社会構造とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 構造 > 社会構造の意味・解説 

しゃかい‐こうぞう〔シヤクワイコウザウ〕【社会構造】

読み方:しゃかいこうぞう

ある社会における人々相互関係相互作用形態態様枠組社会における制度組織総称


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 06:59 UTC 版)

社会構造(しゃかいこうぞう)とは社会学用語の一つ。社会においての人々の相互関係や相互作用の形態であったり、社会において定められている制度組織などといった事柄のことを言う。構造という語はもともとは地質建物といった有形物の仕組みを表す語であり、一度できたならば長期間にわたって存続するようなものを表す語であるから、これを社会の形態として表すならば比喩的用法ということになり抽象度が高いということになる。




「社会構造」の続きの解説一覧

社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 09:35 UTC 版)

ナスル朝」の記事における「社会構造」の解説

ナスル朝以前の、ムラービト朝ムワッヒド朝では、その建国理念半島キリスト教勢力に対するイスラーム共同体防衛であったそのため、ナスル朝にいたるまでの間にムスリム改宗流出進んだ。さらに、ナスル朝イベリア半島における最後のイスラーム王朝となったため、キリスト教徒支配地域からの大量のムスリム住民流入しわずかのユダヤ教徒貿易関係外国人除き住民はほぼムスリムという社会となった流入した住民には、知識人手工業者含まれこれによりナスル朝人的資源が豊富となり、経済発展軍事力強化基礎となったまた、カスティーリャ王国政争敗れナスル朝亡命しキリスト教から改宗するという場合があった。逆にナスル朝内部で失脚してカスティーリャ王国亡命しキリスト教改宗する者もいた。

※この「社会構造」の解説は、「ナスル朝」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「ナスル朝」の記事については、「ナスル朝」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 02:35 UTC 版)

オランダ黄金時代」の記事における「社会構造」の解説

17世紀オランダでは、社会的なステータスは主に収入によって決められていた。 貴族ほとんどは開発中内陸部の州に住んでいたため、土地貴族制比較重要ではなく、オランダ社会支配していたのは都市の商人階級であった聖職者は、カトリックプロテスタント双方とも世俗的な影響あまりなかった。ローマカトリック教会は、スペインとの八十年戦争開始以来多かれ少なかれ抑圧されていた。新興のプロテスタントの動向は、カトリック教会下のエリアよりもより広大なエリア社会的に支配していたとはいえばらばらであった。 貴族社会的ステータス無いと言っているのではない。その反対に豪商地主になったり紋章家紋得たりすることによって、自身高潔さ持ち込んでいた。貴族財政的な理由で多くの階層交わっており、彼らは自分の娘を豪商嫁がせて、自身商人となったり、官公庁や軍の事務所引き受けたりしていた。商人も、官公庁より大きな経済力特権の手段として評価し始めていた。大学は、官庁に入るための履歴学歴となっていた。裕福な商人貴族は、息子ヨーロッパへいわゆるグランドツアー送り出していた。しばしば、家庭教師科学者であればお好ましい)を同伴させ、若い彼らは多くのヨーロッパの国の大学訪問したこの上階級貴族相互の交わりが、17世紀後半に特に目立った階層的には、貴族上流階級次がプロテスタントの聖職者法律家物理学者小規模商人実業家国家機関事務員などから成る裕福な中産階級であった低層レベル人々としては、農家職人熟練工店主政府機関官僚などであった。更に下層には、熟練労働者メイド給仕船員その他のサービス業従事者などであったピラミッド構造最下層は「paupers」で、貧農であり、彼らの多くは、都市において物乞いまたは日雇い労働者として、その運を天に任せていた。 社会的ステータス定義する上で富が重要であったため、階層間の分離それほど決定的なものではなく他の地域に比べて、社会的な流動性がずっと大きかった人間性重要な美徳であると説いているカルビニズム思想も、社会的差異重要性減少させる傾向があった。これらの傾向は、引き継がれており、近代オランダ社会は、世俗化しているとはいえ多くの人に、かなり平等主義社会であると考えられている。他のヨーロッパ諸国よりも収入不平等性は小さいものの、港湾労働者あばら家1部屋と、アムステルダム大商人邸宅違いは、コメントの必要もないほどかなり明確であった労働者作業員は、一般的に多くのヨーロッパ諸国よりも多い賃金もらっていて、税金高かったとはいえ比較的生活の水準高かった農家は、主に市民船員支え換金作物を売ることで、栄えていた。

※この「社会構造」の解説は、「オランダ黄金時代」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「オランダ黄金時代」の記事については、「オランダ黄金時代」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 22:42 UTC 版)

アイスランド共和国 (中世)」の記事における「社会構造」の解説

最初の入植者は祖国ノルウェーを基にした地域法的集会「Þing」を創った各地首長は「ゴジ(複数形は(goðar)」と呼ばれゴジ役所goðorðと呼ばれたGoðorðは厳格な地理的境界持たず自由民複数ゴジから支援する者を選べた。支援者は「Þingmenn」(集会の人々)と呼ばれたゴジはÞingmennの利益守り、Þingmennは紛争際にゴジ助太刀した。Þingmennは地域や国の集会への参加求められた地域レベルでは13の地区ゴジ達が毎春集まり紛争調停したゴジ地域首長として国会に当たるアルシングにも参加した今日ではアルシング現存する世界最古議会制度となった第二世代のÞorsteinn Ingólfssonがキャラルネス(英語版)で行ったものが最古である。キャラルネス議会指導者達はÚlfljótrノルウェー法を学ぶ事を命じた彼はノルウェー3年学び後にアイスランド国会の元になるÚlfljótr法を創った。その一部植民の書残っている930年頃にシンクヴェトリル(集会平野)で初のアルシング開催された。毎年6月2週間の間、島中から人集まり議会を行う。アルシングは法を司る組織のLögrétta中心に行われた。Lögrétta39人のゴジとその相談役からなり3年毎に法官(lögsögumaður)を1人選出する法官シングヴェトリル中心部法律の岩の上で、法を暗唱明確化した。最初の入植者であるインゴールヴル・アルナルソンの子孫は、毎年アルシング清めの儀式を行う。 アイスランド4つ行政区画(fjörðungar)に分かれそれぞれ9人のゴジ治めたアルシング4部議会('fjórðungsdómur)から成り、各ゴジ指名する36人裁判員から成るアルシング地方議会優越し圧倒的多数(36人31人以上)が賛成しなければ廃案になった1005年設置され控訴審に当たる第5議会過半数賛成採決となり、この問題は解決された。ただしアルシング裁き下して罰を与える機関無く被害者側が執行代行する責任負った。 罰には金銭的賠償市民権の剥奪有った。しかしこれらは不十分と考えられており、紛争穏やかに止めるにはアルシング唯一の手段だった。マグヌス・マグヌッソン(英語版)によると、裁判所は「復讐不安な代替」だった。最も重い罰は市民権の剥奪3年流罪だった。 1117年アイスランド法律グレイ・グース法(英語版)として明文化された。 中世アイスランド政府仕組みは主に明文法とÍslendingabók(アイスランド人学者アリの本)から判明している。入植者に法が与えた影響は、アイスランドサガ英語版)の主要テーマである。ニャルス・サガ(英語版)やラクスダラ・サガ(英語版)は詳しく書かれているが、正確性には議論有る。エイルビッギャ・サガ(英語版)には、スノッリ・ゴジ(英語版)の指示アイスランド人自然崇拝からキリスト教改宗していく様子記されている。 11世紀12世紀には、首長領地農民大きく依存し権力縮小していた。 1190年頃には、地域首長弱体化し中央集権化進んでいった。 1220年頃には、1012人の首長による緩い連邦国家になっていた。貧農困窮していたにも関わらず一度も反乱起こさなかった。 入植開始から12世紀まで奴隷制存続した。窃盗犯負債返済不能者は法的に奴隷落とされた。奴隷結婚や子供を持つ事が出来た事が、その階級存続させた。12世紀後半には奴隷減少し15世紀には極めて珍しくなっていた。

※この「社会構造」の解説は、「アイスランド共和国 (中世)」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「アイスランド共和国 (中世)」の記事については、「アイスランド共和国 (中世)」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/05 01:40 UTC 版)

マルベリー・ストリート (マンハッタン)」の記事における「社会構造」の解説

ニューヨーク・タイムズ1896年5月リトル・イタリー/マルベリー周辺特徴づけるために記者団送り込み、以下の文の掲載された記事作成した。 彼らは労働者で、手動作業すべての等級トイレ作業している。彼らは職人であり、彼らは廃品回収業者であり、そしてここにもまた屑拾い住んでいる。...イタリア人モンスターコロニーがあり、彼らはラテン系商業または商店コミュニティ呼ばれるかもしれない。ここにはあらゆる種類の店、年金食料品果物屋仕立て屋靴屋ワイン商人輸入業者楽器製造業者があり、公証人弁護士医師薬局葬儀業者がいる。...都市のドイツ人を除く他のどの外国人よりもイタリア人中に多くの銀行家がいる。(They are laborers; toilers in all grades of manual work; they are artisans, they are junkman, and here, too, dwell the rag pickers....There is a monster colony of Italians who might be termed the commercial or shop keeping community of the Latins. Here are all sorts of stores, pensions, groceries, fruit emporiums, tailors, shoemakers, wine merchants, importers, musical instrument makers....There are notaries, lawyers, doctors, apothecaries, undertakers.... There are more bankers among the Italians than among any other foreigners except the Germans in the city.) マルベリー・ストリートで子供眠っている1890年撮影 マルベリー・ストリートに出店された果物の店 マルベリー・ストリートで太極拳練習をする人たち マルベリー・ストリートで開催されるリトル・イタリーお祭り

※この「社会構造」の解説は、「マルベリー・ストリート (マンハッタン)」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「マルベリー・ストリート (マンハッタン)」の記事については、「マルベリー・ストリート (マンハッタン)」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 04:44 UTC 版)

小松裕 (政治家)」の記事における「社会構造」の解説

女性の活躍支え仕組み充実を行うべきだとしている。

※この「社会構造」の解説は、「小松裕 (政治家)」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「小松裕 (政治家)」の記事については、「小松裕 (政治家)」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 13:53 UTC 版)

クリプトン人」の記事における「社会構造」の解説

クリプトン人社会では芸術科学軍事神学価値を置き、住人評議会によって以下の5つギルド明確に分けられるクリプトン歴史の中で科学者横暴大戦などを経てクローン技術「ジェステーション・チェンバー(Kryptonian Gestation Chambers)」で生命人為的に管理する法律設立された。 軍事 科学 芸術 宗教 労働

※この「社会構造」の解説は、「クリプトン人」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「クリプトン人」の記事については、「クリプトン人」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:37 UTC 版)

パース (西オーストラリア州)」の記事における「社会構造」の解説

パースインド洋間にある西部の郊外には最富裕層住宅街があり、観光者惹きつけるランドマークになりつつある。中心部から南北離れた郊外は「住宅ローンベルト」と呼ばれる低・中級住宅街である。連邦政府州政府選挙の時、世論に関して報道でここの住人取り上げられる

※この「社会構造」の解説は、「パース (西オーストラリア州)」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「パース (西オーストラリア州)」の記事については、「パース (西オーストラリア州)」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:05 UTC 版)

中世後期のスコットランド」の記事における「社会構造」の解説

中世後期にはスコットランドの社会構造の地位違いを表すために使われる用語がスコッツ語によって次第支配されるようになったので、イングランド使われる用語と平行するようになり始めたこのような地位に対する意識は、軍や、1430年からは奢侈禁止令en:sumptuaryに反映されるようになり、後者様々な地位に応じて維持されるべき武器や防具種類や、着られる服の種類規定した。王の下に少数の公(英:duke たいていは王のごく近親の子孫)と伯(earl)がおり、彼らが上位有力者形成した。彼らの下にバロン(男爵ではなく王の直接家臣である)と、1440年代以降は同様の役割ロード・オブ・パーラメント(Lord of Parliament)が果たした。彼らはパーラメント出席するために地位もとづいて与えられた権利を持つ最下層貴族である。この時を通じてスコットランドには40から60このような人たちがいた。このような高貴な階層人々は、特に軍事や行政の奉仕を王に対して行使する人々は、騎士地位叙任される権利有したかもしれない。彼らの下にはレード(en:laird)がおり、おおむねイングランドジェントリ(gentleman)に対応する存在であった。ほとんどが、土地軍事義務の点で上位有力者に対して奉仕し、約半数が姓や血族的な縁故を彼らと共有したスコットランドにおいて奴隷制14世紀なくなったが、バロン上が持つ領主裁判権を通じて土地領主臣下に対する大きな支配権行使し続けた領主とレードの下に様々な定義しい集団がいた。「ボンネット・レード bonnet laird」と呼ばれることもあるヨーマン(en:yeomen)は、しばしば大規模な土地有した。彼らの下にはハズバンドマン(hasbandman)、さらに、より小規模土地保有者や自由小作人がおり、彼らが労働人口多数形成したバラ内の社会裕福な商人によって指導され、彼らはしばしばその地のバージェス(burgess)、オールダーマン(alderman)、ベイリー(bailie)といった役職や、参事会構成員としての職を保持した。彼らのような少数成功した商人は彼らの奉仕に対して王によって騎士叙されたが、土地有する騎士同列置かれることのなかったこのような都市騎士例外であったようだ。彼らの下に職人労働者がおり、彼らが都市人口大多数占めていた。

※この「社会構造」の解説は、「中世後期のスコットランド」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「中世後期のスコットランド」の記事については、「中世後期のスコットランド」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/01 04:47 UTC 版)

ゴゴ族」の記事における「社会構造」の解説

ゴゴ族氏族は古い集団と新しい家族儀式を通して上手く合わせる事で塩梅良く回っていた。ゴゴ族端的に言えばかつての姿とは異なっている。初期のヨーロッパ人書記ゴゴ族政治首長を、沿岸部習慣スルタン呼び水や食料少な中でホンゴ」と呼ばれる重い税金によって集めた収集物や、国全体影響を及ぼす本物宗教指導者であると強調した。彼らは豊作操り自然災害対策作り特定資源過剰利用防いだ。彼らは自分の「国」を離れず、牛によって豊かになり、割礼成人儀式決め全ての葬儀超自然的な保護与え殺人呪い告発重大な攻撃仲介をした。ゴゴ族近所関係重点置いた男性は体が基準達すると、旅人安全に目的地まで何kmにも渡って送り届けたゴゴ族社会にとって農場集団はとても基本的である。農場集団属さない人が奇妙な死に方をすると(による感電死伝染病等)、死体は叢やバオバブの幹に入れられ呪術師魔法使い影響を与える悪霊ならないようにした。

※この「社会構造」の解説は、「ゴゴ族」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「ゴゴ族」の記事については、「ゴゴ族」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 06:54 UTC 版)

ニホンザル」の記事における「社会構造」の解説

以前は強力な統率力をもつボスザルとそれを取巻くメス幼獣中心として、他のオス周辺部位置し中心部入ること許されないという「同心円二重構造」として群れの社会構造が説明されていた。なお、「ボスザル」という呼称後にリーダー」などと呼び変えられたニホンザル社会の仕組みについては、以下のようなものと考えられていた。 群れ構成するのは成体オスとメス、および幼獣若者である。群れ入らない離れザルがあるが、これは若いか成体オスがほとんどである。 群れ個体すべての個体間で力の強弱による順位決まっており、全体として直線的な順位制を持っている。順位が高いものに対しては尻を向け、上位者その後ろから乗りかかるマウンティング」という行動があり、これによって順位確かめられると同時に争い回避される。順位離れるほどこの行動おこなわれなくなる。 単なる順位制でなく、階級があって、それぞれに群れの中で位置決まっているリーダー大人オスの1 - 数頭で群れ中央に位置し、その周囲メス幼獣その外に若者オス位置するリーダー外敵から群れ守りまた、群れ内部で争い介入して仲裁する。 雄は幼い間メスと共に群れ中央にいるが、若者になると群れ外側に出て一部離れザルとして群れを去る。 若者オス群れの中で順位上がる次第リーダー的な行動を取るようになり、サブリーダーボス見習いとも)となるが、ボスとなって群れ中央に入るにはメスグループの了承を必要とするメス終世群れ中央にいる。順位はあるが、はっきりとした階級はない。 しかし、伊沢紘生らによる白山にすむ野生群などの研究ではボスザル存在認められず、群れは「仲間意識」によって支えられ集団であるとしている。群れ内にボス」や「決まった順位」があると見えるのは、人間による餌付け決められた場所、時間、量のサツマイモ大豆などの給餌による飼いならし)という餌の独り占め現れやすい特殊な状態下だからだ、という見解である。また「順位制」という「制度的なものサル社会あるかのような表現再考されるべきであるとしている。 なお、欧米諸国ではサル類が生息しないため、いわゆる先進諸国野生のサルが国内に生息する日本ニホンザル特別視されてきた。ニホンザルのことを英語で Snow Monkey と呼ぶのは、サル熱帯の動物考えられていたためである

※この「社会構造」の解説は、「ニホンザル」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「ニホンザル」の記事については、「ニホンザル」の概要を参照ください。


社会構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:45 UTC 版)

社会」の記事における「社会構造」の解説

現代社会では構成員利害調整することにより秩序維持して生活を円滑に行えるように様々な制度定められている。人間の権利行為には、一般に政治生み出すに基づいて様々な制限が加えられている。近年社会認知され人間生まれながらに持つとされる自由な人権に対し社会的にどこまで制限を加えることが可能か常に議論対象となっており、制度基づ義務は、大きな負担となってきている。 人間自発的な行為には常に責任が伴うとされているが、法律罰則なければ社会的に罰すること困難であるその一方で、我々が共存している地球許容にも限界があり、現代社会抱え全ての社会問題には私達自身解決する責務があると考えられている。

※この「社会構造」の解説は、「社会」の解説の一部です。
「社会構造」を含む「社会」の記事については、「社会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「社会構造」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「社会構造」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



社会構造と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会構造」の関連用語

社会構造のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会構造のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナスル朝 (改訂履歴)、オランダ黄金時代 (改訂履歴)、アイスランド共和国 (中世) (改訂履歴)、マルベリー・ストリート (マンハッタン) (改訂履歴)、小松裕 (政治家) (改訂履歴)、クリプトン人 (改訂履歴)、パース (西オーストラリア州) (改訂履歴)、中世後期のスコットランド (改訂履歴)、ゴゴ族 (改訂履歴)、ニホンザル (改訂履歴)、社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS