非常食とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食品 > 非常食の意味・解説 

ひ じょうしょく -じやう- [2] 【非常食】

災害時のために準備しておく食品

非常食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 01:15 UTC 版)

非常食(ひじょうしょく)は、災害紛争などの非常事態により通常の食糧の供給が困難になった時のための食糧のこと。


  1. ^ a b c 『料理食材大事典』主婦の友社 p.697 1996年
  2. ^ 備蓄食 知恵比べ…企業向け需要拡大 チキンラーメン缶 賞味期限3年ジュース - 読売新聞 2013年4月4日
  3. ^ 新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター編『災害時における食とその備蓄』建帛社、2014年、pp.79-80
  4. ^ 帰宅困難者対策ハンドブック「施設内待機のための備蓄の確保」東京都 2015年8月12日閲覧。
  5. ^ 備蓄の心得 ローリングストック法日本気象協会 2017年4月6日閲覧。
  6. ^ 災害支援型 自動販売機 日本コカコーラ 2017年4月6日閲覧。


「非常食」の続きの解説一覧



非常食と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「非常食」の関連用語

非常食のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



非常食のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非常食 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS