フェリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > フェリーの意味・解説 

フェリー【ferry】

読み方:ふぇりー

フェリーボート」の略。「カー—」

フェリーの画像

渡船(フェリー)

渡船
渡船とは、河川、湖、海で定期的に人や車両などを運ぶ船の発着地点航路あらわします。渡船のうち、フェリーとは人や貨物自動車ごと運搬する可能な連絡船いいます
千葉県木更津市付近の地形図

1:25,000地形図木更津
木更津港のフェリー;千葉県木更津市
フェリーの画像

(とせん)

船舶 フェリー/港 Ship/Ferry/Port

船舶 (画像をクリックする拡大します)  

フェリー

名前 FerryFérietFerriFerrieFerydoon

フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 02:14 UTC 版)

フェリー英語: ferry)とは、


  1. ^ Cambridge Dictionary
  2. ^ 池田良穂著「図解雑学 船のしくみ」ナツメ社 2006年5月10日初版発行 ISBN 4-8163-4090-4
  3. ^ 大半の貨客船は貨物扱いで自動車を運べるが(たとえば大東海運だいとうがある)、このような船の中まで所有者が運転して積載しない物はカーフェリーと呼ばないのが一般的である。[要出典]
  4. ^ ※2015年現在、日本長距離フェリー協会には8社が加盟している。
  5. ^ a b c フェリーの歩み 商船三井
  6. ^ a b 復権?長距離フェリーに新船続々 景気回復追い風、安全輸送で再評価 産経ニュース、2015年4月22日
  7. ^ a b c d 池田良穂著 『内航客船とカーフェリー』 成山堂書店 2008年7月18日新訂初版発行 ISBN 978-4-425-77072-4
  8. ^ モーダルシフトについて 日本長距離フェリー協会
  9. ^ フェリーの今 商船三井
  10. ^ 池田良穂著 『内航客船とカーフェリー』 成山堂書店 平成20年7月18日新訂初版発行 ISBN 9784425770724
  11. ^ オーランド諸島 - フィンランド大使館・東京 : フィンランドについて : オーランド諸島
  12. ^ Smyril Line公式サイト(英語)
  13. ^ ICEごとフェリーに乗ってデンマークへ! ドイツ旅行記 STW
  14. ^ Scandlines公式サイト(英語)
  15. ^ Berlin Night Express公式サイト(英語)
  16. ^ https://www.corsicalinea.com/reserver/les-traversees/marseille-la-corse
  17. ^ https://www.lameridionale.fr/rubrique/nos-traversees-26.html
  18. ^ a b https://www.corsica-ferries.fr/traversees/corse-ferry/
  19. ^ Brittany Ferries公式サイト(英語)
  20. ^ European cruises LD Lines公式サイト(英語)
  21. ^ P&O Ferries公式サイト(英語)
  22. ^ 若勢敏美 (2016年1月11日). “売れない日本の中古船 フェリー会社のビジネスモデルに異変”. 乗りものニュース. http://trafficnews.jp/post/47704/ 2016年6月26日閲覧。 
  23. ^ Conventional Ferries - Our Fleet - Hellenic Seaways(英語)
  24. ^ Trasmediterranea公式サイト(英語)
  25. ^ 中国鉄路・渤海鉄道フェリー会社の公式サイト(簡体字中国語)
  26. ^ スターフェリー公式サイト繁体字中国語・英語)
  27. ^ TTライン・カンパニー公式サイト(英語)
  28. ^ インターアイランダー公式サイト(英語)
  29. ^ ストレイト・シッピング公式サイト(英語)
  30. ^ 我が国船社が運航する外航クルーズ船一覧 p8 - 国土交通省
  31. ^ パンスターライン、釜山~大阪路線でクルーズ船運航 - 聯合ニュース
  32. ^ 外航旅客定期航路事業運航状況 - 国土交通省


「フェリー」の続きの解説一覧

フェリー(串木野港 - 甑島列島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 01:47 UTC 版)

甑島商船」の記事における「フェリー(串木野港 - 甑島列島)」の解説

以下各1日1本ずつ運航されている。「フェリーニューこしき」の1隻体制

※この「フェリー(串木野港 - 甑島列島)」の解説は、「甑島商船」の解説の一部です。
「フェリー(串木野港 - 甑島列島)」を含む「甑島商船」の記事については、「甑島商船」の概要を参照ください。


フェリー(渡し船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 09:44 UTC 版)

マイン川」の記事における「フェリー(渡し船)」の解説

過去40年間に不採算性から多くのフェリーが撤退したにもかかわらずマイン川には12のフェリーが残っている2007年10月現在)。これらのフェリーは、地方自治体から維持運営のための補助金を受けて運営されている。多くのフェリーは自家用車トラック規定積載量まで積んで運航しているが、中には人と自転車のみを運ぶフェリーもある。フェリーは、交通上、地元の人々には重要な機関である。特に農業従事者には、までの20kmを迂回せずに済むことで大きな利益もたらされている。 位置[河口からの距離](km)発着1 17.82 ハッタースハイムオクリフテル地区 ケルスターバッハ - 連邦道B43号線 2 24.82 フランクフルトヘヒスト地区 フランクフルト=シュヴァンハイム地区 3 48.06 オッフェンバッハ=ルンペンハイム地区 マインタールビショフスハイム地区 4 50.63 マインタール=デルニヒハイム地区 ミュールハイム 5 69.60 ゼーリゲンシュタット カールシュタイン・アム・マイン=グロース・ヴェルツハイム地区 6 144.60 シュタットプロツェルテン ヴェルトハイム=モントフェルト地区 7 290.61 マインシュトックハイム アルバーツホーフェン 8 294.36 マインゾントハイム デッテルバッハ 9 307.30 ノルトハイム・アム・マイン フォルカハ=エッシェルンドルフ地区 10 311.15 フォルカハ=ファール地区 アイゼンハイム=カルテンハウゼン地区 11 313.45 アイゼンハイム=オーバーアイゼンハイム地区 コリッツハイム=シュタムハイム地区 12 317.20 ヴィプフェルト コリッツハイム=リンダハ地区/レートライン=ヒルシュフェルト地区

※この「フェリー(渡し船)」の解説は、「マイン川」の解説の一部です。
「フェリー(渡し船)」を含む「マイン川」の記事については、「マイン川」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フェリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フェリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
商船三井商船三井
Copyright ©2022 Mitsui O.S.K. Lines All rights reserved.
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの甑島商船 (改訂履歴)、マイン川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS