寄るとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 寄る > 寄るの意味・解説 

よそ・る【寄る】

[動ラ四]

自然に引き寄せられる。

荒山も人し寄すれば—・るとぞいふ」〈三三〇五〉

波が打ち寄せられる。寄せる。

白波の—・る浜辺別れなばいともすべなみ八度袖振る」〈四三七九〉

ある異性心を寄せているとうわさされる

新田山(にひたやま)嶺(ね)には付かなな我(わ)に—・りはしなる児らしあやにかなしも」〈三四〇八〉


よ・る【寄る】

[動ラ五(四)

ある人・物やある所に向かって近づく近寄る。「彼女のそばに—・る」「たき火近くに—・る」

1か所に集まる。一緒になる。「親類が—・って相談する」「三人—・れば文殊の知恵

ある所へ向かう途中で、他の所を訪れる。立ち寄る。「出社前に得意先に—・る」「帰り飲みに—・る」

片方の端へ近づくまた、一方側にかたよる。「部屋の隅に—・る」「西に少し—・った地域

(「倚る」「凭る」とも書く)もたれかかる。「縁側に—・って庭を見る」

数が加わる。多くなる。重なる。「しわが—・る」「年が—・る」

考えがそこに至りつく。思い及ぶ。「思いも—・らない大事件

相撲で、組んだ体勢で相手押し進む。「腰を落として—・る」

相場で、立ち会い最初取引成立する。「五円高で—・る」

10 気持ちが傾く

今更何をか思はむうちなびき心は君に—・りにしものを」〈・五〇五〉

11 なびき従う。服する

「人の言に—・りて、いかなる名をくたさまし」〈源・夕霧

12 味方になる。

あなたに—・りて、ことさらに負けさせむとしけるを」〈・一四三

13 寄進される。寄付される。

「かかる所に庄など—・りぬれば」〈宇治拾遺・八〉

14 神霊物の怪などが乗り移る

寄り人は今ぞ—・り来る」〈謡・葵上

[可能] よれる

[下接句] 秋の鹿(しか)は笛に寄る・思いも寄らない女の足駄にて作れる笛には秋の鹿寄る・目の寄る所へは玉も寄る


寄る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:27 UTC 版)

和語の漢字表記

寄る(よる)

  1. よるを参照

「寄る」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



寄ると同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

寄るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寄るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの寄る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS