金属器とは? わかりやすく解説

金属器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 04:15 UTC 版)

金属器(きんぞくき)とは、材質によって道具を分類したときの名称のひとつで、金属によってつくられた道具をさす。概念としては石器土器と並び立ち、一般的に、それらと比べ耐久性に優れる。




「金属器」の続きの解説一覧

金属器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:07 UTC 版)

マギ (漫画)」の記事における「金属器」の解説

迷宮攻略者が手に入れジン宿る道具最強の魔法道具であり他の魔法道具とは次元異な強力な力を持つ。別名「ソロモンの金属器」。金属器の所持者は「金属器使い」とも呼ばれる所持者ジンの持つ強大な力を行使することが可能だが、人間の持つ魔力総量では限りがあるため、通常魔装で扱う。どこかに八芳星が刻まれており、魔装中にその部分破壊されると金属器による超常の力使えなくなる。仮にマギ莫大な魔力使用した場合は、ジンそのもの顕現可能である

※この「金属器」の解説は、「マギ (漫画)」の解説の一部です。
「金属器」を含む「マギ (漫画)」の記事については、「マギ (漫画)」の概要を参照ください。


金属器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:32 UTC 版)

軍事技術」の記事における「金属器」の解説

科学技術未発達であった石器時代においては戦争における軍事技術影響力決定的なものではなかったと考えられるしかしながら金属を加工する技術造兵応用されるうになる技術力戦争及ぼ影響力拡大してきた。例え青銅器鉄器に比べると非常に脆く鉄製武器優位性絶対的であった紀元前1600年バビロン王朝鉄器使用していたヒッタイト軍の侵攻滅亡した

※この「金属器」の解説は、「軍事技術」の解説の一部です。
「金属器」を含む「軍事技術」の記事については、「軍事技術」の概要を参照ください。


金属器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:24 UTC 版)

テクノロジー」の記事における「金属器」の解説

テクノロジー進展により、炉やふいごが生まれ天然金属自然界純度の高い状態で存在する金属)の精錬鍛造が可能となった最初に使われたのは金、銀、、鉛である。銅器それまでの石や骨や木製道具よりも優れていることは明らかで新石器時代当初紀元前8000年ごろ)から使われ始めた自然銅自然界には少ないが、銅鉱石多く存在し、その一部は木や炭で起こした火で熱することで容易に金属取り出すことができる。そのようにして金属あつかっているうちに、青銅真鍮などの合金発見することになった紀元前4000年ごろ)。鋼などの鉄合金使われるうになるのは紀元前1400年ごろからである

※この「金属器」の解説は、「テクノロジー」の解説の一部です。
「金属器」を含む「テクノロジー」の記事については、「テクノロジー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「金属器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「金属器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金属器」の関連用語

金属器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金属器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金属器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマギ (漫画) (改訂履歴)、軍事技術 (改訂履歴)、テクノロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS