接近とは? わかりやすく解説

せっ‐きん【接近】

読み方:せっきん

[名](スル)

近くに寄ること。近づくこと。「低気圧が―している」

両者の程度や内容の違い少なくなること。「実力が―する」

親しくつきあうこと。親しくなること。「二人の仲が―する」

「代助と―していた時分平岡は」〈漱石・それから〉


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 02:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「接近」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「接近」を含むページの一覧/「接近」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「接近」が役に立つかも知れません。

関連項目



接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/08 15:27 UTC 版)

ベルリン襲撃 (1760年)」の記事における「接近」の解説

10月5日トートレーベン奇襲によってベルリン陥落させるべく、ロシア兵5,600名の前衛部隊率いてオーデル川渡った。この奇襲試みは、不意の迎撃直面して頓挫する。ベルリン守備隊司令官のロッホウ(ドイツ語版中将は、ロシア軍脅威前に撤退望んだが、市内療養していたプロイセン軍騎兵指揮官フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ中将は2,000名の守備隊召集すると、ロシア軍市門から撃退することに成功したベルリン危機を知ると、ヴュルテンベルク公フリードリヒ・オイゲン中将は、ポンメルンスウェーデン軍に向けていた部隊引き返させた。その間に、ザクセンから派遣された分遣隊も到着し、町の守備隊18,000名に増強される。しかしラシー伯のオーストリア軍到着すると、形勢は再び連合軍傾いた。そしてオーストリア軍ポツダムシャルロッテンブルク英語版)を占領すると、優勢な相手前にプロイセン守備隊市街放棄しシュパンダウ付近への退却強いられた

※この「接近」の解説は、「ベルリン襲撃 (1760年)」の解説の一部です。
「接近」を含む「ベルリン襲撃 (1760年)」の記事については、「ベルリン襲撃 (1760年)」の概要を参照ください。


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 23:37 UTC 版)

1918年列車大事故」の記事における「接近」の解説

列車ナッシュビル西側部分にある約10マイル(16km)の単線区間走らなければならなかった。当時慣行によると、上り列車ナッシュビル行きこの場合第1列車)が同区間の通行権保持していた。このため指令員対向列車第4列車)の乗務員に第1列車機関車番号知らせた。そして、もし「ショップス・ジャンクション (Shops Junction)」として知られていた信号扱所 (ここで複線区間から単線区間切り替わる) に到着するまでに、第1列車通過視認しなかった場合複線区間停止するよう命令した。この「ショップス」という言葉は、ここに鉄道会社最大の扇形庫を含む巨大な修理燃料補給設備あることを指す。ここは旅客駅ではなくメンフィス向か本線単線になる合流点 (ジャンクション) であった第4列車複線区間走行中車掌他の乗務員に第1列車視認する義務委任した車掌切符回収中に空の客車牽引する入換機関車通過したが、車掌はこの音を第1列車聞き間違えた他の乗務員同様の間違いをしたか、第1列車視認することを怠っていた。 第4列車がショップス・ジャンクションの信号扱所接近中信号扱い手のJ・Sジョンソン信号扱所運転指令信号進行現示にした。これは前方列車存在しないことを意味する。そして彼が日誌 (logs) に第4列車通過記録していた時、第1列車通過記録されていないことに気づいたジョンソン指令員そのこと電報通報した。すると「第4列車はそこで第1列車交換することになっている第4列車停車させてくれないか。」と指令員から返答来たジョンソン警笛 (emergency whistle) を鳴らしたが、第4列車後部車両でそれを聞いた人は誰ひとりいなかった。 第4列車運転指令信号進行前方列車存在しないことを意味する)であると仮定して通過したまた、機関士車掌はショップス・ジャンクションの列車運行記録簿を見て第1列車到着済みであるかどうかを確認しなかった。それは事故起き以前から鉄道管理者発行した運行規定によって義務付けられていた。

※この「接近」の解説は、「1918年列車大事故」の解説の一部です。
「接近」を含む「1918年列車大事故」の記事については、「1918年列車大事故」の概要を参照ください。


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:56 UTC 版)

プラスキ砦の戦い」の記事における「接近」の解説

リー以前に予測してたように、砦をサバンナ市から遮断するために北軍上流の2か所選定した1つサバンナ川水路北岸沿ったジョーンズ東端のポイント・ビーナスだった。北軍タットノール准将は石を積んだスクーナー沈めて、川と北軍支配するポートロイヤルを繋ぐ水路障害しており南軍砲艦で川を哨戒していた。北軍はまずその供給線の障害を払う必要があった。これには3週間要した。北隣のドーファスキー島に宿営補給のための基地設けられた。 .mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}} 南軍海軍使った側輪蒸気駆動砲艦船首旋回砲備えた ジョサイア・タットノール南軍海軍准将 タットノール砲艦はこのときまだポイント・ビーナス付近下流支配していた。リー積極防衛策一部として、南軍サバンナ川戦隊継続してパトロール行っていた。その艦砲あるために、北軍包囲軍川沿い工作を行う場合は、夜の間になされる必要があった。北軍大砲移動線路の上湿地から手引き出す必要があり、半塩水ワニがいる湿地働き1日大半は腰まで浸かっている状態だった。大砲沼地沈んで失われないように板と砂袋造った架台に置く必要があった。兵士日中休息していた。 リー推計では、砦は砲撃直接攻撃では落とせず、飢えのみがその陥落条件だった。物資供給が続く限り持ちこたえるはずだった。南軍プラスキ砦に物資届けた最後の船は、小さな蒸気船アイダだった。2月13日、北水路下って定期的な輸送行った北岸北軍砲台大砲初め砲撃した。その古い側輪船がプラスキ砦に到着し砲台は9発を放ったその後に大砲架台から落ちた北軍兵が戻って架台作り直し大砲据え直した2日後灯台の明かり消した中をアイダ南水路を進み、タイビー・クリークを抜けてサバンナ戻った。 ビーナス・ポイントの北軍砲台据え付けられると、南軍砲艦砲撃戦挑んだが、撃退された。次の週包囲側が完全に砦を囲んだ北軍サバンナ川のビーナス・ポイント対岸にもう1つ砲台構築したそこからタイビー・クリークにブーム伸ばしてサバンナとコックスパー島を結ぶ電信線切断した歩兵2個中隊が入って南軍の攻撃備え砲艦水路パトロールして歩兵隊支援することとされた。1862年2月下旬までに、砦に物資援軍届かないようになった南軍守備隊挫けなかった。最後の通信手段毎週湿地泳いでいく伝令だった。 2月末、タットノールはビーナス・ポイントとオークリー島の北軍前進基地2か所に対する水陸協働攻撃計画したリー海陸軍中を取り持ったジャクソン砦での準備完全ではなかった。タットノール旗艦は、1月補給出撃してから任務戻っていたが、3隻の砲艦の1隻はまだ動けない状態だった。リーは、タットノール作戦失敗すればサバンナ自体攻撃されやすくなる考えた。3対7でもサバンナ守備隊苦しいだろう。まして2対7になれば、敵の優秀な武装に対してどうにもならないであろう。砦を救済する検討それ以上行われなかった。いずれにしても食料はあと16週間残っていた。一方で北軍ジョーンズ島とバード島、ビーナス・ポイントなど川沿い各所の改良続けていた。4月10日から11日北軍プラスキ砦を砲撃したとき、砲艦サバンナ包囲する北軍大砲との砲撃戦参加したプラスキ砦の攻撃力弱めるために必要とされた大口施条砲2月到着しギルモアはそれらを砦に最も近いタイビー島の北西端にある砲台据えことにした3月までにギルモア攻城戦用い物資をタイビー島に陸揚げさせた。道路整備し、砲の台座掘り返し弾薬庫防弾柵を造る必要があった。工事は砦に南西から近づく方向進行したが、最後の1マイル (1.6 km) は砦からの砲撃を受けるようになったオルムステッド自身狙いをつけた砲弾北軍1人2つ切り裂いたと言われている。高さのある砦の大砲から続いた砲撃臼砲砲弾効果があったので、タイビー島での工事は夜の間に行われた毎朝まだ完成していない攻城武器は、砦から視認されないようカモフラージュされた。 タイビー島に大砲上陸させるために砲身輸送船から降ろし満潮のときに筏に乗せ、波に載せて岸に近づけた干潮のときに人力だけで海浜引きずり上げた砲車13インチ臼砲載せるために250人が必要だった後の北軍による水陸共同作戦では、このような作業コントラバンド逃亡奴隷)の労働力使われた。2.5マイル (4 km) 先の前線では、大砲湿地沈まないように、工兵下ばえの束でできた丸太道をほぼ1マイル (1.6 km) も建設しなければならなかった。荷卸し潮の干満に合わせて昼夜行われたが、プラスキ砦の南軍から砲撃されるために、北軍島内動き全て夜に限られた1か月続いた工事後で臼砲36門、重砲施条砲全て据え付けられた。 砦に近く設けられた4か所砲台にはそれぞれ具体的な砲撃目標与えられた大口ジェイムズ砲のあるマクレラン砲台は砦の南東面と銃眼目標とされた。臼砲のあるトッテン砲台南東の上砲弾破裂させるか、砦の外にある隠れた砲台を狙うこととされた。コロンビアード砲のあるスコット砲台マクレラン砲台と同じところを攻めこととされた。5番目の砲台臼砲ハレック砲台だった。砦の北東面のアーチ飛びむように砲撃し、「当たる前ではなく後に爆発する」ようにされた。 シーゲル砲台には30ポンドパロット砲5門と24ポンドジェイムズ砲1門があった。その任務は砦の砲座にある大砲黙らせることであり、その後信管弾を南東壁と付近銃眼に、1時間10ないし12発を当てて貫通させ、後の歩兵による襲撃に合わせることとされた。砲撃日没までとし、特別の指示事態無ければ、砦に対して夜通し間歇的砲撃を行うことにした信号係士官スコット砲台駐屯しスタントングラントシャーマン臼砲砲台の距離を伝えこととした。

※この「接近」の解説は、「プラスキ砦の戦い」の解説の一部です。
「接近」を含む「プラスキ砦の戦い」の記事については、「プラスキ砦の戦い」の概要を参照ください。


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 06:56 UTC 版)

地球戦士ライーザ」の記事における「接近」の解説

ソード等による白兵攻撃基本的に威力ビームより低いが、一部の敵に有効。

※この「接近」の解説は、「地球戦士ライーザ」の解説の一部です。
「接近」を含む「地球戦士ライーザ」の記事については、「地球戦士ライーザ」の概要を参照ください。


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:54 UTC 版)

「冥王星」記事における「接近」の解説

冥王星軌道海王星軌道と「交差している」と言われることがよくある。しかし実際は冥王星軌道交点軌道黄道面交差する点)は両方とも海王星軌道外側にあり、距離にして6.4au(すなわち、地球太陽の間の距離の6倍以上、太陽木星間の距離以上)も離れている。そのうえ、これらの天体軌道共鳴状態にあるために、冥王星が2回公転する間に海王星正確に3回公転するこのため海王星冥王星軌道がもっと近づいているところに海王星達したとき、冥王星軌道上はるかに後ろにあり、代わって冥王星その点到達したときには海王星軌道上50°以上も前方あることになる。冥王星がもう1公転してこの点に到達したときには海王星軌道上半周近く離れたところにある。その結果として、冥王星軌道上この点で海王星の30au以内には決して近づかないことになる。 実際に海王星冥王星がもっと接近するのは、軌道上のほぼ反対側であり、冥王星遠日点通過して前回遠日点通過1866年)から約30年後に海王星冥王星追いつく海王星冥王星遠日点経度似通っている)。距離が最小になったのは1896年6月のことで、18.9auまで近づいた言い換えると、冥王星土星にもっとも近づいたときよりも海王星近づくことは決してないということである。

※この「接近」の解説は、「冥王星」の解説の一部です。
「接近」を含む「冥王星」の記事については、「冥王星」の概要を参照ください。


接近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 14:24 UTC 版)

サボ島沖海戦」の記事における「接近」の解説

10月11日2010日本艦隊輸送部隊ガダルカナル島のタサファロング泊地到達2020から物資揚陸開始した一方外南洋部隊命令により支援部隊飛行場砲撃準備整えサボ島沖合進撃した。「青葉」は地上攻撃用の特殊砲弾を装填しており、今作そのもの米軍基地飛行場射撃効果確認する意味合いがあった。 アメリカ艦隊は「巡洋艦2隻、駆逐艦6隻」という日本艦隊迎撃するために駆逐艦3-巡洋艦4-駆逐艦3という布陣でサボ島近海哨戒していた。スコット少将2000艦隊水上偵察機投入して接近してくる日本艦隊動向探ろう命令下した。しかし、ソルトレイクシティーヘレナ偵察機発艦前に事故炎上して失われるアクシデントがあり、無事に発艦したのはサンフランシスコボイシ偵察機けだったソルトレイクシティー偵察機炎上は、北西50海里離れた場所にいた日本艦隊見張員にも発見されていた。当時日本艦隊26ノットから30ノットガダルカナル島向かっていたが(ガ島北西20浬)、日本艦隊はこの光をガダルカナル島輸送隊からの発光信号誤認して発光信号応答し返すミスをしてしまった。しかし、この発光信号アメリカ艦隊には察知されことはなかった。

※この「接近」の解説は、「サボ島沖海戦」の解説の一部です。
「接近」を含む「サボ島沖海戦」の記事については、「サボ島沖海戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「接近」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

接近

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:15 UTC 版)

名詞

せっきん

  1. 近づくこと。
  2. 両者程度内容縮まること。
  3. より親しくなること。親しく交際すること。

発音(?)

せ↗っきん

動詞

活用

サ行変格活用
接近-する

「接近」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「接近」に関係したコラム

  • 株式近接率とは

    株式近接率とは、現在の株価が高値、安値、ストップ高、ストップ安のそれぞれにどこまで接近しているのかをパーセンテージで表したものです。高値、安値、ストップ高、ストップ安のいずれかの株式近接率の値が小さい...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接近」の関連用語

接近のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接近のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接近 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベルリン襲撃 (1760年) (改訂履歴)、1918年列車大事故 (改訂履歴)、プラスキ砦の戦い (改訂履歴)、地球戦士ライーザ (改訂履歴)、冥王星 (改訂履歴)、サボ島沖海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの接近 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS