創設とは? わかりやすく解説

そう‐せつ〔サウ‐〕【創設】

読み方:そうせつ

[名](スル)施設機関新しくつくること。「学校を―する」「会の―メンバー


創設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 05:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「創設」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「創設」を含むページの一覧/「創設」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「創設」が役に立つかも知れません。

関連項目



創設(1952年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 10:26 UTC 版)

九州一周駅伝」の記事における「創設(1952年)」の解説

陸上競技選手オリンピック出場経験もある西日本新聞社運動部納戸徳重福岡県出身)が、大会創設の中心となった。「日本初オリンピック選手」の一人で陸上競技界の指導者一人であった金栗四三熊本県出身納戸東京高等師範学校での先輩にあたる)もこの発想加わっているという。 1952年、「西日本各県対抗九州一周駅伝競走大会開催長崎市長崎県庁前をスタートし福岡市西日本新聞本社前をゴールとする70区間、1090.29kmを走破する大会として開催された。

※この「創設(1952年)」の解説は、「九州一周駅伝」の解説の一部です。
「創設(1952年)」を含む「九州一周駅伝」の記事については、「九州一周駅伝」の概要を参照ください。


創設(1878年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 19:19 UTC 版)

ロンドン・スコティッシュFC」の記事における「創設(1878年)」の解説

1878年初頭、セント・アンドリューズ・ローヴァーズFC呼ばれるチーム3人スコットランド人メンバーが、チーム脱退してスコットランド人のためのクラブ結成することを決断したこれらの男、George GrantNeil Macglashan、Robert Arnotは彼らが送った回状に対して数多く反響受け取った。特にロンドン・スコティッシュ連隊英語版)はこの着想に非常に共感寄せたその後すぐ、1878年4月10日ロンドン・スコティッシュFCが、ロンドン、Blackfriars、Water LaneにあるパブThe Queen's Head設立された。当初はBlackheath Common後にサリーにあるリッチモンド・アスレティック・グラウンドでプレーした

※この「創設(1878年)」の解説は、「ロンドン・スコティッシュFC」の解説の一部です。
「創設(1878年)」を含む「ロンドン・スコティッシュFC」の記事については、「ロンドン・スコティッシュFC」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創設」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

創設

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 09:57 UTC 版)

名詞

そうせつ

  1. あるもの新しく設置すること。また、新しく設立すること。

動詞

関連語


「創設」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「創設」に関係したコラム

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創設」の関連用語

創設のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創設のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創設 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの九州一周駅伝 (改訂履歴)、ロンドン・スコティッシュFC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの創設 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS