家来とは?

け‐らい【家来】

主君主家仕える者。家臣従者

親・尊族を敬い礼を尽くすこと。転じて、他人に礼を尽くすこと。

文籍(ぶんせき)にも—といふことあるべくや」〈源・藤裏葉

朝廷公事(くじ)や故実を習うために摂家などに出入りする者。

[補説] 古くは「家礼」「家頼」などと書き、「家来」は中世以降表記


け‐らい【家礼・家来・家頼】

〔名〕 (「け」「らい」はそれぞれ「家」「礼」の呉音

[一] (家礼) 親や家の長上、主人などを敬い礼をつくすこと。転じて、他人に礼を表すること。

源氏100114頃)藤裏葉文籍(ぶんせき)にも家礼といふことあるべくや」

[二]

朝廷公事(くじ)、故事などを習うために、摂政家などに出入りする者。

愚管抄(1220)四「内大臣いげ家礼の人おほくありけるをも」

太平記14C後)四〇「公家家礼(ケライ)の人々には、為秀・行忠・実綱卿・為邦朝臣なんど庭土に下りて礼あり」

封建制度下の武士社会で、主君につかえること、また、その者。家臣

吾妻鏡治承四年(1180)一〇月一九日「於源氏人々者、家礼猶可怖畏、矧亦如下国事、頗似家人

江戸時代庄屋地主従者小作人家抱(けほう)、また商家での雇人などの称。

勧農固本録(1725)上「一 家抱、分附(ふんつけ)百姓と云は、親之代、高或四五石目之を、子孫或は家来に分け譲り

④ (転じて、一般に) 服従する者。従者手下

ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「其家にお兄いさんといふのがゐて、余程お人好見えて、お麗さんに家来のやうに使はれてゐる」


家来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 13:02 UTC 版)

家来(けらい)とは、主人に対する従者を意味する用語。




「家来」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家来」の関連用語

家来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS