金文とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文章 > 金文の意味・解説 

きん‐ぶん【金文】

読み方:きんぶん

鉄器銅器など金属器刻まれた文字や文。特に、中国、殷(いん)・周時代青銅器に鋳刻され銘文をいう。→石文


金文

名字 読み方
金文かねぶん
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

金文

読み方
金文かねぶん

金文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 20:01 UTC 版)

金文(きんぶん)とは、青銅器の表面に鋳込まれた、あるいは刻まれた文字のこと(「金」はこの場合青銅の意味)。中国のものが有名。年代的には甲骨文字の後にあたる。考古学的には、「青銅器銘文」と称されることが多い[1]。また鐘鼎文とも呼ばれる[2] 


  1. ^ 書道史年表事典 2005
  2. ^ 中西. 1981
  3. ^ 二玄社1990に収録された、松丸道雄、金文の書体, 1990
  4. ^ 497,499字などの説もある
  5. ^  漢 金文
  6. ^ a b 二玄社1990に収録された、松丸道雄、殷周金文の製作技法について
  7. ^ 山本 2020
  8. ^ 松丸道雄 1977


「金文」の続きの解説一覧

金文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 16:24 UTC 版)

中国の書道史」の記事における「金文」の解説

殷・周時代には各種の青銅器作られこの時代青銅器文化という。この文化中国古代文化特色づける最も重要な遺品であり、千有余年にわたるこの文化歴史は、中国古代の歴史であるともいえる。そして、その青銅器表現製作技術は、他のどの文化民族青銅器よりも優れとりわけ鐘と鼎がその最も代表的な青銅器とされた。よって、これに刻したり、鋳したりした文字鐘鼎文しょうていぶん)といい、金文ともいう。甲骨文書風直線的で線質は鋭利で単調であったのに対し、金文のそれは曲線的で線質には逞しさがある。 殷代中期には、1字から20程度の文字鋳込むようになり、周代に入ると製作の由来や目的文章にして鋳込むようになった現存する青銅器の文字は、すべて器の内側、またはその他の表面鋳込まれており、この方法は周代にまで継承された。青銅器のうち銘文有するものの大部分は、神および祖先を祭る儀式のための祭器である。この銘文には、鋳型にほって鋳出した鋳銘と、鋳造され青銅器の上に刀でほり込んだ刻銘との2種類がある。殷・周の金文のほとんどは鋳銘であり、戦国時代になって武器など刻銘現れる殷代の図象と文字との接点 字数少な殷代の金文は、絵画的文字とはいえないようなもの、つまり図象と呼ばれるものが中心である。この時代はすでに文字出来上がっているので、図象は文字とは異な体系をもつ。図象は王朝秩序対応する身分氏族標識)などの象徴であり、すべての氏族の図象の体系は、そのまま王朝支配形態表している。そして、図象標識固有名詞としてその氏族名対応するとき、それは氏族名を示す文字となる。図象は文字ではないが、図象標識として用いられるものに書法意識加えられると、そのまま文字なるのである。文字は図象のような前段階幾重にも経験しながら、文字体系にたどり着く。 旧来の説では図象は殷代遺物考えられていたが、近世研究により図象の中にも周代初期のものがあり、両者間にそれほど明確な区別はないことがわかっている。これらの図象は、前述のように文字起源成立関わる考えられ古文字研究者重要なテーマとなっている。その総数四千数百にのぼり重複除外した殷周青銅器銘文数の半ば占める。図象以外の殷代の金文は、第5期甲骨文字近似している。 甲骨文や金文は、現在の漢字の形である。しかし、文字としてはすでにかなり発達した段階にあり、更に始原的な文字が発掘される可能性秘めているまた、中国書法直筆(中鋒)による強い筆線を正統としているが、甲骨文や金文には線に鋭さ力強さ感じることができる。近年甲骨文や金文が書道篆刻作品に取入れられることも多くなっている。

※この「金文」の解説は、「中国の書道史」の解説の一部です。
「金文」を含む「中国の書道史」の記事については、「中国の書道史」の概要を参照ください。


金文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:42 UTC 版)

印章」の記事における「金文」の解説

もっとも古い書体一つであり可読性低く落款等を除いてあまり使われない

※この「金文」の解説は、「印章」の解説の一部です。
「金文」を含む「印章」の記事については、「印章」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「金文」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

金文

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:53 UTC 版)

名詞

きんぶん

  1. 古代中国において青銅器鋳込まれた又は刻み込まれた文字甲骨文字引き継ぎ漢字の祖形を示す代から戦国時代末期代のものまであるが、時代のものが有名。石に刻まれたもの石文といい、合わせて金石文という。また、これを研究する学問を、金石学という。

発音(?)

きんぶん
IPA: /ki̞mbɯɴ/

関連語

翻訳


「金文」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



金文と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金文」の関連用語

金文のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金文のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2023 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国の書道史 (改訂履歴)、印章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの金文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS