貯蔵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 貯蔵 > 貯蔵の意味・解説 

ちょ ぞう -ざう [0]貯蔵

スル
たくわえ、しまっておくこと。 養分を-する
生産営利のために回さず、ただ財貨たくわえておくこと。


貯蔵(ちょぞう)

蒸留後の原酒熟成させ香味調和をはかるとともに出荷のため貯えておくこと。または原料をその最適条件下に置き保存すること。焼酎暑い夏場を避け、秋から冬の寒い時期製造されてきた。幕末の察摩の奇書大石兵六夢物語』に「時は募春(ぼしゅん)、焼酎も今が飲み頃」とみえるが、寒冷な冬を経て製造から数か月たったものがうまいこと当時の人も知っていた。また沖縄古酒(くーす)のように何十年もかめで貯蔵するものもある。最近冷却設備普及し、暑い時期でも焼酎製造が可能になってきたが、壺埋(つぼい)けなどで一時的に貯蔵するだけで、原料長期保存ができず収穫時期の限られているイモ焼酎は現在もなお冬場短期間製造にしぼられている。製品出荷一年通じて行われるので、販売量の割に大きな貯蔵能力が必要となる。

備蓄

(貯蔵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 18:04 UTC 版)

備蓄(びちく、: acervum: stockréserve: storestockpile)とは、将来の需給の逼迫に備えて物資(資源や食料)を蓄えること。大和言葉で「たくわえ」とも。


  1. ^ 災害などが発生した後も、住民のことを考えてあえて店を営業し、各店舗が住民に品物を提供することが行われることがある。基本的には普段どおりの価格で販売されるが、現金を失ってしまった住民や財布も持たずに避難した住民などに向けて、良心的な商店主などによって利益度外視、大赤字承知で商品を無料で提供するなどということが行われることがある。このような良心的なことが行われた場合、災害からの復旧後、地域の住民が「返し」でその店で優先的に購入してくれ、とても繁盛するということも起きている。反対に、店主などが強欲な心に駆られて眼先の利益重視で、災害時に商品の値段を意図的に悪質な価格まで釣りあげたり、あるいは商品を売ることを拒んだりした場合は、平時に戻った時に、その強欲ぶりが後々まで人々の間で語り継がれ、人々が怒り、嫌い、店に寄りつかなくなり、やがて店舗が「潰れる」(倒産する)といったこともしばしば起きている。
  2. ^ 11月19日は「備蓄の日」自宅避難生活に備えを産経新聞』朝刊2018年11月14日(東京面)2018年12月16日閲覧。
  3. ^ スイスの「経済に関する国の供給政策」と農政改革 : 備蓄政策を中心として著:樋口修、出版:国立国会図書館、掲載雑誌名:レファレンス. (685)


「備蓄」の続きの解説一覧



貯蔵と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貯蔵」の関連用語

貯蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



貯蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2020.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの備蓄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS