担い手とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 担い手 > 担い手の意味・解説 

にない‐て〔になひ‐〕【担い手】

読み方:にないて

荷物をかつぐ人。

中心となってある事柄支え推し進めていく人。「生計の―」「新し文化の―」


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 03:08 UTC 版)

特別養子縁組」の記事における「担い手」の解説

特別養子縁組成立には、養子養親あっせん不可欠であり、その仲介児童相談所民間あっせん事業者医療機関担っている児童相談所 児童相談所児童福祉を担う公の機関であり、特別養子縁組あっせん業務の一部として行っている。ただし愛知方式のように産まれた赤ちゃん比較早い段階で養親元で生活を始めケースは現在でも必ずしも多く無く、いったん乳児院措置した後に児童相談所により養親の元へ行くケースも多いとされている。 2013年度里親委託をした児童相談所全体の約6割の114カ所276であった。この件数は全縁件数56%であるため日本における養子縁組児相民間団体等がほぼ半々ずつ行っていることになる。 民間あっせん事業者 全国15団体種類内訳は任意団体社団法人非営利団体となっている。社会福祉法第69条第1項規定に基づき、「国及び都道府県以外の者は、第二種社会福祉事業開始したときは、事業開始の日から一月以内に、都道府県知事(指定都市市長または中核市市長)に届け出なければならない。」とされている民間事業者による縁組あっせん数は2011年度において127件。2006年32件と比較して5年間で約6倍の増加となっている。127件のあっせんのうち、養子受け入れ先国内103件、海外24件。あっせん方法愛知方式と同様であり、支援団体中には出産費用の援助や住む場所がない女性のために住まい提供する団体障碍者海外養子縁組などを行う団体などもある。民間事業者個別妊婦養親カウンセリング親身にあたれることが特徴とされている事業者活動経費は、あっせんにかかる費用実費あるいは寄附金として養親側に負担してもらうことで活動維持している。事業者によって養親負担額大きく異なる費用主な内訳は弁護士カウンセラー養子引き渡し際に必要なベビーシッター等の人件費裁判費用交通費オフィスおよび業務運営諸経費となっている。 医療機関 従来一部医師会産婦人科医あっせん行っているのみであったが、2013年9月あんしん母と子の産婦人科連絡協議会設置されたことを受け、担い手としての医療機関存在感増している。同協議会には、14道府県の計20産婦人科参加し連携して特別養子縁組に取り組むネットワーク形成されている。

※この「担い手」の解説は、「特別養子縁組」の解説の一部です。
「担い手」を含む「特別養子縁組」の記事については、「特別養子縁組」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 00:55 UTC 版)

砥川獅子舞」の記事における「担い手」の解説

担当区があり、大字砥川を上、中・下下・新川の3つ分け3年一度当たるようになっている獅子昔は青年団がしていたが、現在は砥川獅子保存会消防団中心である。 「つる子」は、翌年小学生にあがる子供で、各家庭その年の子供がいれば自主的に出る。 獅子舞に関する費用は、町の費用担当区の各戸からの寄付まかなっている。また、獅子頭、笛、太鼓獅子の衣装法被は、砥川獅子保存会保存している。

※この「担い手」の解説は、「砥川獅子舞」の解説の一部です。
「担い手」を含む「砥川獅子舞」の記事については、「砥川獅子舞」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 02:33 UTC 版)

気象業務」の記事における「担い手」の解説

気象業務の担い手としては、主に各国の気象機関及び世界気象機関国際民間航空機関等の国際機関想定されるが、各種防災機関日本における国土交通省河川局等)、研究機関、大学等の役割考え合わせるべきであろうまた、近年では民間企業による観測予報情報配信等の事業の役割大きくなってきており、国家気象機関との役割分担あり方は、世界気象機関等でもよく議論されるところとなっている。

※この「担い手」の解説は、「気象業務」の解説の一部です。
「担い手」を含む「気象業務」の記事については、「気象業務」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/22 09:51 UTC 版)

スタルティネス」の記事における「担い手」の解説

スタルティネス今日庶民日常において歌われる機会少なくなったものの、現在は数多く民族音楽グループによって歌い継がれている。その代表として、主に青少年による祭礼音楽団体クールグリンダ(英語版)(lgrinda)や、2010年来日し公演行ったトゥリース・ケトゥリォセ(Trys keturiose)などが挙げられるまた、後者リーダーであるダイヴァ・ラチューナイテ=ヴィーチニエネ(Daiva Račiūnaitė-Vyčinienė)は夫のエヴァルダス・ヴィーチナス(Evaldas Vyčinas)と共に民族音楽研究家でもあり、前項述べられたスタルティネス無形文化遺産登録にも積極的に関与していた事窺われる

※この「担い手」の解説は、「スタルティネス」の解説の一部です。
「担い手」を含む「スタルティネス」の記事については、「スタルティネス」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 22:51 UTC 版)

櫛目文土器文化 (ヨーロッパ)」の記事における「担い手」の解説

櫛目文土器文化の担い手は、地理的に見てインド・ヨーロッパ語族ではなくフィン・ウゴル語派話した人々であろうといわれている。実際に新石器時代後期ロシア櫛目文土器文化遺跡人骨から、フィン・ウゴル系民族関連するハプログループN1a1が検出されている。櫛目文土器の起源は中国北東部遼河文明にあり、シベリア通りヨーロッパもたらされと考えられる

※この「担い手」の解説は、「櫛目文土器文化 (ヨーロッパ)」の解説の一部です。
「担い手」を含む「櫛目文土器文化 (ヨーロッパ)」の記事については、「櫛目文土器文化 (ヨーロッパ)」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 00:14 UTC 版)

カルディウム土器」の記事における「担い手」の解説

カルディム土器文化の担い手として、ハプログループC1a2 (Y染色体)ハプログループE1b1b1a1b1 (Y染色体)、ハプログループH1 (mtDNA)、ハプログループK1b1a (mtDNA)、ハプログループN1a1 (mtDNA)が検出されている。

※この「担い手」の解説は、「カルディウム土器」の解説の一部です。
「担い手」を含む「カルディウム土器」の記事については、「カルディウム土器」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 20:26 UTC 版)

漏斗状ビーカー文化」の記事における「担い手」の解説

漏斗状ビーカー文化人の遺骨分析から、担い手がY染色体ハプログループI(特にI2a)・R1b等、mtDNAハプログループH・K・TJ・U等に属していることが判明した

※この「担い手」の解説は、「漏斗状ビーカー文化」の解説の一部です。
「担い手」を含む「漏斗状ビーカー文化」の記事については、「漏斗状ビーカー文化」の概要を参照ください。


担い手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 20:44 UTC 版)

オーリニャック文化」の記事における「担い手」の解説

30000年前チェコや35000年前ベルギー人骨からハプログループC1a2 (Y染色体)検出されており、このタイプヨーロッパで最古層としてオーリニャック文化担ったと考えられる。またヨーロッパ第二波ハプログループI (Y染色体)もこの文化担った

※この「担い手」の解説は、「オーリニャック文化」の解説の一部です。
「担い手」を含む「オーリニャック文化」の記事については、「オーリニャック文化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「担い手」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

担い手

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 13:58 UTC 版)

和語の漢字表記

担い

  1. にないて参照

「担い手」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



担い手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「担い手」の関連用語

担い手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



担い手のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの特別養子縁組 (改訂履歴)、砥川獅子舞 (改訂履歴)、気象業務 (改訂履歴)、スタルティネス (改訂履歴)、櫛目文土器文化 (ヨーロッパ) (改訂履歴)、カルディウム土器 (改訂履歴)、漏斗状ビーカー文化 (改訂履歴)、オーリニャック文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの担い手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS