得てとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(事柄) > 得ての意味・解説 

え‐て【得て】

[副]

得てして」に同じ。

「そう云う恩知らずは、—哲学者にあるもんだ」〈漱石虞美人草

得意として。

「—相撲取りまする」〈虎明狂・鼻取相撲


え‐て【得━】

〔副〕 (動詞「得(う)」の連用形助詞「て」が付いてできたもの)

① ある一定の方向になりがちな傾向認める意を表わす語。ともすると。とかく。えてして

愚管抄(1220)七「今この文武兼行の摂籙のいできたらんずるを、ゑて君のこれをにくまん御心いできなば」

滑稽本古朽木(1780)三「小便する夢にはえて寝小便たれる事あるものなれば」

② 得意として。

*虎明本狂言鼻取相撲室町末‐近世初)「中にもえてすまふをとると申まする」

③ =え〔副〕後に否定の意味の表現伴って、とても…できないの意を表わす語。

小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「此過失にして除かざれば、時代小説目的をば得て遂ること能はざるなり」


得て

読み方:えて

ア行下一段活用動詞「得る」の連用形である「得」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「得て」の関連用語

得てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



得てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS