プロレスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > プロレスの意味・解説 

プロ‐レス


プロレス【ProRes】

読み方:ぷろれす

アップルプロレス

「プロレス」に似た言葉

プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 17:31 UTC 版)

プロレスen:PuroresuPro Wrestlingの略称)は、リングで観客へ見せることを目的とした攻防を展開している格闘技を基本としたスポーツパフォーマンスアートエンターテインメントもしくは、その試合を複数展開することにより開催されている興行のことである。正式名称はプロフェッショナルレスリングProfessional wrestling[1]興行レスリング職業レスリングとも呼ばれている[2][3][4][5]。古くは西洋相撲角力)と呼ばれていた[6]アメリカなどではレスリングとも呼ばれている。メキシコではルチャリブレ[7]ヨーロッパではキャッチ・アズ・キャッチ・キャンと呼ばれている。


  1. ^ プロレスの意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2019年7月10日閲覧。
  2. ^ 松村明『大辞林』三省堂
  3. ^ 松村明『大辞泉』小学館
  4. ^ 新村出『広辞苑 第三版』岩波書店(1987年)
  5. ^ イミダス編集部『imidas現代人のカタカナ語』集英社(2006年)
  6. ^ ベースボールマガジン社刊「日本プロレス全史―1854年-2013年の闘いの記録」ベースボールマガジン社編著
  7. ^ a b c 誠文堂新光社刊「プロレス語辞典」榎本タイキ著
  8. ^ 岡村正史「プロレスという文化」(2018年)ミネルヴァ書房 21頁
  9. ^ なお、プロレス評論家の流智美によると「『ラスリン』は侮蔑的用語」「知ったような顔で得意げに『ラスリン』と口にしてプロレスラーに殴られた人間が何人もいる」という。
  10. ^ ハロルド・ジョージ・メイ・新日本プロレス社長に聞く「新たなビジネスモデルの可能性」 - 経済界ウェブ・2020年10月13日
  11. ^ http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/fight090701_1_1.html
  12. ^ 「輝け!日本どインディー大賞2015」開催!【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】”. ぼくらのプロレス (2016年1月21日). 2016年8月22日閲覧。
  13. ^ a b c d 『ザ・ストロングスタイル』タッチダウン、日本 (原著1982-9-10)、106 - 107頁。"日本プロレスリング・コミッション認定プロレスリング競技規約"。 
  14. ^ 早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科修士論文「プロレスの社会学的考察――『スポーツと文明化/興奮の探求』より――」斉藤文彦著”. 早稲田大学. 2016年8月22日閲覧。
  15. ^ この場合の6角形リングは単なる目新しさでは無くメキシコにあるルチャリブレ・クラシカという関節技とポイント制によるルールを用いた競技形式のために使われたものである。
  16. ^ 現在でも平成維震軍で一緒だった空手家でもある齋藤彰俊から受注しているとのこと(著書『やってやるって!!』より)。
  17. ^ 『ケーフェイ』新装版 pp.161-162
  18. ^ 『1984年のUWF』(2017年、文藝春秋)217頁
  19. ^ a b c d e f g “意外!? プロレスには185年もの歴史があった”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年8月2日). https://nikkan-spa.jp/904509 2017年4月18日閲覧。 
  20. ^ a b Anon. “Roots and history of Olympic wrestling”. International Federation of Associated Wrestling Styles. FILA. 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月2日閲覧。
  21. ^ Lindaman, Matthew (2000年6月). “Wrestling's Hold on the Western World Before the Great War”. Historian, The 
  22. ^ ベースボールマガジン社刊『プロレスの教科書 "人間風車" ビル・ロビンソン直伝 "蛇の穴"のレスリング キャッチ・アズ・キャッチ・キャン スキルブック (週刊プロレスSPECIAL)』U.W.F.スネークピットジャパン
  23. ^ こうしたカーニバル・レスリングをプロレスの起源とする考えはアメリカでは一般的であり、kayfabe(ケーフェイ)、mark(マーク)、boy(プロレスラー)、bump(受け身)といったプロレスの隠語も、カーニバル・レスリングで用いられた言葉とされるが、日本のプロレス研究家、あるいはマーク向けライターはカーニバル・レスリングをプロレスの起源とすることに否定的である。 日本において翻訳され出版されたルー・テーズの自伝では前述のプロレスの起源に関する記述はなく、これは"at show"の内容が非常に娯楽色が強く、プロレスを真剣勝負として紹介している人たちのビジネスに都合が悪いためと思われるが、真相は不明である。
  24. ^ a b https://www.isshikipub.co.jp/web-book_sports_08sovietrossiya/
  25. ^ Жестокий спорт или дешевое шоу: вся правда о реслинге в России”. FitnessGuide. ЗАО Комсомольская правда (2017年3月16日). 2017年8月1日閲覧。
  26. ^ https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1905/05/05/100485496.pdf
  27. ^ Thesz, Lou. “Chapter 1”. Hooker 
  28. ^ a b Thesz, Lou. Hooker. p. 45 
  29. ^ WrestlingHavoc: Российская Энциклопедия Рестлинга”. wrestlinghavoc.ru. 2017年5月19日閲覧。
  30. ^ 1989 г. Легенда советского спорта С. Хасимиков - 1-ый рестлер из чеченцев. » ИА Чеченинфо”. checheninfo.ru. 2017年4月25日閲覧。
  31. ^ Илья Андреев (2020年1月6日). “В СССР был рестлинг. 30 лет назад люди плакали из-за поражений советских парней”. Спорт Экспресс. 2020年1月7日閲覧。
  32. ^ New Japan Pro Wrestling in the Soviet Union”. www.thewrestlinginsomniac.com. 2017年4月25日閲覧。
  33. ^ WWE® Reports Record Results For Fourth Quarter and Full Year 2018” (英語). corporate.wwe.com. 2020年2月5日閲覧。
  34. ^ WWE Surpasses 60 Million YouTube Subscribers” (英語). WWE. 2020年9月6日閲覧。
  35. ^ WWE's YouTube channel surpasses 40 billion views” (英語). FOX Sports. 2020年9月6日閲覧。
  36. ^ WWE в России - Пресс-релиз”. VSplanet.net - Новости рестлинга. 2017年4月26日閲覧。
  37. ^ Шоу профессионального рестлинга "Northern Storm"”. spb.kassir.ru. 2017年10月3日閲覧。
  38. ^ Участники и карта | Saint Petersburg Comics Convention”. www.comicconspb.ru. 2017年10月3日閲覧。
  39. ^ Кольт Кабана приедет в Санкт-Петербург”. VSplanet.net - Новости рестлинга. 2017年10月3日閲覧。
  40. ^ UEWA”. www.facebook.com. 2017年10月3日閲覧。
  41. ^ Российский промоушн стал частью Европейского Альянса”. VSplanet.net - Новости рестлинга. 2017年10月3日閲覧。
  42. ^ Опасная Зона 100: События с рестлерами NSW ? Northern Storm Wrestling”. nswrestling.ru. 2017年10月3日閲覧。
  43. ^ a b Нижегородский Gorky City Wrestling официально закрывается”. VSplanet.net - Новости рестлинга (2019年12月31日). 2022年4月10日閲覧。
  44. ^ 高木圭介 379:日本国内で「リアルプロレスリング」は可能か? | 高木マニア堂 東京スポーツ(2012年11月2日)
  45. ^ Real Pro Wrestling(サイト運用停止中)
  46. ^ ソラキチ・マツダの謎(1) 力道山時代は知られていなかった?”. 私のプロレス研究ノート (2010年10月13日). 2016年8月22日閲覧。
  47. ^ “明治16年に渡米。日本最古のプロレスラーであるソラキチ・マツダは蒸発した相撲取りだった”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年8月22日). https://nikkan-spa.jp/918933 2017年4月18日閲覧。 
  48. ^ “日本人初のプロレス世界チャンピオンもまた行方不明者だった”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年9月25日). https://nikkan-spa.jp/944874 2017年4月18日閲覧。 
  49. ^ 原作・原案:桜井康雄、作画:竜崎遼児にて、週刊少年ジャンプ1976年(昭和51年)第21~26号にかけて全6話にて連載。
  50. ^ 知っていれば楽しさ倍増!日本のプロレスの歴史を簡単チェック”. 【SPAIA】スパイア (2016年12月16日). 2020年11月15日閲覧。
  51. ^ No.36 スポーツを科学の目で見る (プロレスその2) - Sonar Members Club
  52. ^ 藤波MSGデビューと学生プロレスの起源『マット界の黙示録』 – 週刊ファイト
  53. ^ これがアマチュアだ - 裏庭プロレス通信
  54. ^ インディーの原点はレンジャー松永とブロンコ釣田の名勝負数え唄から - ファイト!ミルホンネット お知らせ、2008年10月27日。
  55. ^ a b FBATL Journal (1) FMWの歴史・1989年暮れ〜1990年(天気読み)
  56. ^ 観戦記35 YMBプロモーション O-CHAN GALLERY、2001年5月7日。
  57. ^ 4・12『ローカルインディの祭典』JWA東海道場マッチ全カード決定 – 週刊ファイト
  58. ^ 持ち逃げ250万円、リーマンショック……DDTプロレス高木大社長の「飲食運営はつらいよ」【レスラーめし】 - メシ通 - ホットペッパー
  59. ^ ベースボール・マガジン社格闘技通信 1995年4月9日号』、59頁。
  60. ^ 屋台村プロレス!!!! - インディーズデザインブランド、D.m.m 、CS,designer、asateru massiveの歪み日記
  61. ^ NPWホームページ NPWの歴史 - NPW
  62. ^ 木谷高明、新日本プロレス(棚橋弘至菅林直樹会長)、全日本プロレス諏訪魔、福田剛紀社長)、プロレスリング・ノア丸藤正道副社長、石黒雅史広報)、DDTプロレスリングHARASHIMA、高橋晃執行役員)、ワールド女子プロレス・ディアナ井上京子代表、不破大志)、スターダム(岩谷麻優、原田克彦社長)、東京女子プロレス(坂崎ユカ甲田哲也代表)
  63. ^ ベースボール・マガジン社「週刊プロレス」2020年5月6日号 No.2026 22-24頁
  64. ^ 英語のMidgetの発音は、日本語のミゼットより、ミジェットと言う方が近い。
  65. ^ ただし「著名」というのはプロレス界的な意味での著名ではなく橋本真也ブルーザー・ブロディの死亡記事が掲載されなかったという事実がある。
  66. ^ スポーツナビ
  67. ^ バトルニュース
  68. ^ リングスターズ
  69. ^ ファイト!ミルホンネット
  70. ^ ぼくらのプロレス
  71. ^ プロレスTIME
  72. ^ 週刊プロレスでコラムを持つ小橋建太など、ゼロではない。
  73. ^ “プロレス・マスコミは日本にしか存在しない仕事――フミ斎藤のプロレス読本#005”. 日刊SPA! (扶桑社). (2017年5月19日). https://nikkan-spa.jp/1332320 2017年5月20日閲覧。 
  74. ^ 岡村正史「プロレスという文化」(2018年)ミネルヴァ書房 214頁
  75. ^ なおギミックはプロレスに限った話ではなく例えばボクシングの「亀田三兄弟」など格闘技においてもギミックと理解出来るユニットが登場している。また叶姉妹のような「兄弟や姉妹を名乗って活動している他人」はプロレスでも「他人同士による兄弟タッグ」として多数の例がある
  76. ^ 【プロレス蔵出し写真館】「ハンセン失神事件」から始まった潰し合い その時、天龍は笑った
  77. ^ 1994年東京ドーム大会でアントニオ猪木と対戦時。ただしその後回復しフォール勝ちを収める
  78. ^ 西花池 湖南, 2017, 猪木は馬場をなぜ潰せなかったのか 80年代プロレス暗闘史, 河出書房新社
  79. ^ 1996年に行われた第1回「メモリアル力道山」IWA格闘志塾の鶴見五郎 vs ザ・マミー戦
  80. ^ グレート草津は「意識はあったけど東郷さんにキープ・アウト(寝てろ)」と言われたと、『悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷』 (岩波新書 新赤版 (982))で草津がインタビューで発言している一方、『別冊宝島179 プロレス名勝負読本』(1993年)ではTBSテレビ局の介入「TBSの力をもってすればプロレスのスター選手は1日で作ることができる」に憤慨し、意識的に急角度で落としたとしている
  81. ^ https://www.excite.co.jp/news/article/E1472906995541/
  82. ^ 『ケーフェイ』新装版 p.131
  83. ^ 小川直也氏 初めて明かす橋本真也さんとの「1・4事変」の裏側「猪木さんに、ちょっと来いと言われて」
  84. ^ 代表的なものとしてハッスルを開催するハッスルエンターテイメントがある。
  85. ^ 代表的なものとして、プロレス団体化前の健介オフィスがある。
  86. ^ 高山善廣高山堂藤田和之の藤田事務所など。
  87. ^ 一例としてセッド・ジニアスUNW
  88. ^ “新日本プロレス3年から5年後上場目指す”. デイリースポーツ. (2015年7月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/07/18/0008221270.shtml 
  89. ^ 「闘龍門大百科 -ULTIMO DRAGON GYM公認」東邦出版刊
  90. ^ “プ女子や若い層にプロレスブーム再燃 背景は圧倒的ライブ感”. 週刊ポスト. (2015年6月26日). http://www.news-postseven.com/archives/20150619_329567.html 
  91. ^ a b 週刊プロレスEXTRAvol.5 女子プロレスエロカワ主義III p.60
  92. ^ ロウキー&ジム・ロス解雇 新日社長交代 Bバックランド列伝 (め)組どインディ詳細 WNC広島 松本都WAVE ミャンマーラウェイ 曙ラーメン 蝶野正洋〜マット界舞台裏10月3日号 ファイト!ミルホンネット マット界舞台裏10月3日号
  93. ^ a b Kreit, Alex (1998年). “Professional Wrestling and Its Fans: A Sociological Study of the Sport of Pro-Wrestling”. Solie's Vintage Wrestling. Jump City Productions. 2008年3月19日閲覧。
  94. ^ a b Lipscomb, William (2005年5月). “The Operational Aesthetic in the Performance of Professional Wrestling”. Department of Communications Studies, Louisiana State University. 2009年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  95. ^ Ernesto Cruz, Caceres (2005). “Monday Night Identity Wars: The Evolution of Performance Conventions in Professional Wrestling”. 2005 Popular Culture Association/American Culture Association National Conference Program. オリジナルの2005-6-13時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20050613082746/http://www.popularculture.org/2005%20PAGES/2005%20Program.htm 2008年3月19日閲覧。 
  96. ^ Ledford, Brian. “Grappling with Masculinity: Representation and Reception of Televised Professional Wrestling Imagery”. 2005 Spring Colloquium: Thinking About Masculinity: SIUE College of Arts and Sciences. オリジナルの2008-4-9時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080409100044/http://www.siue.edu/CAS/COLLOQUIA/MasculProgramFINAL.pdf 
  97. ^ Massachusetts Institute of Technology: Comparative Media Studies course on Professional Wrestling ? Official Course weblog
  98. ^ The World of Lucha Libre: Secrets, Revelations, and Mexican National Identity ? The World of Lucha Libre
  99. ^ 仲野 美穂,特集 メキシコから見た日本と世界 -- 現代メキシコの社会と文化),決断科学 (2), 106-109, 2016年12月号
  100. ^ 『ドクターズマガジン』2020年5月号 民間医局
  101. ^ 長崎 一哉「悩むケースに立ち向かう! 臨床推論のススメ方 : 全国GIMカンファレンスより(第22回)歯磨きをしているときは酸素化がいい? : みとのくプロレス」『臨床雑誌』 128(4), 2021年10月号
  102. ^ シンポジウム報告 次世代TRY! リハビリプロレスリング!!,日本訪問リハビリテーション協会機関誌 5(1), 5-7, 2017年3月号
  103. ^ 川野 佐江子,スポーツとジェンダー(8)大相撲とプロレスに表れる男らしさ,体育の科学 70(8), 579-583, 2020年8月号
  104. ^ 規範を超えて躍動する 女子プロレスラーの身体 (特集 私の 私による 私のための身体 -- Re:ボディ) エトセトラ : フェミマガジン 3, 53-59, 2020
  105. ^ 村田 晃嗣,トランプ再選のシナリオとプロレス外交 : 令和の日本外交が果たすべき役割とは (創刊500号記念特大号 -- 特集 アジアの火種), Voice (500), 100-107, 2019年8月号
  106. ^ 黒岩 裕市,松浦理英子と一九八〇年代の女子プロレス,人文研紀要 (94), 1-24, 2019
  107. ^ Life/style : SPORTS プロレスの歴史から読み解くトランプとアメリカ : スポーツ,Newsweek 33(40), 61, 2018年10月23日号
  108. ^ いつか 床子, 企業の活路(第110回)新日本プロレスリング 「選手のキャラクター強化」で売り上げ過去最高, プレジデント, 57(14), 86-90, 2019年8月2日号
  109. ^ メイ ハロルド・ジョージ 関 慎夫, INTERVIEW マディソン・スクエア・ガーデンを満員にした新日本プロレスの可能性 新日本プロレスリング社長兼CEO ハロルド・ジョージ・メイ, 経済界 54(12), 132-135, 2019年11月号
  110. ^ 伊藤 元重 メイ ハロルド・ジョージ, 日本コカ・コーラ、タカラトミー、新日本プロレス、そして…… 日本企業が"3カウント"を取られないための経営術 (特集 スガノミクスを占う 経済大論戦 -- 伊藤元重がカリスマ経営者に迫る), 中央公論 134(12), 35-45, 2020年12月号
  111. ^ 名和田 竜,孫子×ランチェスターで斬る!業界動向と企業戦略(第11回)有事に強いのは自ら売り切る力! : 新日本プロレスに見る驚異の復活戦略,研究開発リーダー 17(4), 61-64, 2020年7月号
  112. ^ 職場の心理学 世界の真実はプロレスにあり! 「燃える闘魂」性格診断テスト ジャスト日本,プレジデント 59(14), 66-69, 2021年7月2日号
  113. ^ 又吉 龍吾,産業リポート 海外進出、そして株式上場へ 新日本プロレスの復活と野望,週刊東洋経済 (6835), 54-57, 2019年1月19日号
  114. ^ 宅森 昭吉,第31回大会報告 戦後70年の景気とプロレスの軌跡 : 映し鏡からみる今後30年,景気とサイクル (61), 23-35, 2016年3月号
  115. ^ 栗下 直也, 話題の本 厳選ノンフィクション 開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える 「してはいけない」逆説ビジネス学 川田利明著 読むと起業したくなくなる?傷だらけ試行錯誤の説得力, 週刊東洋経済 (6891), 98, 2019年11月23日号
  116. ^ 文谷 数重,中国公船の常時展開、24時間監視体制の日本 プロレスのショーマンシップを見習え! 尖閣諸島になんら価値は存在せず,軍事研究 52(6), 73-84, 2017年6月号
  117. ^ 赤木 智彦 妹尾 武治, プロレスにおけるヒールレスラーについての心理学的検討 (知覚情報研究会・複合現実型実応用および一般), 電気学会研究会資料. PI = The papers of Technical Meeting on "Perception Information", IEE Japan, 2021(19-25・27-30), 27-29, 2021年3月
  118. ^ キューティエリー・ザ・エヒメ 加藤 邦彦, トップに聞く 老若男女に支持される「ご当地プロレス」の活動を展開 キューティエリー・ザ・エヒメ 愛媛プロレス代表 「プロレス×地域活性」で愛媛の魅力を発信し、エンタメの「地産知笑」を, 愛媛ジャーナル 32(12), 34-44, 2019年6月
  119. ^ 黒木 あるじ,センダイガールズプロレスリング奮闘記 : 地域密着型女子プロ〈仙女〉と震災 (震災とスポーツ),震災学 14, 111-121, 2020
  120. ^ 赤木 智彦 妹尾 武治 池畑 諭,CG表現としてのバーチャル・ヒール・プロレスラーの検討 (知覚情報研究会・マルチモーダル応用及び一般),電気学会研究会資料, 2019(8-15), 27-30, 2019年3月
  121. ^ 東谷 護,女子プロレスにみるポピュラー音楽の使われ方,Mixed muses : 愛知県立芸術大学音楽学部音楽学コース紀要 (14), 28-40, 2019
  122. ^ Barthes, Roland (1957年). “The World Of Wrestling”. Mythologies. 2008年3月21日閲覧。
  123. ^ Lagorio, Christine (2005年1月4日). “Wrestling With The Margins”. Education Supplement 2005. The Village Voice. 2008年3月21日閲覧。
  124. ^ Plank, Dr. William. “The Athlete as Buffoon: Cultural and Philosophical Considerations on Professional Wrestling”. Montana State University-Billings. 2008年4月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  125. ^ Adams, Jonathan (2006年11月9日). “Foreign Objects Included”. The Scope magazine. 2008年3月19日閲覧。 “There is a sense in which wrestling resembles nothing if not a kind of postmodern commedia dell'arte”
  126. ^ a b Mazer, Sharon (1998). Professional Wrestling: Sport and Spectacle. Jackson: University Press of Mississippi 
  127. ^ Garvin, Diana (2005年). “Et tu, Steve Austin?”. The Harvard Crimson. Harvard University. 2008年3月19日閲覧。
  128. ^ "Merchants of Cool". Frontline. シーズン2001. 27 February 2001.
  129. ^ Farley, Frank. “CZW: Blood, Philadelphia and Fun”. Rat Blood Soup magazine. 2007年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月22日閲覧。
  130. ^ 例えばC.W.ニコル:もう一つの自分史(第30回)環境保護活動家 探検家 作家 C.W.ニコルさん プロレスのリングで闘った経験も でも真の強さは空手や柔道で覚えた,週刊朝日 124(2), 54-56, 2019年1月4日号



プロレス

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 07:53 UTC 版)

名詞

プロレスぷろれす

  1. 観客魅了するようなショー要素の強いレスリング男性レスラーが行ものを言う

発音(?)

ぷ↗ろれす

語源

  1. プロレスリング」の略。

関連語


「プロレス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプロレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS