遺跡とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 遺跡の意味・解説 

い‐せき〔ヰ‐〕【遺跡/遺×蹟】

読み方:いせき

貝塚古墳集落跡など、過去の人類の活・活動のあと。遺物遺構のある場所。「登呂—」

昔の建物歴史的事件などのあった場所。旧跡古跡

先人のこした領地官職など。また、その相続人

「遺跡」に似た言葉

ゆい‐せき【遺跡】

読み方:ゆいせき

「いせき(遺跡)1」に同じ。

五郎が—なれば、名残り惜しくは思へども」〈曽我一二

「いせき(遺跡)3」に同じ。

「—を継が申したきとの念願て候」〈謡・春栄


遺跡 (いせき)


遺跡


遺跡

読み方:ユイセキ(yuiseki)

本人死後もしくは隠居後相続される遺領家督財産

別名 跡(あと)、跡職(あとしき)


遺跡


遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 06:45 UTC 版)

遺跡(いせき、Site)は、


  1. ^ 埋蔵文化財(文化庁)
  2. ^ 流水などの自然的営力によって移動したものでない、また、人為的に動かされたものでない堆積物のこと。
  3. ^ 「土木工事その他埋蔵文化財の調査以外の目的で、貝づか、古墳その他埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地(以下「周知の埋蔵文化財包蔵地」という。)を発掘しようとする場合には、前条第1項の規定を準用する。この場合において、同項中「30日前」とあるのは、「60日前」と読み替えるものとする。」<<参考>>第92条「土地に埋蔵されている文化財(以下「埋蔵文化財」という。)について、その調査のため土地を発掘しようとする者は、文部科学省令の定める事項を記載した書面をもつて、発掘に着手しようとする日の30日前までに文化庁長官に届け出なければならない。ただし、文部科学省令の定める場合は、この限りでない。」



遺跡(ダンジョン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:13 UTC 版)

ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」の記事における「遺跡(ダンジョン)」の解説

冒険者死亡率行方不明率が高くなり、彼らの管理目的とした「クエスト」制を初代四聖定めた。級ごとに分かれA級は4人1組での参加推奨される灰の城塞 15年前にグラン率いる、「#白銀の剣|白銀の剣」が攻略したダンジョン難易度最高ランクS級で、攻略不可能とされていた。しかし、幾度攻略によって完全攻略果たした。が、無事生還したのは、グランただ一人けだった。この攻略では多くの冒険者命を落とした。全34階層。 白亜の塔 アリナ壊した赤水晶欠片から、受注クエストとして現れた隠しダンジョン。全4層難易度S級永久の森 駆け出し冒険者最初に籠るダンジョン2巻では隠しダンジョンとして登場C級ダンジョンシヴィ大聖堂 アリナライラ研修中見つかった超大型ダンジョン。全7階層になっている暗闇の塔 闘技大会優勝商品である純遺物破壊した現れた裏クエスト

※この「遺跡(ダンジョン)」の解説は、「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」の解説の一部です。
「遺跡(ダンジョン)」を含む「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」の記事については、「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」の概要を参照ください。


遺跡(古代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:42 UTC 版)

高島市」の記事における「遺跡(古代)」の解説

遺跡 - 縄文時代から江戸時代までの複合遺跡平安時代前期木簡5点出土した上開田遺跡 - 縄文時代中期打製石器古墳時代土壙墓見つかった仏性寺遺跡 - 縄文時代土偶切目石錘敲石見つかった。 北仰西海道遺跡 - 縄文時代後期から弥生時代後期共同墓地的な性格持った遺跡。約100基の土器墓が見つかった。 弘部野遺跡 - 縄文時代から奈良時代にかけて集落遺跡浜遺跡 - 弥生時代から古墳時代前期古代琴が出土した安井川遺跡 - 弥生時代の集落遺跡。 針江浜遺跡 - 弥生時代後期から古墳時代にかけて湖底存在する遺跡である。 針江川北遺跡 - 弥生時代中期から後期の遺跡。環濠集落水田跡が検出された。 熊野本遺跡 - 弥生時代高地性集落の遺跡としては、東西300メートル南北200メートル滋賀県最大である天神畑・上御殿遺跡 - 縄文時代から平安時代の遺跡。日本国内初の双環柄頭短剣中国華北内モンゴル分布するオルドス式銅剣に似ている)の鋳型出土した下五反田遺跡 - 3世紀から11世紀にかけての遺跡だが、中心を成すのは5世紀中葉の遺跡である。韓式土器などが出土し渡来人との交流見られる南市東遺跡 - 5世紀後半頃の遺跡。カマドや韓式土器など、渡来人交流があったことをうかがわせる遺跡である。 八反田遺跡 - 5世紀末から6世紀出現した遺跡。下五反田遺跡南市東遺跡の住民移住した推定されている。 美園遺跡 - 6世紀から7世紀にかけての遺跡。古墳10世紀まで続く掘立柱建物30検出された。 北牧野製鉄遺跡 - 古墳時代後期くらいから製鉄が行われていた可能性がある『続日本紀』によれば703年文武天皇在位中には確実に製鉄が行われている。 日置前遺跡 - 奈良時代の遺跡。高島郡郡衙跡と考えられている。 弘川遺跡 - 奈良時代官衙に付随する倉庫群と見られる総柱建物16が、見つかった木津製鉄遺跡 - 奈良時代製鉄遺跡 栗屋田遺跡 - 奈良時代掘立柱建物検出

※この「遺跡(古代)」の解説は、「高島市」の解説の一部です。
「遺跡(古代)」を含む「高島市」の記事については、「高島市」の概要を参照ください。


遺跡(ルイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:18 UTC 版)

最弱無敗の神装機竜」の記事における「遺跡(ルイン)」の解説

世界7つ発見され古代遺跡十数年前、装甲機竜発掘されたことで国力左右する重要な存在となる。内部から幻神出現することもあるため発見された遺跡は立入禁止指定され厳重に管理されている。各国家間の協定定められており、内部調査必要な遺跡調査」を賭け、数か月一度機竜使い模擬戦開催されている。 第一遺跡・塔バベル新王国領内存在する3つの遺跡のうちの1つ新王国の西、ラルグリス公爵家の領地内に存在する第二遺跡・迷宮ダンジョンヴァンハイム公国の遺跡。遺跡都市の地下存在し全部で5つ階層分かれている。 第三階層進入すると遺跡が警戒態勢となり第二階層第三階層分断される仕組みになっている。 本来、遺跡は調査権なければ探索できないが、特殊な事情によりある程度例外認められている。 第三遺跡・方舟アーク新王国領内存在する3つの遺跡のうちの1つ巨大な船の形をしており新王国外洋浮き沈みし、一定周期で場所を変える。 かつて旧帝が解放った終焉神獣ポセイドンは、この遺跡の深層門番だった。 ヘイズ最深部制御室でグラン・フォースを使ったことで、これまでのルート外れてしまい、行方分からなくなるアニメにおいてはルクスバハムート攻撃余波で墜落した第四遺跡・坑道ホールユミル教国の遺跡。炭坑のような形状をしている。かつて幼かったクルルシファーがこの遺跡の内部で発見された。 第五遺跡・巨兵ギガースヘイブルグ共和国の遺跡。巨大な装甲兵の形をしており両肩部分砲口ついている帝都奪還計画にて遺跡そのもの動かし新王国王都侵攻した第六遺跡・箱庭ガーデン新王国領内存在する3つの遺跡のうちの1つ城塞都市近くに存在する。 城の数倍大きさで、四角い壁で六面囲まれ内部にや湖、洞窟などが存在し1つ小世界内包したような造りになっており、中心部祭壇がある。一定時間経過する六面の各壁際にある門が開閉する仕組みで開閉と同時に外側のものを引き込み内側のものを排出する第七遺跡・月ムーントルキメス連邦の遺跡。空に浮かんでいたが、行方不明となっている。後に新王国の上空に出現した強力な光の砲撃放つ攻撃能力だけでなく、終焉神獣制御し簡単な指示を出す事が出来る。

※この「遺跡(ルイン)」の解説は、「最弱無敗の神装機竜」の解説の一部です。
「遺跡(ルイン)」を含む「最弱無敗の神装機竜」の記事については、「最弱無敗の神装機竜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「遺跡」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遺跡

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:18 UTC 版)

名詞

  1. (いせき)
    1. 古い時代建てられ建物工作物歴史的事件あったためになんらかの痕跡残されいる場所古跡旧跡
    2. 過去の人間の営みの跡。およびそれが残されいる場所遺物遺構がある場所。考古遺跡
  2. ゆいせき、ゆいしゃく)
    1. 過去の人物が残した所領財産地位業績
    2. 御家人などの遺領相続

「遺跡」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



遺跡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

遺跡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遺跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います (改訂履歴)、高島市 (改訂履歴)、最弱無敗の神装機竜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS