取扱いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 取扱いの意味・解説 

とり‐あつかい〔‐あつかひ〕【取(り)扱い】

読み方:とりあつかい

取り扱うこと。「公平な―を受ける」「―注意


取扱い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り扱い

(取扱い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 02:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「取り扱い」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「取り扱い」を含むページの一覧/「取り扱い」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「とりあつかい」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



取扱い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 15:51 UTC 版)

無線局免許状」の記事における「取扱い」の解説

2019年平成31年1月1日現在 電波法施行規則38第1項により無線局免許状は、無線局備え付けておかねばならず、第2項により船舶局無線航行移動局船舶地球局主たる送信装置のある場所の見やすい箇所掲げておかなければならない。ただし、掲示を困難とするものについては、その限りで無い宇宙物体開設する無線局無線従事者常駐する場所のうち主な場所に、無人方式の無線設備移動しない無線局無線従事者常駐する場所又は当該無線局管理する所に備え付ければよい。 携帯電話端末は、包括免許される陸上移動局であり、移動体通信事業者NTTドコモKDDI沖縄セルラー電話ソフトバンク楽天モバイル)が、包括免許人として、一括管理している。 同条第3項により次の無線局は、第1項にかかわらず常置場所備え付けねばならない遭難自動通報局携帯用位置指示無線標識PLB)のみのものに限る。) 船上通信局 陸上移動局 携帯局 無線標定移動局 携帯移動地球局 陸上移動する地球局であって停止中にのみ運用するもの 移動する実験試験局宇宙物体開設するものを除く。) 移動するアマチュア局 移動する簡易無線局 免許効力失ったとき、免許人であった者は、1か月以内免許状総合通信局長に返納しなければならない返納しない者は、30万円下の過料処される

※この「取扱い」の解説は、「無線局免許状」の解説の一部です。
「取扱い」を含む「無線局免許状」の記事については、「無線局免許状」の概要を参照ください。


取扱い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 07:44 UTC 版)

モーターカー」の記事における「取扱い」の解説

日本では法規上の鉄道車両ではなく線路上を自走する保線機械の一種という扱いである。そのため、運転者動力車操縦者免許不要であり、保線係員等の免許不保持者などでも操縦可能なため、作業にあたり資格の取得専門運転者の別手配必要がない。ただし、機械扱いあるため最高速度は45km/hに制限されている上、本線上を走行させる場合線路閉鎖前提とするまた、軌道回路影響与えないよう車輪電気的に絶縁構造となっており、軌道回路用いた列車検知装置自動踏切等には反応しない(但し、排雪用の機種などで作業の必要上、軌道回路反応するようにしているものもある。後述)。このため走行に当たっては線路閉鎖の手続きのみならず在線状況の確認分岐器進路転換の際運転指令所信号扱所との慎重な打合せ要し踏切手動作動させる等、特別な取扱いが必要である2019年5月には南海高野線で、保線作業用モーターカー不具合による踏切事故発生している。 貨車移動機混同されることがあるが、モーターカー保線作業用動力車であり、貨車移動機貨車入換用動力車である。また、貨車移動機信号等に反応するよう車輪絶縁車輪ではなく通常の車輪使用している共通の基本設計に基づいて製作されモーターカー入れ替え小型機関車存在するが、仕様明確に区別されている。 主なメーカー北陸重機工業松山車輌工業NICHIJO新潟トランシス(旧富士重工および旧新潟鉄工)などである。

※この「取扱い」の解説は、「モーターカー」の解説の一部です。
「取扱い」を含む「モーターカー」の記事については、「モーターカー」の概要を参照ください。


取扱い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:52 UTC 版)

無線従事者免許証」の記事における「取扱い」の解説

無線従事者は、その業務に従事しているときは、無線従事者免許証携帯してなければならない。 ただし、不携帯に関して罰則は無い。 無線従事者は、取消し処分または再交付受けた後、失った無線従事者免許証発見したときは10日以内に、無線従事者死亡または失踪宣告受けたときには戸籍法届出義務者は、無線従事者免許証速やかに返納しなければならない訂正 訂正手帳型へのみ経過措置により認められており、訂正申請料が規定されていないことは無料意味する有効期限昭和33年11月5日以降あるものは、訂正申請ができる。 再交付 氏名訂正経過措置よるもの以外は再交付よる。 免許年月日昭和33年11月5日以前免許証再交付をすると、免許年月日昭和33年11月5日表記される資格再編前の免許証再交付されると、種別現行のものとなる特殊無線技士国際無線電話)と特殊無線技士無線電話甲)は、各々第一級海上特殊無線技士第二級陸上特殊無線技士第二級海上特殊無線技士第二級陸上特殊無線技士みなされるので、再交付されると1枚免許証二つ資格列記される。

※この「取扱い」の解説は、「無線従事者免許証」の解説の一部です。
「取扱い」を含む「無線従事者免許証」の記事については、「無線従事者免許証」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取扱い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「取扱い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「取扱い」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • CFDの株式取引と現物株取引、信用取引との違い

    CFDの株式取引と、証券会社を通じた現物株取引や信用取引とはどこが違うのでしょうか。ここでは、東京証券取引所(東証)に上場している銘柄の取引を行った場合のそれぞれの違いについて解説をします。外国株式で...

  • 株式取引とFXとの違い

    個人投資家が資金面や手続き面など比較的手軽に投資できるものとして株式取引とFXが挙げられます。ここでは、2012年6月現在の株式取引とFXとの違いについて紹介します。▼取引先取引先は、株式取引は証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取扱い」の関連用語

取扱いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取扱いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取り扱い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの無線局免許状 (改訂履歴)、モーターカー (改訂履歴)、無線従事者免許証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS