山・大阪方面)には2011年2月現在も待合室が残っているが、道路外から待合室への通路は閉鎖されており本線車道からのみ見ることができる。

出典

  1. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 浅井建爾 2015, p. 92.
  3. ^ 和歌山県の道路の現状 和歌山県
  4. ^ 5月16日(金)から横浜・東京行き夜行高速バスが、和歌山市内からもご乗車できます。”. 明光バス (2014年4月22日). 2014年5月31日閲覧。
  5. ^ 阪和自動車道(海南IC〜有田IC)の4車線化工事の完成について NEXCO西日本
  6. ^ 紀勢自動車道(田辺〜すさみ) 7月12日(日) 南紀田辺IC〜南紀白浜ICが開通します! 〜夏の観光シーズンに大きな効果を期待〜 国土交通省近畿地方整備局 紀南河川国道事務所 2015年6月12日掲載・閲覧
  7. ^ 京奈和自動車道 紀北西道路 3月18日(土)岩出根来IC〜和歌山JCTが開通します! 〜今回の開通により、阪和自動車道・京奈和自動車道が接続〜 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所 (2017年1月13日). 2017年1月13日閲覧。
  8. ^ E42 阪和自動車道「和歌山南スマートインターチェンジ」が3月10日(日曜)に開通します - あわせて、そのアクセス道路となる主要地方道和歌山橋本線、一般県道三田海南線が開通 -”. 和歌山県・西日本高速道路株式会社 (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。
  9. ^ 湯浅御坊道路4車線化、スマートインターチェンジの事業許可について 西日本高速道路株式会社 2013年6月11日
  10. ^ 「有田・南紀田辺4車線化着手式」行われる 和歌山放送ニュース 2013年6月22日
  11. ^ 近畿自動車道紀勢線(田辺〜すさみ) 南紀田辺ICから白浜までが7月に先行開通! 〜夏の観光シーズンに大きな効果を期待〜 〜あわせて路線名称、IC名称が決定〜 国土交通省近畿地方整備局 紀南河川国道事務所 2015年5月28日掲載・29日閲覧
  12. ^ 阪和自動車道(みなべインターチェンジ〜南紀田辺インターチェンジ)が平成19年11月11日(日)に開通します。 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局、西日本高速道路株式会社. p. 4 (2007年8月10日). 2014年4月2日閲覧。
  13. ^ 堺IC - 岸和田和泉IC間。
  14. ^ 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 協定に基づく事業許可(平成31年3月29日) 別紙3. 西日本高速道路. pp. 2-3. 2019年10月14日閲覧。
  15. ^ 「新たな高速道路料金」について, (PDF), 新たな高速道路料金について 添付資料 (東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路), (2014年3月14日), https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h26/0314/pdfs/01.pdf 2019年10月14日閲覧。 





阪和自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阪和自動車道」の関連用語

阪和自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阪和自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阪和自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS