コンビニとは?

コンビニ(こんびに)

全国チェーンを展開する小売業一種

コンビニが日本に入ってきたのは1970年代である。1974年イトーヨーカ堂系列からセブンイレブン1号店オープン、翌1975年、ダイエーグループからローソン1号店オープンした。現在はセブンイレブン全国8,053店舗ローソン全国7,255店舗を展開している。また、ローソン・セブンイレブン以外のコンビニも合わせると、コンビニの店舗総数は、全国で約4店舗上る

百貨店スーパー売れ行き伸び悩む中、コンビニは業界中でも一人勝ち続けている。理由として、スーパーなどと比べてコンビニでは営業時間長いなど、利用客の多用ニーズ応えうる、ということがある。

急成長してきたコンビニであるが、最近成長頭打ちの感もある。すでに店舗数が過剰気味で競争激化していること、また、100円ショップやドラッグストア・ホームセンターなど、業種に的を絞った専門スーパー急成長しているためである。また、2000年6月には大店法大規模小売店舗法)が廃止大型スーパー出店原則自由になる。これを受けて外資系総合スーパーの上陸が見こまれるなど、コンビニを取り巻く状況もさらに激化する。

コンビニの将来的展望としては、近いうちにコンビニ内にATM現金自動預入払出機)が設置されると予想される。そうすると店内キャッシュカードを使った現金振込み引出しが可能になる。また、情報通信システムを使ったゲームや音楽配信サービス開始される。このようにして業態差別化をはかり、コンビニの生き残り戦略が展開されると思われる

(2000.02.21更新


コンビニエンスストア

(コンビニ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 00:37 UTC 版)

コンビニエンスストア: convenience store)は、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨類など多数の品種を扱う小売店である。




注釈

  1. ^ 具体的な例としては、健康指向型商品を中心に陳列するコンビニ店舗や、セルフ式ガソリンスタンド併設コンビニ店舗の、いずれも最初期に設置された店舗など。
  2. ^ これの主な例としては、販売期限切れ商品の販売の常習や、チェーンのイメージを中傷する著しく杜撰な店舗運営、反社会的勢力への利益供与行為などが挙げられる。
  3. ^ オーナーが業務不可能、あるいは不在になった場合、フランチャイザー社員によって店舗閉鎖手続が代行されることも見られる。
  4. ^ 優れた立地の場所だと、撤退した跡地に競合する他チェーンのコンビニ店舗が程無く出店してくる事態も当たり前に起き得るためである。
  5. ^ これと同様の手法はインターネットカフェなどの店舗展開でも用いられている。
  6. ^ 元々、ファミリーマートは西武鉄道から分派した西武流通グループ→(西武)セゾングループ(さらに具体的には西武百貨店)傘下だった。現在西武鉄道との結びつきとしては、セブン&アイ・ホールディングス(さらに具体的にはそごう・西武)傘下にあるセブン-イレブンが強い。
  7. ^ 2012年夏から2017年春までは、北部地域はローソンとの提携関係にあるポプラ、南部はファミマとフランチャイジーの関係を結んでいたが、契約満了に伴い提携終了となった。
  8. ^ 例えば電気設備の点検などでブレーカーを遮断するとレジやストアコンピュータが停止し営業ができなくなる。この場合、あらかじめ営業を一時休止する必要がある。
  9. ^ 青森県大鰐町に有った「ミニストップ」大鰐鯖石店閉店後、同じ建物に「サンクス」大鰐鯖石店が入ったケースなど。
  10. ^ ローソンなど店舗内に設置しているものも存在する。
  11. ^ ただし、深夜帯の方が人件費は高いものの、原油価格が高騰した場合などには、都市部などを中心に、渋滞や混雑した道路を低速・長時間走行する昼間の方が燃料などでより多くの物流コストを要することになる地区も存在している様である。埼玉県:コンビニ深夜営業自粛へ[リンク切れ]
  12. ^ 従って休業・休校日には営業休止となるものもある
  13. ^ 店員が売れ残りの一部を食べる場合もあるが、セブン-イレブンなどほとんどのチェーンでは内引きの誘因になるなどといった理由から禁止されている。
  14. ^ つまり、店舗所在の地域では一定の需要が確実にあるが、全国・全県レベルで見れば、本部が扱っても割に合わない商品ということである。
  15. ^ 中央競馬関連の予想紙については、販売される範囲が広範であるため、コンビニエンスストア側のシステムで用意されている。
  16. ^ 各種機器のリース料の他、POSシステムなどのアプリケーションのライセンス利用料金などが定期的に発生することがある。
  17. ^ 当然ではあるが、このような再利用の加工を行う場合、原料として使用する廃棄食品と生産される再利用製品の量は概ね比例関係となる。
  18. ^ なおそのココストア自体もファミリーマートに吸収合併されている。
  19. ^ 代表的なものとしてEdySuicaWAONPASMOなどがある。
  20. ^ フランチャイズ契約の違反と同時に、多くの自治体で暴力団排除条例などにも抵触する。
  21. ^ 深夜帯の経費削減も兼ねて、オーナーが自ら夜勤の1人のみで営業する店舗も見られる。また、非常に多岐に亘る日々の業務の他、年に何度も繰り出される企画商品の販売ノルマ達成にも追われ続けて、従業員が精神的・経済的両面で大きな負担を強いられており、これもまた従業員の激しい入れ替わりに拍車を掛ける要因となっている状況もある。
  22. ^ 2015年度の東京都最低賃金は907円であるが、ある品川区のセブンイレブン店舗[どこ?]では、昼1,050円で募集しており、その差は143円(2016年5月現在)
  23. ^ ローソン=ローソンチケット、ファミリーマートのうち、旧ファミリーマート時代から営業している店舗=イープラス(旧チケットセゾン。一時提携解消時期あり 旧am/pmの店舗は過去にCNプレイガイド)、旧サークルKサンクスの店舗=チケットぴあ、セブン-イレブン=セブンチケット=直営、チケットぴあ、CNプレイガイド(過去にイープラス)など
  24. ^ 平均2,300人に1店、なお日本では約3,300人に1店
  25. ^ ただし、2006年FIFAワールドカップドイツ大会開催期間中はその開催地に限り、一部緩和された

出典

  1. ^ 加藤直美『コンビニと日本人 なぜこの国の「文化」となったのか』祥伝社、2012年
  2. ^ 長谷川慶太郎『世界が再び日本を見倣う日』PHP研究所、2017年
  3. ^ a b c 根城泰・平木恭一『図解入門業界研究最新コンビニ業界の動向とカラクリがよーくわかる本 第3版』、38頁
  4. ^ ローソンの歴史”. ローソン. 2017年5月24日閲覧。
  5. ^ コンビニ市場規模10兆円突破 14年度本社調べ 寡占化一段と
  6. ^ サテライト店舗の展開について(2007年8月3日 ローソン)
  7. ^ “JR西日本グループとセブン-イレブン・ジャパンの駅店舗事業における業務提携について” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道株式会社、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット, (2014年3月27日), http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2011/20140414jrw.pdf 2016年9月5日閲覧。 
  8. ^ 2008琉球の変CHANGE 「環境」この一年(Web Site-ステーションQ ニュース-気象情報)[リンク切れ]琉球朝日放送 2008年12月25日)
  9. ^ [1]
  10. ^ 「ノドが渇いた」と缶ビール片手に運転Response. 2007年4月10日)
  11. ^ コンビニでビール3本を購入、その場で飲んで運転 Response. 2009年5月13日
  12. ^ 飲酒運転 懲戒処分事例の分析 ASK(特定非営利活動法人 アルコール薬物問題全国市民協会)飲酒運転対策特別委員会 2007年11月26日
  13. ^ 危険な「コンビニワープ」 車が斜行、ぼうぜんとする歩行者”. 西日本新聞 (2018年10月7日). 2018年11月19日閲覧。
  14. ^ 富田林署逃走事件、大迷惑だったテレビクルーの大追跡”. NEWSポストセブン (2018年8月19日). 2018年8月19日閲覧。
  15. ^ 一方で、一時期はコンビニの出入り口周辺に屯する素行不良の若者が多く発生して社会問題になっていた。
  16. ^ コンビニエンスストア・セーフティステーション(SS)活動-まちの安全・安心な生活拠点づくり-全国展開アンケート結果報告 (PDF) [リンク切れ](2006.7 日本フランチャイズチェーン協会)
  17. ^ SS広場 - 日本フランチャイズチェーン
  18. ^ 「コンビニ深夜営業はいらない」 朝日新聞調査に業界反発”. J-CAST2008年1月14日付. 2008年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月16日閲覧。
  19. ^ ゲンダイネット「いい加減にしろ“エコ”!コンビニの深夜営業まで規制の愚」[リンク切れ]
  20. ^ 鷲巣力 『公共空間としてのコンビニ 進化するシステム24時間365日』 朝日新聞出版朝日選書 847〉、東京、2008年10月25日、46-54頁(日本語)。ISBN 978-4-02-259947-6
  21. ^ 2019年2月22日中日新聞朝刊1面
  22. ^ 2019年2月28日中日新聞朝刊31面
  23. ^ 2019年2月22日中日新聞朝刊1面
  24. ^ 2019年2月22日中日新聞朝刊1面
  25. ^ 「コンビニにエロ本」は日本だけ!? 外圧で変化する我が国のヌードカルチャー
  26. ^ コンビニの成人向け雑誌の撤去は「日本社会の変化を象徴」「ビジネス判断も」海外・英字メディアの反応は?
  27. ^ NPOさなぎ達とローソンが「横浜型もったいない運動」 ヨコハマ経済新聞 2006年6月18日
  28. ^ 大手コンビニ、期限切れ弁当を飼料に 産経新聞 2006年11月28日
  29. ^ リサイクル弁当、ホームレス支援…数字に表れない自給率[リンク切れ]産経新聞 2009年5月18日)
  30. ^ 日経新聞 2003年7月13日
  31. ^ http://www.nihon-zassi.co.jp/02books.html
  32. ^ 15歳にたばこ販売、コンビニ店員に逆転無罪 高松高裁[リンク切れ]
  33. ^ コンビニでも値下げ、セブン-イレブン31品目[リンク切れ](朝日新聞 2009年4月3日)
  34. ^ セブンイレブンの例
  35. ^ セブン-イレブン店舗オーナーがコンビニフランチャイズの実態を暴露 「契約に無いことが次から次と起こる」 外国特派員協会で会見 2014年8月7日
  36. ^ 「抗議の電話を」セブンイレブン本部に解約通知された増田敏郎さん2016年2月23日
  37. ^ コンビニ店主「見切り販売」の動き 販売期限前に値引き
  38. ^ 【セブン-イレブン】廃棄ロス原価の15%を本部が負担、新たな加盟店支援策2016年2月23日
  39. ^ マスコミタブー!?日経新聞が報道しなかったセブン‐イレブンの敗訴判決
  40. ^ 最高裁でセブン-イレブンの「違法」確定――見切り販売の妨害で敗訴
  41. ^ a b 年齢確認ボタンに腹立て63歳レジ壊す 2013年1月26日
  42. ^ ファミマ店長「過労で脚立から落ち死亡」 遺族が提訴朝日新聞デジタル2015年6月5日[リンク切れ]
  43. ^ 経営サポート体制
  44. ^ セブン・イレブンの例
  45. ^ ローソンの例
  46. ^ クローズアップ2009:公取委排除命令 揺らぐコンビニ商習慣[リンク切れ]毎日新聞 2009年6月23日)
  47. ^ セブン-イレブン、公取委調査 コンビニ事業モデル打撃も[リンク切れ]フジサンケイ ビジネスアイ 2009年2月21日)
  48. ^ 株式会社セブンーイレブン・ジャパンに対する排除措置命令について[リンク切れ](2009年6月22日)
  49. ^ コンビニ店主「見切り販売」の動き 販売期限前に値引きasahi.com 2009年5月6日)
  50. ^ セブン-イレブンの「値引き制限」「競争に勝てない」と店側反発J-CAST 2009年5月29日)
  51. ^ a b c d e f 井田泰人 (2009) "黎明期のコンビニエンス・ストア"生駒経済論叢(近畿大学経済学会). 7(1):383-401.(391ページより)
  52. ^ 阿部幸男 『日本で伸びるコンビニエンスストア』 日本食糧新聞社、1972年、57頁。
  53. ^ 【BUSINESS REPORT】日本に初めて登場したのは1973年。コンビニ急成長の歴史をたどる”. アットダイム(エキサイトニュース). p. 2 (2014年11月25日). 2017年10月14日閲覧。
  54. ^ プロジェクトXの第027回「日米逆転!コンビニエンスストアーを作った素人たち」の放映より
  55. ^ 沿革 企業情報 セブン‐イレブン・ジャパン
  56. ^ 朝日新聞 2009年1月20日朝刊第1面
  57. ^ コンビニ、百貨店抜く…08年、売上高6.7%増 ZAKZAK 2009年1月21日
  58. ^ a b c d 好調コンビニ業界に起きる変化。ローソン、am/pm買収で変わる勢力図(1) / 2 / 3(日経トレンディネット 2009年5月12日)
  59. ^ a b c シーアンドエスと住友商事、資本提携交渉[リンク切れ](日経BPネット 2003年6月3日)
  60. ^ 業績好調の商社って、どうやって儲けてるの?[リンク切れ]R25 2005年10月13日)
  61. ^ 電子マネー詐欺が急増 前年比28倍、若年層も被害
  62. ^ 2011年1月27日の朝日新聞朝刊15面
  63. ^ 『買い物弱者対策 過疎地コンビニ開店』(毎日新聞 2011年11月9日 朝刊12面)
  64. ^ コンビニエンスストア|防犯泥棒大百科
  65. ^ コンビニ制服で来店…社員装い現金盗む 容疑の会社員を逮捕/小川署[リンク切れ]
  66. ^ 購入後、「必要なくなった」と偽物返品 偽造収入印紙で被害相次ぐ
  67. ^ 「コンビニのアイスケースに入ってみた」写真炎上でローソンが謝罪 問題の男性は解雇、当該店もFC契約解約へ
  68. ^ ローソン店員がPontaカード不正使用かTwitterユーザーが告発
  69. ^ ナンパ目的?セブン-イレブン店員が客のnanacoカードで個人情報盗み見か
  70. ^ 箱開けたら食べかけクリスマスケーキ セブン-イレブン、店員の私物売る
  71. ^ https://togetter.com/li/1167555
  72. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/14165974/
  73. ^ https://www.j-cast.com/2018/03/07323014.html?p=all
  74. ^ コンビニ2社、料金収納代行が物販上回る?[リンク切れ]読売新聞 2007年5月2日)
  75. ^ 売上金入金サービス(セブン銀行)
  76. ^ 入金専用カードサービス(みずほ銀行)
  77. ^ ATM入金専用カードサービス(三菱UFJ銀行)
  78. ^ カード入金サービス(三井住友銀行)
  79. ^ コンビニ店長に小銭投げつけ「拾えや」ソーセージ1本に箸をいくつも要求容疑の21歳男ら4人逮捕
  80. ^ 元交際相手の男を逮捕 コンビニで元恋人を刺殺直後、現場で自分の腹を刺して治療中
  81. ^ a b c 過労死 ファミマが認め和解 月200時間超残業 毎日新聞 2016年12月30日
  82. ^ 「代わり見つけなければ罰金」 セブン「独自ルール」に浮かぶコンビニ求人地獄
  83. ^ J-CASTニュース - 恵方巻ノルマに今年も「助けて!」 コンビニ「自爆営業」はナゼ消えないのか 2017/1/27 19:42
  84. ^ コンビニ 地域密着に壁 年中無休、高い経営指導料[リンク切れ]東京新聞 2012年11月13日 朝刊)
  85. ^ VIET JO - ベトナムのコンビニ市場、2021年まで年平均+37.4%成長の予想 2017/04/28 06:20 JST配信
  86. ^ コンビニが今年250店増加 競争激化へ=韓国(聯合ニュース 2013年4月23日)
  87. ^ 2[リンク切れ]
  88. ^ インドネシアの代表的なコンビニ大手4ブランド紹介 - Walkersインドネシア
  89. ^ コンビニ、タイで攻勢、ローソン参入、ファミマ店舗4倍弱に、セブンイレブン追撃(日本経済新聞・2013年3月18日)
  90. ^ 川邉, 信雄 (2012). “日系コンビニエンス・ストアのグローバル戦略:2005年以降のアジア展開を中心に”. 経営論集 22 (1): 1-23. http://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/001-023%EF%BC%88%E5%B7%9D%E9%82%89%EF%BC%89.pdf 2015年8月9日閲覧。. 
  91. ^ パリ産業情報センター 舛田崇 (2013年12月10日), 一般調査報告書 フランスにおける小売業の日曜・夜間営業の状況 



コンビニ

出典:『Wiktionary』 (2009/03/16 20:41 UTC 版)

略語

コンビニ

  1. コンビニエンスストア」 の



コンビニと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンビニ」の関連用語

コンビニのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンビニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンビニエンスストア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンビニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS