プロリーグとは? わかりやすく解説

リーグ戦

(プロリーグ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 14:59 UTC 版)

リーグ戦(リーグせん)とは、競技大会の大会形式を指す用語。参加者(チーム)同士がそれぞれに対戦を繰り返し、対戦結果を総合した成績によって順位を決定する。特殊な場合を除き、参加者の試合数は一定となる。日本語の定義では総当り戦に限ることが一般的である。この項では変則的なグループトーナメントである「スイス式トーナメント(ドロー)」についても述べる。


  1. ^ 日本ではプロ野球アマチュア野球は、組織運営がそれぞれ独立した形で行われてきた歴史があり(プロと登録アマチュアが対決する「サッカー天皇杯」に相当する全日本選手権大会も存在しない)、かつ、世界の中でも珍しく、野球全体の中に占めるアマチュア野球の影響が小さくない。そのため個々のリーグ事情により採用ルールは異なり多岐にわたる。総当たり戦トーナメントでも勝ち残り式トーナメントでも基本的に引き分け試合は発生するが、無効試合として再試合になる方法(勝ち残り式トーナメントでは極一部の特殊なケースを除きこの方法をとる)や、0.5勝0.5敗として勝率に反映させたりする。勝率や勝ち点については、それぞれの記事の野球に関する記述を参照のこと。


「リーグ戦」の続きの解説一覧

プロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 09:51 UTC 版)

アテネ」の記事における「プロリーグ」の解説

アテネ本拠地とするスポーツクラブとして、以下のチームがある。 サッカーギリシャリーグパナシナイコス - アテネ中心部ダウンタウン中心に人気があるクラブ。特に富裕層支持されている。 AEKアテネ - アテネ北部中心に人気のあるクラブ。特にユダヤ系人気パニオニオスNFC - アテネ南部中心にギリシャで一番古い名門クラブアトロミトスFC - アテネ西部中心とするクラブ。 エガレオ - アテネ西部、エガレオ地区中心とするクラブエスニコス・アフナFC - アテネ東部中心としたクラブ。 イリシアコス - アテネ西部ゾクラフウ地区中心としたクラブカリテアFC - アテネ南部カリテア地区中心としたクラブ。 アギア・パラスケヴィFC - アテネ東部のアギア・パラスケヴィ地区中心とするクラブ。 アギオス・ディミトリオスFC - アテネ南部アギオス・ディミトリオス地区中心とするクラブハイダリFC - アテネ西部ハイダリ地区中心とするクラブ。 イリオポリFC - アテネ南部イリオポリ地区中心とするクラブオリンピアコスピレウス) - アテネ市南の港町ピレウス本拠地庶民派人気クラブバスケットボール(ギリシャバスケットボールリーグ)パナシナイコス - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 AEKアテネ - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 エガレオ - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 マルーシ - アテネ五輪メーン会場となった地区中心とするクラブ。 パネリニオス - アテネ中部キプセリ地区中心とするクラブパニオニオス - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 AOダフニ - アテネ南部にあるダフニ地区中心とするクラブ。 イリシアコス - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 AOニアー・イースト - アテネ東部、ケサリアニ地区中心とするクラブAOパグラティ オリンピアコスピレウス) - サッカー同様、総合スポーツクラブバスケット部門。 バレーボールA1ギリシャバレーボールリーグ)パナシナイコス - サッカー同様、総合スポーツクラブバレーボール部門。 AEKアテネ - サッカー同様、総合スポーツクラブバレーボール部門。 パネリニオス - バスケットボール同様、総合スポーツクラブバレーボール部門。 キフィシア - アテネ北部キフィシア地区中心とするクラブオリンピアコスピレウス) - サッカー同様、総合スポーツクラブバレーボール部門。 ウォーターポロ水球)(A1ギリシャ水球リーグオリンピアコスピレウス) - サッカー同様、総合スポーツクラブ水球部門。 エスニコス・ピレウス・ウォーターポロクラブ(ピレウス) - 水球強豪クラブ

※この「プロリーグ」の解説は、「アテネ」の解説の一部です。
「プロリーグ」を含む「アテネ」の記事については、「アテネ」の概要を参照ください。


プロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:14 UTC 版)

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の記事における「プロリーグ」の解説

プロ世界収入を得るデュエリストが所属すリーグ。ここに所属するデュエリストは「プロデュエリスト」と呼称される。試合劇中の描写ではすべて海馬コーポレーション作った海馬ドーム」と呼ばれる施設行なわれている。

※この「プロリーグ」の解説は、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の解説の一部です。
「プロリーグ」を含む「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の記事については、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の概要を参照ください。


プロリーグ(鳳凰戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 20:23 UTC 版)

日本プロ麻雀連盟」の記事における「プロリーグ(鳳凰戦)」の解説

鳳凰位佐々木寿人1984年創設連盟所属プロリーグ戦実施され団体最高峰タイトル位置付け前年度鳳凰位と、最上位であるA1リーグ1位3位が、鳳凰位決定戦行い、その期の鳳凰位決定する特別昇級リーグ 40歳未満選手の内、Dリーグ昇級者・各種タイトル決勝進出者などで争われるリーグ戦。年2回開催優勝者B2リーグ準優勝者はC1リーグ第3位にはC2リーグへの飛びつき昇格認められる

※この「プロリーグ(鳳凰戦)」の解説は、「日本プロ麻雀連盟」の解説の一部です。
「プロリーグ(鳳凰戦)」を含む「日本プロ麻雀連盟」の記事については、「日本プロ麻雀連盟」の概要を参照ください。


プロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 23:59 UTC 版)

ホッケー男子スペイン代表」の記事における「プロリーグ」の解説

ホッケー・プロリーグにおける成績2019 - 出場決定

※この「プロリーグ」の解説は、「ホッケー男子スペイン代表」の解説の一部です。
「プロリーグ」を含む「ホッケー男子スペイン代表」の記事については、「ホッケー男子スペイン代表」の概要を参照ください。


プロリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 06:44 UTC 版)

小牧国際ボウル」の記事における「プロリーグ」の解説

(4ゲーム)。

※この「プロリーグ」の解説は、「小牧国際ボウル」の解説の一部です。
「プロリーグ」を含む「小牧国際ボウル」の記事については、「小牧国際ボウル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロリーグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プロリーグ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロリーグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロリーグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリーグ戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアテネ (改訂履歴)、遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX (改訂履歴)、日本プロ麻雀連盟 (改訂履歴)、ホッケー男子スペイン代表 (改訂履歴)、小牧国際ボウル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS