青銅器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > 青銅器の意味・解説 

せいどう‐き【青銅器】


青銅器

読み方:セイドウキ(seidouki)

胴と錫を混ぜて精錬し、それを材料にしてつくった製品


青銅器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 23:23 UTC 版)

青銅器(せいどうき)は、青銅で作成した工芸品である。ただし銅銭などの貨幣は青銅製であっても含まない。主に古代に作られ、青銅器が出現してから鉄器が出現する直前までを青銅器時代と呼ぶ。


注釈

  1. ^ 伝来最初期の剣・矛は武器として一応機能するようであるが、袋部の3条の突線や吹き流し用とみられる半環状部(耳)は武器としての機能に関係ない特徴を備えている。また、伝来してから余り時が過ぎてない戈は身の厚みがあまりなく、着柄部も小さく武器として機能するのか疑問が生じるようなものである。さらに血溝に一部文様がみられ、日本的特徴を備えている。

出典

  1. ^ 瑞典专家在甘肃发掘一把史前青铜刀,中华文明5000年的确不容置疑
  2. ^ 横山昭男, 誉田慶恩 『山形県の歴史』山川出版社〈県史シリーズ〉、1970年、21-22頁。ISBN 4634230607 
  3. ^ 日本の考古学II 縄文時代 鎌木義昌編 1965年 河出書房 pp.430-431
  4. ^ 春成秀爾「弥生青銅器の成立年代」『国立歴史民俗博物館研究報告』第137巻、国立歴史民俗博物館、2007年3月、 135-156頁、 doi:10.15024/00001498ISSN 0286-7400NAID 120005748605
  5. ^ 毎日新聞2015年5月27日。<須玖タカウタ遺跡>国内最古の青銅鏡鋳型 福岡で出土。
  6. ^ 銅剣、国内初タイプの鋳型 滋賀の遺跡で出土
  7. ^ 柏原(1993)p.16
  8. ^ http://members3.jcom.home.ne.jp/arai-hiroshi/newspaper/sankei/gakki.pdf [リンク切れ]
  9. ^ 301億円、藤田美術館の中国書画など29点落札 YOMIURI ONLINE(2017年3月17日)2017年3月19日閲覧


「青銅器」の続きの解説一覧

青銅器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 08:16 UTC 版)

炭河里遺跡」の記事における「青銅器」の解説

中国最大の方尊である四羊方尊はここから出土したそのほか人面紋方鼎や大鐃などの重要な青銅器が発見されている。

※この「青銅器」の解説は、「炭河里遺跡」の解説の一部です。
「青銅器」を含む「炭河里遺跡」の記事については、「炭河里遺跡」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「青銅器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「青銅器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



青銅器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

青銅器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



青銅器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青銅器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの炭河里遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS