化石人類とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 人類 > 化石人類の意味・解説 

か せきじんるい くわ- [4] 【化石人類】

化石から、その存在が知られている過去の人類。進化段階によって猿人原人旧人新人に分ける。

化石人類

英訳・(英)同義/類義語:fossil man, fossil men

多く場合、ネアンデルタ−ル人以前存在した、化石としてしか知られていないヒト総称
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  化学合成生物  化学合成細菌  化学自立栄養生物  化石人類  単乾果  単子葉植物  単孔類

化石人類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/04 01:53 UTC 版)

化石人類(かせきじんるい、英語: fossil hominidまたはfossil man)は、現在ではすでに化石化してその人骨が発見される過去の人類[1][2]人類の進化を考察していくうえで重要な化石資料となる。資料そのものは化石人骨(かせきじんこつ)とも称する。また、主に第四紀更新世(洪積世)の地層で発見されるので更新世人類ないし洪積世人類とも称する。




注釈

  1. ^ 言い換えれば、類人猿と猿人との区別は直立二足歩行を可能とする形質の有無だけである。
  2. ^ 「トゥーマイ猿人」の名で知られるが、「トゥーマイ」とはチャドの現地語で「生命の希望」という意味である。
  3. ^ 港川人骨は、頭から足まで骨のそろったアジアでも第一級の資料である。堤(1997)p.81
  4. ^ 港川人は、縄文人よりはネアンデルタール人に似た形質をもっているとの指摘があり、また、柳江人とは類似するものの、同時代と目される中国北部の周口店上洞人とは相対的にあまり似ていないと報告されている。高山(1990)pp.38-39

参照



「化石人類」の続きの解説一覧

化石人類

出典:『Wiktionary』 (2015/11/04 20:44 UTC 版)

名詞

   化石+人類 かせきじんるい

  1. 分類学古生物学(wp)》 現生しない人類総称現在では既に化石した状態発見される、過去人類を指す。

関連語




化石人類と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化石人類」の関連用語

化石人類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化石人類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化石人類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化石人類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS