金石学とは?

きんせき‐がく【金石学】

金石文の文字文章などを研究する学問考古学文献史学境界分野にあたる。

鉱物学旧称


きんせき‐がく【金石学】

〔名〕

鉱物について、性状、産状、応用等を研究する学問鉱物科学旧称。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

金属石などに刻まれた金石文により言語文字研究する学問


金石学

読み方:キンセキガク(kinsekigaku)

金属石な硬質素材に刻まれた文、すなわち金石文考察対象とする学問


金石学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 15:02 UTC 版)

金石学(きんせきがく)は、碑文研究の一種で、中国古代青銅器石碑などに刻まれた銘文金石文金文・石刻文)や画像を研究する学問のことをいう。


注釈

  1. ^ 宋代以前も、金石文を参照すること自体は行われていたが、それを一個の学問、すなわち歴史の補助学の地位にまで高めたのは欧陽脩からである[1]

出典



「金石学」の続きの解説一覧



金石学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金石学」の関連用語

金石学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金石学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金石学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS