競走とは?

きょう そう きやう- [0]競走

スル
同じ距離を走って速さを争うこと。かけくらべ一〇〇メートル


競走

★1.他者の力を利用して、先に目的地に着く。

十二支(えと)起こり昔話神様が、「指定日までに駆けつけて来た者を十二支仲間に入れる」と動物たちに言う。牛は足が遅いので、他の動物よりも早く出かける。鼠が牛の背中乗り、一番に到着した牛の前に飛び降りる。それで、十二支のはじめは鼠に決まった(滋賀県蒲生郡竜王町山面)。

*鼠が裏切物語もある→〔猫と鼠〕1の『十二支由来』(中国昔話)。

田螺昔話伊勢参りに行く田螺が、大神宮鳥居まで駆けっこをする。田螺は貝のを開いて、走るの尾にくいつく鳥居に着くと喜んで尾を振り、それが石垣にぶつかって、田螺の貝が半分割れる。転がり落ち田螺は、痛さ我慢して「君、遅いなあ。僕は先に着いて、肩を脱いで休んでいるところだ」と言う

平家物語巻9「宇治川先陣源氏武者たちが宇治川の先陣を争う。畠山重忠川を渡って対岸に上がろうとする時、彼の烏帽子子えぼしご大串次郎が馬を流されて、重忠の背後取りつく。重忠が大串を岸に投げてやると、大串は岸に立って「大串次郎宇治川の先陣ぞや」と名乗りをあげ、敵も味方もどっと笑う。

★2.計略を使って、競走相手を遅れさせる。

平家物語巻9「宇治川先陣梶原源太景季と佐々木四郎高綱宇治川の先陣争って馬を走らせる。遅れた佐々木が、「馬の腹帯がゆるんでいる」と梶原に声をかけ、梶原手綱放し腹帯をしめる。その間に佐々木追い抜いて川へ駆け入り宇治川一文字渡って対岸上がる

変身物語オヴィディウス)巻10 俊足の娘アタランタは、求婚する男たちに競走を挑み、負ければ花嫁となり、勝てば求婚者を殺す取り決めをする。多く若者が死んだ後、ヒッポメネスがアタランタと競走し、3つの黄金のりんご投げる。アタランタがそれを拾っている間に、ヒッポメネスはゴールに入る〔*ギリシア神話アポロドロス)第3巻第9章では、メラニオンが黄金のりんご投げアタランテを妻とする〕。

★3.仲間たち力を借りて、競走に勝つ。

となまこ』昔話となまこが、走りくらべをする。なまこは仲間たちに、「1人ずつ浦々に待機していてくれ」と頼んでおく。油良の浦から競走を開始し、はえらい勢いで小浜の浦まで泳いで来て、「なまこ殿」と声をかけてみる。すると、なまこ(の仲間)が「どの、今来たのか」と答えたので、は驚く。下田の浦まで泳いで「なまこ殿」と呼ぶと、また「どの、今来たのか」と答える。どこまで行っても、なまこに先を越され、とうとう負けてしまった(山口県大島郡)。

*類話である→〔兎〕1aの『亀とウサギ』(アフリカ昔話)では、多くの亀が方々隠れて兎をだます。

★4a.古代戦車競走

ベン・ハーワイラーユダヤ名家青年ベン・ハーは、ローマ軍将校メッサラによって無実の罪におとされ、ベン・ハーの母と妹は地下牢に入れられた。ベン・ハーは母と妹が獄死したと聞きメッサラへの復讐の念に燃えて、ローマ・カルタゴ・アテネなど諸国の代表が争う大戦競技会に臨む。メッサラ戦車車軸に鋭い刃物取りつけてあり、併走する競走相手戦車破壊した。メッサラベンハー戦車をも破壊ようとするが、逆にメッサラ戦車車輪がはずれてしまう。戦車横転してメッサラは死ぬ〔*死ぬ間際メッサラは、ベン・ハーの母と妹が生きていることを告げる〕→〔ハンセン病〕1。

★4b.二十世紀自動車競走

理由なき反抗レイ17歳ジムは、転校して来た高校不良グループにからまれ、リーダーバズと、チキン・ランをすることになる。2人それぞれ自動車を崖に向けて疾走させ、崖の直前飛び降りる先に飛び降りた方が負けになるのだ。ジムは車が崖から転落する直前に、うまく飛び降りた。しかしバズは服の袖がひっかかって車から出ることができず、車もろとも崖下落ちて死んでしまった。

★5a.速く走る者が、ゆっくり歩く者に追いつけない。

三国志演義68神通力を持つ左慈を捕らえて殺そうと、曹操家来百人騎馬追いかける前方左慈ゆっくりと歩いて行く。家来たちは馬を走らせるが、どうしても追いつくことができなかった。

捜神記1-18 子訓(けいしくん)は神仙の人である。彼が1人老人語り合っているのを見た男が、「先生お待ち下さい」と呼びかけた。子訓と老人歩きながら返事をした。ゆっくり歩いているように見えたが、男が馬を走らせても追いつけなかった。

★5b.言葉トリックによって、速く走る者がゆっくり歩く者に追いつけない。

アキレスと亀故事 ゼノンのパラドックス俊足アキレスがいくら速く走っても、前方をゆっくり歩く亀に追いつけない。アキレスが亀のいたA地点まで来た時には、すでに亀はA地点より少し前方のB地点進んでいる。アキレスがB地点まで来ると、亀はごくわずか前方のC地点進んでいる。アキレスと亀の距離は無限に縮まるが、どこまでいってもゼロにはならない

*→〔尾〕5の『無門関』(慧開38「牛過窓櫺」の、「牛の尾を無限に分割してもゼロにはならない」という考え方と同様である。

夏目漱石は『思い出す事など15で、アキレスと亀故事言及し、これと同様の論理として、の無限分割意識の無限分割たとえ話をする→〔分割11

★5c.追いつくだけで良いのに、追い越してしまう。

『坐笑産ざしょうみやげ)「かける名人追いかけっこ名人が、泥棒追いかけて走る。向こうから友達来て何だ何だ」。名人泥棒追っかけている」。「その泥棒はどこだ?」「後から来る」。

与太郎太陽追い越した→〔太陽〕5の『太陽』(落語)。

★6.わざと競走に負ける。

長距離走者の孤独シリトー感化院収容中の17歳の「おれ(スミス)」は、クロスカントリー選手抜擢される。院長は「おれ」が全英長距離競走優勝し、ブルーリボン賞獲得することを期待する。「誠実を旨とせよ」と説教する院長とその同類たちを、「おれ」は軽蔑しつつも、うわべは院長に従う。競技当日、「おれ」は計画どおりわざと負けて、院長落胆させる。

★7.好きな時に、好きな所から、好きなだけ走る競走。

不思議の国のアリスキャロルアリス自分流した涙の海に溺れそうになるが(*→〔涙〕4)、他にも鼠や小鳥などいろいろな動物が海に落ち、皆はアリス先頭に岸まで泳ぐ。ドードー鳥が、皆の濡れた体を乾かすための「コーカス・レース」を提案する。レースコース線をまるく描き、一同コースあちこち位置定める。「スタート」の合図はなく、各自が好きな時に走り出し、好きな時にやめるのだ。そうやって30分もたつと、皆の体はすっかり乾いたので、ドードー鳥は「競走終わり!」と叫んだ。

兎と 亀はりねずみの競走→〔兎〕1a・1b


競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 23:16 UTC 版)

競走(きょうそう)とは、人や動物や乗り物が、一定距離を走り速さを競うことである[1]


  1. ^ 新村出編『広辞苑』第5版「競走」
  2. ^ オートレースにおいて、勝ち上がり方式が全開催で実施されるようになったのは1975年の4月より。それまでは競馬のような単発式の開催も行われていた(オートレースマガジン 2004年5月号より)。
  3. ^ ただし競馬もかつては1開催に複数回出走を前提とした競走も行われていた。優勝内国産馬連合競走#日本の競馬創設期の競走体系を参照。


「競走」の続きの解説一覧

競走

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 10:43 UTC 版)

名詞

きょうそう

  1. 走る速さ争うこと。

動詞

活用

サ行変格活用
競走-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「競走」の関連用語

競走のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



競走のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2020 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの競走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS