地域振興インターチェンジとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地域振興インターチェンジの意味・解説 

地域振興インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/07 09:21 UTC 版)

地域振興インターチェンジ(ちいきしんこうインターチェンジ)とは、高速道路建設の際に仮設された工事用の道路を整備し、地域の利便性を向上させるため本線上に組み込んだインターチェンジである。現在のところ、三遠南信自動車道にのみ整備されている。




  1. ^ 南信州広域連合がリニア講演会開く南信州新聞 2011年2月18日付)
  2. ^ 当初計画における暫定のインターチェンジ名は「鳳来インターチェンジ」であったが、2010年7月に愛知県新城市が「鳳来峡インターチェンジ」とする名称案を公表。2011年12月21日に国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所がこの名称案を正式決定した。(新城市公式ホームページ


「地域振興インターチェンジ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地域振興インターチェンジ」の関連用語

地域振興インターチェンジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地域振興インターチェンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地域振興インターチェンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS