高規格幹線道路とは?

高規格幹線道路

自動車高速交通確保を図る為、主要都市間の連絡強化目標とした全国的自動車交通網構成する自動車専用道路


高規格幹線道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 08:52 UTC 版)

高規格幹線道路(こうきかくかんせんどうろ)とは、高速自動車国道を中心に一般国道の自動車専用道路と本州四国連絡道路を加えた全国的な自動車交通網を形成する自動車専用道路であり[注釈 1]、自動車が高速かつ安全に走行できるような構造となっている道路のことである[1]




注釈

  1. ^ なお、この定義に言う「自動車専用道路」とは広義の字義通りの自動車専用の道路の意味である。

出典

  1. ^ a b c 浅井建爾 2001, pp. 58-59.


「高規格幹線道路」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高規格幹線道路」の関連用語

高規格幹線道路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高規格幹線道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高規格幹線道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS