世襲とは? わかりやすく解説

せい‐しゅう〔‐シフ〕【世襲】

読み方:せいしゅう

[名](スル)せしゅう(世襲)」に同じ。

門閥を以て職務を—し」〈新聞雑誌四〉


せ‐しゅう〔‐シフ〕【世襲】

読み方:せしゅう

[名](スル)身分財産職業などを、嫡系の子孫代々受け継いでいくこと。せいしゅう。「爵位を—する」「—制度


世襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/03 23:53 UTC 版)

世襲せしゅうとは、特定の地位官位爵位など)や職業財産等を、子孫代々承継することである。


  1. ^ 大日本帝国時代の歴代内閣総理大臣で、平民家系といえる者は清浦奎吾濱口雄幸広田弘毅の3名であり、出自によって爵位を得たのは西園寺公望近衛文麿の二名、皇族の東久邇宮稔彦王。他は政治的特権を持たない士族家系の出身者であり、多くは下級藩士の家系であるが、自らの功績によって華族に列した者も含まれる
  2. ^ 浄瑠璃のみ世襲はない
  3. ^ 梅棹忠夫 『日本とは何か-近代日本文明の形成と発展』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1986年、92頁。 
  4. ^ 金子拓 『中世武家政権と政治秩序』吉川弘文館、1998年、88頁。ISBN 978-4-642-72769-3 
  5. ^ 横綱二代目貴乃花三代目若乃花大関栃東など
  6. ^ たとえば1970年から1985年までのNWA世界ヘビー級王座在位者で身内にレスラーがいないのは2~3名に過ぎない


「世襲」の続きの解説一覧

世襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:05 UTC 版)

7〜モールモースの騎兵隊〜」の記事における「世襲」の解説

子孫代々受け継ぐ方法隊長の職は初代隊長家系によって世襲され募集斡旋によって入ったキャラクターの子孫が隊長になることはない隊長家系の子5歳になると命名が行われ、15歳になると自動的に入隊する隊長家系の子はじめからステータスが高い状態で成長期がなく、また養育者として選んだ功労者”と同じ職種になる。

※この「世襲」の解説は、「7〜モールモースの騎兵隊〜」の解説の一部です。
「世襲」を含む「7〜モールモースの騎兵隊〜」の記事については、「7〜モールモースの騎兵隊〜」の概要を参照ください。


世襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 05:15 UTC 版)

チュラチョームクラーオ勲章」の記事における「世襲」の解説

チュラチョームクラオ勲章男系世襲するものとなっており、受勲された人物の長男あるいは、長男が「不適切」な場合にはその次男受け継ぎ、孫の代まで世襲できる。ただし、世襲できるの勲二等以上を下賜された家のみで、また、子の代では勲三等コンパニオン、孫の代ではジュニア・コンパニオンと順に下っていくものとなっている。

※この「世襲」の解説は、「チュラチョームクラーオ勲章」の解説の一部です。
「世襲」を含む「チュラチョームクラーオ勲章」の記事については、「チュラチョームクラーオ勲章」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世襲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世襲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世襲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世襲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世襲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの7〜モールモースの騎兵隊〜 (改訂履歴)、チュラチョームクラーオ勲章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS