忠誠心とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 忠誠心の意味・解説 

忠誠心


忠誠心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 15:44 UTC 版)

俺の屍を越えてゆけ」の記事における「忠誠心」の解説

忠誠心は通常100であるが、「提案した戦術ことごとく隊長無視される」「健康度万全なのに討伐に参加させてもらえない」「呪われた装備をしている」などの理由で少しずつ減少していく(ただし後者ある程度年齢になると気にしなくなる)。忠誠心が低いキャラは、お金アイテムを持って突然「家出」することがある家出したキャラ二度と戻ってこない)。したがって、忠誠心が低くなった場合には、「出撃隊の隊長任命する」「提案した戦術採用する」「交神する」「名品珍品授与する」などで忠誠心を上げなければならない

※この「忠誠心」の解説は、「俺の屍を越えてゆけ」の解説の一部です。
「忠誠心」を含む「俺の屍を越えてゆけ」の記事については、「俺の屍を越えてゆけ」の概要を参照ください。


忠誠心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 19:27 UTC 版)

Civilization VI: 文明の興亡」の記事における「忠誠心」の解説

先述した通り市民の忠誠心は黄金時代になれば上がり暗黒時代陥れ下がる。忠誠心を上げるには市民幸福度保ち総督就任させる必要がある都市の周囲の環境によっても忠誠心が左右される市民幸福度下がったり或いは都市極端に他の文明国境と近い状況にある場合都市は忠誠心を失い独立し自由都市になり、全ての文明敵対することになる。その為NPCを含む各プレイヤー自由都市武力侵攻が可能となり、都市占拠し自国勢力下に置くことが可能である。また近隣影響力与え文明がある場合、その文明勢力下に入ることもある (各プレイヤーはその自由都市受け入れかどうか選択可能)。

※この「忠誠心」の解説は、「Civilization VI: 文明の興亡」の解説の一部です。
「忠誠心」を含む「Civilization VI: 文明の興亡」の記事については、「Civilization VI: 文明の興亡」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「忠誠心」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「忠誠心」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忠誠心」の関連用語

忠誠心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



忠誠心のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの俺の屍を越えてゆけ (改訂履歴)、Civilization VI: 文明の興亡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS