メジャーリーグベースボールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > メジャーリーグベースボールの意味・解説 

メジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 06:02 UTC 版)

メジャーリーグベースボール英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国、及びカナダ所在の合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポーツリーグの1つである[1]。厳密には、1903年に発足したナショナルリーグアメリカンリーグの2つのリーグの共同事業機構で、両リーグの統一的運営をしている。日本では「メジャーリーグ」「大リーグ」とも呼ばれる。「大リーグ」の呼称は、メジャーリーグの別名「ビッグリーグ (Big League)」の訳語である。


注釈

  1. ^ ニューヨーク・ヤンキースならニューヨーク・メッツロサンゼルス・ドジャースならロサンゼルス・エンゼルスといったように別リーグ同地区で地理的に近いチームとなっている。ただしリーグ構成の関係上シアトル・マリナーズサンディエゴ・パドレスのような組み合わせもある。
  2. ^ そのため、日本テレビ系列ニュース情報番組でMLB関連の話題を報じる際は現地の新聞社通信社などから提供を受けた写真(静止画)を使用している。

出典

  1. ^ 残りの3つはアメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー。
  2. ^ History: Legend of the Cincinnati Red Stockings. 1869 Cincinnati Red Stockings Vintage Base Ball Team (2007). Retrieved October 15, 2010.
  3. ^ "National Association of Professional Base Ball Players". britannica.com. 2008年9月10日閲覧
  4. ^ Rader, Benjamin (2008). Baseball: A History of America's Game. University of Illinois Press. p. 29. ISBN 0-252-07550-1. https://books.google.com/?id=6jplRWwEmVIC&pg=PA27&lpg=PA27&dq=nabbp+baseball#v=onepage 
  5. ^ Spatz, Lyle (2012). Historical Dictionary of Baseball. Scarecrow Press. p. 236. ISBN 0-8108-7954-9. https://books.google.com/?id=ViiCha8LoBgC&pg=PA236&dq=cubs+braves+napbbp#v=onepage 
  6. ^ 日本雑学研究会 『大雑学6ザ・メジャーリーグ』毎日新聞社、2005年、27 - 28頁頁。ISBN 4-620-72096-8 
  7. ^ Noble, Marty (23 September 2011). "MLB carries on strong, 200,000 games later: Look what they started on a ballfield in Philadelphia in 187 6". MLB.com. 2011年9月30日閲覧[B]aseball is about to celebrate its 200,000th game — [in the division series on] Saturday [October 1, 2011] ...
  8. ^ Events of Saturday, April 22, 1876. Retrosheet. Retrieved September 30, 2011.
  9. ^ "Minor League Baseball History". MiLB.com. 2008年9月10日閲覧
  10. ^ 日本雑学研究会、31頁
  11. ^ "1903 National Agreement". Society for American Baseball Research. 2008年9月10日閲覧
  12. ^ "American Association (19th Century)". Baseball-Reference.com. 2013年10月14日閲覧
  13. ^ "1884 Union Association". Baseball-Reference.com. 2017年1月25日閲覧
  14. ^ "1890 Players' League". Baseball-Reference.com. 2013年10月14日閲覧
  15. ^ "1914 Federal League". Baseball-Reference.com. 2013年10月14日閲覧
  16. ^ "1915 Federal League". Baseball-Reference.com. 2013年10月14日閲覧
  17. ^ ナショナル・アソシエーションについては、1951年に発刊された公式のベースボール・エンサイクロペディアで「メジャーリーグ」として扱われていたが、この年の裁定により除外された経緯がある。
  18. ^ アフリカ系アメリカ人による野球リーグ機構はこの期間複数存在し、「ニグロリーグ」はそれらの総称である。詳細はニグロリーグの項目を参照。
  19. ^ "ニグロリーグの成績をMLB公式記録に認定 約3400人が新たにメジャーリーガーに". FullCount. 17 December 2020. 2021年1月1日閲覧
  20. ^ "ニグロリーグがメジャーリーグ公式記録に認定 様々な問題も". MLB.jp. 17 December 2020. 2021年1月1日閲覧
  21. ^ Mike Petriello (18 December 2020). "How Negro Leaguers may alter leaderboards". MLB.com. 2021年8月1日閲覧
  22. ^ McNeil, William (2006). The Evolution of Pitching in Major League Baseball. McFarland. p. 60. ISBN 0-7864-2468-0. https://books.google.com/?id=6ODvYhwnhn0C&pg=PA60&dq=deadball+era+yarn#v=onepage 
  23. ^ Keating, Peter. “The game that Ruth built”. Boston.com. オリジナルの2011年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110918184533/http://www.boston.com/news/globe/ideas/articles/2006/05/07/the_game_that_ruth_built/ 2013年11月24日閲覧。 
  24. ^ Daniel Okrent, Harris Lewine, David Nemec (2000) "The Ultimate Baseball Book", Houghton Mifflin Books, ISBN 0-618-05668-8 , p. 33.
  25. ^ Burt Solomon (2000) "Where They Ain't: The Fabled Life And Untimely Death Of The Original Baltimore Orioles", Simon and Schuster, ISBN 0-684-85917-3 Excerpt.
  26. ^ Lieb, Fred (1955). The Baltimore Orioles: The History of a Colorful Team in Baltimore and St. Louis. SIU Press. p. 46. ISBN 0-8093-8972-X. https://books.google.com/?id=BahcUaZZebYC&pg=PA46&dq=%22baltimore+chop%22#v=onepage 
  27. ^ Foul strike rule. Baseball-Reference.com.
  28. ^ 藤澤文洋 『メジャーリーグ・スーパースター名鑑』研究社、2003年、216 - 218頁頁。ISBN 4-327-37689-2 
  29. ^ History Files – Chicago Black Sox: The Fix”. Chicago History Museum. 2013年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月26日閲覧。
  30. ^ History Files – Chicago Black Sox”. Chicago History Museum. 2014年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月26日閲覧。
  31. ^ McNeil, William (1997). The King of Swat: An Analysis of Baseball's Home Run Hitters from the Major, Minor, Negro, and Japanese Leagues. McFarland. p. 32. ISBN 0-7864-0362-4. https://books.google.com/?id=inW5x6SDgkYC&pg=PA32&lpg=PA32&dq=babe+ruth+ned+williamson#v=onepage 
  32. ^ Progressive Leaders & Records for Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年4月10日閲覧。
  33. ^ Indians uncover lost Chapman plaque”. ESPN.com. 2013年10月31日閲覧。
  34. ^ New York Yankees: Team History and Encyclopedia”. Baseball-Reference.com. 2013年10月31日閲覧。
  35. ^ 日本雑学研究会、35頁
  36. ^ Belson, Ken (2009年1月6日). “Apples for a Nickel, and Plenty of Empty Seats”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/01/07/sports/baseball/07depression.html?pagewanted=all&_r=0 2013年10月31日閲覧。 
  37. ^ Anton, Todd and Bill Nowlin (eds.) (2008). When Baseball Went to War. Triumph Books. pp. 7–9. ISBN 1-60078-126-8. https://books.google.com/?id=pYovAQAAQBAJ&printsec=frontcover&dq=baseball+world+war+II#v=onepage 
  38. ^ a b Martin, Alfred (2008). The Negro Leagues in New Jersey: A History. McFarland. pp. 104–105. ISBN 0-7864-5192-0. https://books.google.com/?id=FV0uF_RwC00C&pg=PA104&dq=negro+leagues+world+war+II#v=onepage 
  39. ^ Roosevelt, Franklin. "Green Light Letter". January 15, 1942.
  40. ^ Weintraub, Robert. “Three Reichs, You're Out”. Slate.com. 2013年11月24日閲覧。
  41. ^ 出野哲也、スラッガー 「メジャーリーグ100の基礎知識」『スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-5、88頁。
  42. ^ The Jackie Robinson Foundation”. Jackie Robinson Foundation. 2013年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月4日閲覧。
  43. ^  . “Leo Durocher”. Society for American Baseball Research. 2013年7月4日閲覧。
  44. ^ Newman, Mark (2007年4月13日). “1947: A time for change”. MLB.com. 2009年9月12日閲覧。
  45. ^ Rookie of the Year Awards & Rolaids Relief Award Winners. Baseball-Reference.com. Retrieved November 24, 2013.
  46. ^ Doby was AL's first African-American player. ESPN Classic. June 26, 2003. Retrieved November 24, 2013.
  47. ^ Finkelman, Paul (ed.) (2008). Encyclopedia of African American History, 1896 to the Present: From the Age of Segregation to the Twenty-First Century, Volume 1. Oxford University Press. p. 145. ISBN 0-19-516779-1. https://books.google.com/?id=6gbQHxb_P0QC&pg=PA145&dq=dodgers+black+players#v=onepage 
  48. ^ Are Women the Next Demographic to Integrate into Major League Baseball?”. 2011年9月13日閲覧。
  49. ^ Veterans elect five into Hall of Fame: Two managers, three executives comprise Class of 2008”. National Baseball Hall of Fame and Museum (2007年12月3日). 2007年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年1月19日閲覧。
  50. ^ a b Murphy, Robert (2009). After many a summer: the passing of the Giants and Dodgers and a golden age in New York baseball. New York: Sterling. ISBN 978-1-4027-6068-6 
  51. ^ “Walter O'Malley”. Time. (1958年4月28日). http://www.time.com/time/covers/0,16641,19580428,00.html 2008年4月28日閲覧。 
  52. ^ a b 出野哲也 「歴史が動いた日-1958年4月15日 ドジャースとジャイアンツ西海岸移転後初の公式戦」『スラッガー』2007年5月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-5、90 - 92頁。
  53. ^ Worldwide Timetable (PDF)”. American Airlines (2007年11月1日). 2007年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月24日閲覧。
  54. ^ Identifying Locations”. colostate.edu. 2008年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月24日閲覧。
  55. ^ “Walter in Wonderland”. Time. (1958年4月28日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,868429,00.html 2008年4月28日閲覧。 
  56. ^ “Scoreboard”. Time (Time, Inc.). (1957年5月20日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,809519,00.html 2008年4月30日閲覧。 
  57. ^ Plans involving Angels and A's never seriously considered”. ESPN.com. 2013年11月24日閲覧。
  58. ^ 大リーグ球団拡張 コミッショナーがラスベガスなど6都市をリストアップ スポーツニッポン、2018年7月21日閲覧
  59. ^ "1968 – The Year of the Pitcher" Sports Illustrated, August 4, 1998. アーカイブ 2013年5月21日 - ウェイバックマシン
  60. ^ Year by Year Leaders for Batting Average”. baseball-almanac.com. 2008年9月8日閲覧。
  61. ^ Bailey, Mary (2000年). “When Denny McLain stood baseball on its ear”. The Detroit News. 2009年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月8日閲覧。
  62. ^ Bob Gibson Statistics”. baseball-reference.com. 2008年9月8日閲覧。
  63. ^ American League Pitching Encyclopedia”. baseball-reference.com. 2017年2月3日閲覧。
  64. ^ National League Pitching Encyclopediaistics”. baseball-reference.com. 2017年2月3日閲覧。
  65. ^ American League Batting Encyclopedia”. baseball-reference.com. 2017年2月3日閲覧。
  66. ^ William Leggett (1969年3月24日). “From Mountain To Molehill”. Sports Illustrated. オリジナルの2012年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120826001422/http://vault.sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1082211/index.htm 2009年3月9日閲覧。 
  67. ^ Merron, Jeff (2003年). “Blomberg first permanent pinch-hitter”. ESPN.com. 2008年9月8日閲覧。
  68. ^ “Timeline: Artificial turf in Major League Baseball”. Bleacher Report. (2009年9月24日). オリジナルの2013年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131024070428/http://bleacherreport.com/articles/260764-timeline-artificial-turf-in-major-league-baseball 2013年10月13日閲覧。 
  69. ^ ただしスカイドームはグラウンドは引き続き人工芝であった。屋根付きでの天然芝球場は1998年開場のバンクワン・ボールパークが最初となる。
  70. ^ Jeff Passan (2006年). “Searching for baseball's Bigfoot”. Yahoo! Sports. 2008年9月6日閲覧。
  71. ^ Mazzoni, Wayne (1995年). “What makes Greg Maddux so good and can we teach it?”. findarticles.com. http://findarticles.com/p/articles/mi_m0FIH/is_n5_v65/ai_n18606862 2008年9月9日閲覧。 [リンク切れ]
  72. ^ Kalk, Josh (2007年). “Anatomy of a player: Tom Glavine”. hardballtimes.com. 2008年9月9日閲覧。
  73. ^ Curry, Jack (2008年3月3日). “Santana's Changeup: Hitters Never See It Coming”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/03/03/sports/baseball/03santana.html?_r=1&ex=1205211600&en=32bc22a3d855ca04&ei=5070&emc=eta1&oref=slogin 2008年9月9日閲覧。 
  74. ^ Shaikin, Bill (2005年1月6日). “Anaheim Sues the Angels”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2005/jan/06/sports/sp-angels6 2013年6月28日閲覧。 
  75. ^ MLB誤審89%減へ 来季ビデオ判定拡大
  76. ^ メジャーリーグ大改革ビデオ判定を大幅拡大
  77. ^ 大リーグ、10億円かけビデオ判定センター始動へ Archived 2014年8月22日, at the Wayback Machine.
  78. ^ 2014年までは、8月31日時点で当該チームの25人枠に入っていないとポストシーズンには原則出場できなかった(故障者リスト入り選手発生時には40人枠の選手が代替出場可能)が、2015年から本文記載の規定に変更された。
  79. ^ 今季から変わったプレーオフの出場資格”. BASEBALLKING(株式会社フロムワン) (2015年10月5日). 2016年10月7日閲覧。
  80. ^ 最長では51連戦という記録がある。
  81. ^ 2012年時点で所属する球団都市は太平洋標準時(PST、UTC-8)・山岳部標準時(MST、UTC-7)・中部標準時(CST、UTC-6)・東部標準時(EST、UTC-5)のいずれかに属する。
  82. ^ 球場から貸切バスでそのまま空港構内に入場し、専用機(チャーター機)に横付けして金属探知を受けて飛行機に乗り込む。目的地ではやはり空港内にバスが横付けされている。空港は混雑の少ないサブ空港や果てはNASAの施設を使うことすらある。参照:「パ・リーグの遠征は厳しい」は本当か ポストゲームショー(田口壮)、日本経済新聞サイト、2015年7月12日
  83. ^ 松井通信 2003/11/04 今シーズンの移動距離、地球1・8周 【ゴジラが見た大リーグ・1】 Archived 2009年9月23日, at the Wayback Machine. 北國新聞
  84. ^ 大リーグで登板 「投手・イチロー」の舞台裏 スポーツライター 丹羽政善、日本経済新聞サイト、2015年10月26日
  85. ^ Mark Newman (2012年9月12日). “MLB releases 2013 schedule with new wrinkles” (英語). MLB.com. 2016年9月27日閲覧。
  86. ^ 1995年から1997年はワイルドカードのチームが同地区の地区優勝チームと対戦しないのは同じであるが、ワイルドカードとリーグ勝率3位のチーム、勝率1位チームと勝率2位チームの組み合わせで行われることもあった。
  87. ^ 出野哲也、スラッガー 「メジャーリーグ100の基礎知識」『スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-5、87頁。
  88. ^ 出野哲也、スラッガー 「メジャーリーグ100の基礎知識」『スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-5、70頁。
  89. ^ 1992年より「MLBの最高諮問会議のチェアマン」との位置づけであったが、MLBの実質的最高責任者だった。1998年7月9日に正式に第9代コミッショナーに就任した。
  90. ^ The World’s 50 Most Valuable Sports Teams 2022 Forbes com. 2022年9月24日閲覧。
  91. ^ ヤンキースが年俸トップ 08年球団別年俸総額 (共同) - 産経ニュース 2008.12.24 11:01 Archived 2009年1月25日, at the Wayback Machine. 2009年5月23日閲覧。
  92. ^ 08年球団別年俸総額はヤンキースがトップ (共同) - Sponichi Annex 2008年12月24日 10:44 Archived 2009年9月24日, at the Wayback Machine. 2009年5月23日閲覧。
  93. ^ MLB’s Evolving Luxury Tax | FanGraphs Baseball”. 2019年1月4日閲覧。
  94. ^ a b Baseball Competitive Balance "Luxury" Tax”. www.stevetheump.com. 2019年1月4日閲覧。
  95. ^ 2017-2021 Basic Agreement”. MLBPlayers.com (2016年12月1日). 2018年1月1日閲覧。
  96. ^ http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=18
  97. ^ http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=22
  98. ^ http://tomoyasuzuki.jugem.jp/?eid=284
  99. ^ a b http://www.nikkei.com/article/DGXZZO51289480S3A200C1000000/?df=2
  100. ^ 2007年10月、TBSが運営していたアトランタのローカル局・WTBSが「PeachtreeTV」に改称、TBSとのサイマル放送を中止。2008年よりブレーブス戦は同局で放送。日本のTBSテレビとは無関係。
  101. ^ 2007年シーズンはアトランタ・ブレーブス戦を放送していたため、2008年シーズンより適用。
  102. ^ http://www.tv-asahi.net/html/a_media/439.html#4 Archived 2007年9月29日, at the Wayback Machine.
  103. ^ a b イチローを、見ないのか ~MLB、今年は日本で開幕! イチロー7年ぶり日本凱旋!!~”. 日本テレビ (2019年1月31日). 2022年8月13日閲覧。
  104. ^ Major League Baseball International renews four broadcast agreements and signs one new television deal
  105. ^ 日テレ、メジャーリーガー切り捨て…映像配信受けず”. 夕刊フジ (2009年4月7日). 2009年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月13日閲覧。
  106. ^ 各社「大谷翔平」で特需も… 「日テレ」が動画を放送できない事情”. 週刊新潮 (2018年6月6日). 2022年8月13日閲覧。
  107. ^ 読売新聞 - YouTube、メジャーリーグ全試合の配信開始[リンク切れ]
  108. ^ a b 2020年シーズン 「SPOZONE」でのライブ配信が決定”. MLB.jp (2020年7月1日). 2021年5月14日閲覧。
  109. ^ “Facebook、メジャーリーグ25試合の独占配信権を獲得”. CNET Japan. (2018年3月12日). https://japan.cnet.com/article/35115968/ 2021年5月16日閲覧。 
  110. ^ YouTube、大リーグの15試合を無料配信へ”. CNET Japan (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  111. ^ “「ABEMA」、7月1日(木)午前8時より メジャーリーグベースボールのレギュラーシーズン公式試合、166試合を完全生中継” (プレスリリース), ABEMA, (2021年6月29日), https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=26395 2021年7月22日閲覧。 
  112. ^ Apple TV+でメジャーリーグ観戦が可能に 週に1度のダブルヘッダー「Friday Night Baseball」、日本でも”. ITmedia NEWS (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  113. ^ 米大リーグがまた放映収入 今季から毎週金曜にアップルTVで試合配信”. スポーツ報知 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  114. ^ 2022年のMLB配信決定!1日最大2試合、324試合をライブ&見逃し配信”. Hulu News & Information (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。



メジャーリーグベースボール (MLB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:06 UTC 版)

野球場」の記事における「メジャーリーグベースボール (MLB)」の解説

メジャーリーグベースボールの本拠地野球場一覧」も参照 MLB本拠地球場は、1970年代から80年代にかけてアメリカンフットボールとの兼用球場一世を風靡したが、1990年代からは天然芝野球専用球場への回帰進んだ。現在、人工芝球場密閉式ドーム球場トロピカーナ・フィールドのみである。チェイス・フィールドロジャース・センターT-モバイル・パークミニッツメイド・パークアメリカンファミリー・フィールド開閉式の屋根備えている他競技との兼用が行われている球場は、ロジャース・センターオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム2球場のみである(詳細は、後述アメリカ合衆国における野球場の歴史を参照)。 米国では左右非対称歪な形状外野フェンスを持つ球場多く両翼中堅の距離だけで球場の広さ測ることはできない。むしろ重要なのは左中間右中間への距離や、フェンスの高さ、ファウルゾーン広さ気圧などである。例えば、左翼中堅への距離がア・リーグ最長のコメリカ・パーク両翼への距離が全球場で最長のリグレー・フィールド左中間右中間膨らみ少なく決し打者不利の球場ではない(リグレー・フィールド逆に打者有利の球場である)。また、右翼への距離がナ・リーグで最も短いオラクル・パークは、右中間最深部が128.3mもあり、右翼フェンスも7.6mと非常に高いため、左打者不利な球場である。 球場ごとに、本塁打二塁打三塁打の出やすさや得点入りやすさには明確な差異があるが、球場ごとの偏りを示す指標としてパークファクター用いられている(詳細当該記事を参照)。 一般に投手有利の球場は「ピッチャーズパーク(ピッチャーフレンドリーパーク)」、打者有利の球場は「ヒッターズパーク(ヒッターフレンドリーパーク)」と呼ばれるESPNターゲット・フィールドを除く29球場2005年2009年パークファクターBABIP用いて総合的に評価し打者有利な順に並べたランキング発表したベスト5とワースト5は以下の通りである。 ベスト5 順位球場理由1位 クアーズ・フィールド 標高約1600mの高地位置し海抜0mと比べて打球が9%も伸びる外野広く抜ければ長打になる。長打警戒して深く守れば、ポテンヒット増える2位 レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントン テキサス乾燥した気候に加え右翼スタンド前方せり出しており本塁打出やすいファウルゾーンも狭い。 3位 チェイス・フィールド 砂漠地帯空気乾燥しており、標高も332mとクアーズフィールド次いで高い。外野膨らみがない一方でポール際は広いので、本塁打三塁打が共によく出る。 4位 グレート・アメリカン・ボール・パーク 左中間右中間膨らみ少ないため本塁打が非常に出やすい右翼後方オハイオ川からの川風乗りレフト方向への打球がよく飛ぶ。 5位 シチズンズ・バンク・パーク 右中間左中間膨らみがないので本塁打出やすいことに加え球場構造的に打者視界良好で、球が見やすいワースト5 順位球場原因29ペトコ・パーク 外野全体的に広いことに加えサンディエゴ湾から吹く湿った海風により、打球伸びない右中間は非常に深く左打者は特に不利。 28ブッシュ・スタジアム 原因はっきりしないが右打者に本塁打出にくいアルバート・プホルスという強打者抱えながら、2005年2009年得点ファクター28位、本塁打ファクター29位である。 27T-モバイル・パーク 雨が多い気候なので空気湿っており、外野も広いため本塁打出にくい。特に左中間深く右打者に不利な構造である。 26オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム 左中間右中間が広い上にアメフト兼用あるためファウルゾーン極めて広い。観客席大きく風の影響も少ない。 25シティ・フィールド 外野広くフェンスも高いため本塁打出にくい本塁打の出やすさに限れば、ギャランティード・レート・フィールドヤンキー・スタジアムグレート・アメリカン・ボール・パークベスト3、ペトコ・パークT-モバイル・パークカウフマン・スタジアムワースト3である。しかし、本塁打の出やすさと得点入りやすさは必ずしも相関しない。 アメリカンリーグ球場一覧 地区球場チーム左翼中堅右翼収容人数開場年所在地東地オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ ボルチモア・オリオールズ 101.5m 125m 96.9m 48,876人 1992 メリーランド州ボルチモア フェンウェイ・パーク ボストン・レッドソックス 94.5m 128m 92m 38,8051912 マサチューセッツ州ボストン ヤンキースタジアム ニューヨーク・ヤンキース 96.9m 124m 95.7m 50,086人 2009 ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス トロピカーナ・フィールド タンパベイ・レイズ 96m 123m 98m 36,048人 1990 フロリダ州セントピーターズバーグ ロジャース・センター トロント・ブルージェイズ 100m 121m 100m 50,5161989 オンタリオ州トロント 中地区 ギャランティード・レート・フィールド シカゴ・ホワイトソックス 100.6m 121.9m 102.1m 40,6151991 イリノイ州シカゴ プログレッシブ・フィールド クリーブランド・ガーディアンズ 99.1m 125m 99.1m 43,8631994 オハイオ州クリーブランド コメリカ・パーク デトロイト・タイガース 105.2m 128m 100.6m 41,0702000 ミシガン州デトロイト カウフマン・スタジアム カンザスシティ・ロイヤルズ 100.6m 125m 100.6m 38,1771969 ミズーリ州カンザスシティ ターゲット・フィールド ミネソタ・ツインズ 103.3m 123.1m 100m 39,5042010 ミネソタ州ミネアポリス 西地区 エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム ロサンゼルス・エンゼルス 100.6m 121.9m 100.6m 45,050人 1966 カリフォルニア州アナハイム オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム オークランド・アスレチックス 100.6m 121.9m 100.6m 34,077人 1966 カリフォルニア州オークランド T-モバイル・パーク シアトル・マリナーズ 100.9m 123.4m 99.7m 47,1161999 ワシントン州シアトル グローブライフ・フィールド テキサス・レンジャーズ 100m 124m 99m 40,300人 2020 テキサス州アーリントン ミニッツメイド・パーク ヒューストン・アストロズ 96.0m 132.6m 99.4m 40,950人 2000 テキサス州ヒューストン ナショナルリーグ球場一覧 地区球場チーム左翼中堅右翼収容人数開場年所在地東地トゥルーイスト・パーク アトランタ・ブレーブス 102m 122m 99m 41,500人 2017 ジョージア州アトランタ ローンデポ・パーク マイアミ・マーリンズ 103.6m 126.8m 102.1m 37,0002012 フロリダ州マイアミ シティ・フィールド ニューヨーク・メッツ 103.1m 125.4m 100.6m 41,8002009 ニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズ シチズンズ・バンク・パーク フィラデルフィア・フィリーズ 100.3m 122.2m 100.6m 43,500人 2004 ペンシルベニア州フィラデルフィア ナショナルズ・パーク ワシントン・ナショナルズ 102.4m 122.5m 102.1m 41,8882008 ワシントンD.C. 中地区 リグレー・フィールド シカゴ・カブス 108.2m 121.9m 107.6m 41,118人 1914 イリノイ州シカゴ グレート・アメリカン・ボール・パーク シンシナティ・レッズ 100.0m 123.1m 99.1m 42,0592003 オハイオ州シンシナティ アメリカンファミリー・フィールド ミルウォーキー・ブルワーズ 104.9m 121.9m 105.2m 42,4002001 ウィスコンシン州ミルウォーキー PNCパーク ピッツバーグ・パイレーツ 99.1m 121.6m 97.5m 38,4962001 ペンシルベニア州ピッツバーグ ブッシュ・スタジアム セントルイス・カージナルス 102.4m 121.9m 102.1m 43,975人 2006 ミズーリ州セントルイス 西地区 チェイス・フィールド アリゾナ・ダイヤモンドバックス 100.6m 124.1m 101.8m 49,033人 1998 アリゾナ州フェニックス クアーズ・フィールド コロラド・ロッキーズ 105.8m 126.5m 106.7m 50,4451995 コロラド州デンバー ドジャー・スタジアム ロサンゼルス・ドジャース 100.6m 120.4m 100.6m 56,0001962 カリフォルニア州ロサンゼルス ペトコ・パーク サンディエゴ・パドレス 101.8m 120.7m 98.1m 42,4452004 カリフォルニア州サンディエゴ オラクル・パーク サンフランシスコ・ジャイアンツ 103.3m 121.6m 94.2m 41,5032000 カリフォルニア州サンフランシスコ

※この「メジャーリーグベースボール (MLB)」の解説は、「野球場」の解説の一部です。
「メジャーリーグベースボール (MLB)」を含む「野球場」の記事については、「野球場」の概要を参照ください。


メジャーリーグベースボール(MLB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 21:23 UTC 版)

東京ドーム」の記事における「メジャーリーグベースボール(MLB)」の解説

MLB開幕シリーズが、下記の日程行われた10試合のうち6試合オークランド・アスレチックスホームゲーム扱いとなっている。2003年3月25日26日にもオークランド・アスレチックスVSシアトル・マリナーズが行われる予定だったが、米英によるイラクへの武力行使によりMLBMLB選手会選手などの渡航の安全を十分に確保できない恐れがある判断し中止となった開催日ビジター球団先攻)スコアホーム球団後攻観客動員出典2000年3月29日 シカゴ・カブス 5 - 3 ニューヨーク・メッツ 55,0002000年3月30日 ニューヨーク・メッツ 5 - 1 シカゴ・カブス 55,0002004年3月30日 ニューヨーク・ヤンキース 3 - 8 タンパベイ・デビルレイズ 55,0002004年3月31日 ニューヨーク・ヤンキース 12 - 1 タンパベイ・デビルレイズ 55,0002008年3月25日 ボストン・レッドソックス 6 - 5 オークランド・アスレチックス 44,6282008年3月26日 ボストン・レッドソックス 1 - 5 オークランド・アスレチックス 44,7352012年3月28日 シアトル・マリナーズ 3 - 1 オークランド・アスレチックス 44,2272012年3月29日 シアトル・マリナーズ 1 - 4 オークランド・アスレチックス 43,3912019年3月20日 シアトル・マリナーズ 9 - 7 オークランド・アスレチックス 45,7872019年3月21日 シアトル・マリナーズ 5 - 4 オークランド・アスレチックス 46,451

※この「メジャーリーグベースボール(MLB)」の解説は、「東京ドーム」の解説の一部です。
「メジャーリーグベースボール(MLB)」を含む「東京ドーム」の記事については、「東京ドーム」の概要を参照ください。


メジャーリーグベースボール(1920年以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 03:23 UTC 版)

毎回得点」の記事における「メジャーリーグベースボール(1920年以降)」の解説

メジャーリーグベースボールではライブボール時代突入した1920年以降、8回記録されている。 1923年6月1日ベイカー・ボウルチーム123456789ニューヨーク・ジャイアンツ 4 2 1 1 5 5 1 2 1 22 フィラデルフィア・フィリーズ 1 4 0 1 1 0 0 1 0 8 1923年7月7日ダン・フィールドチーム123456789ボストン・レッドソックス 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 クリーブランド・インディアンス 3 2 3 1 2 13 1 2 X 27 1939年7月26日ヤンキー・スタジアムチーム123456789セントルイス・ブラウンズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 ニューヨーク・ヤンキース 2 1 1 4 1 3 1 1 X 14 1949年5月11日コミスキー・パークチーム123456789ボストン・レッドソックス 0 0 0 5 0 1 0 2 0 8 シカゴ・ホワイトソックス 1 1 2 1 2 1 1 3 X 12 1964年9月13日リグレー・フィールドチーム123456789セントルイス・カージナルス 2 1 2 2 2 1 3 1 1 15 シカゴ・カブス 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 1998年9月14日カウフマン・スタジアムチーム123456789オークランド・アスレチックス 1 0 0 0 5 0 0 0 0 6 カンザスシティ・ロイヤルズ 1 1 3 1 1 3 2 4 X 16 1999年5月5日リグレー・フィールドチーム123456789コロラド・ロッキーズ 1 1 1 1 2 1 2 2 2 13 シカゴ・カブス 0 2 3 0 0 0 0 1 0 6 2006年4月29日ヤンキースタジアムチーム123456789トロント・ブルージェイズ 2 0 3 0 1 0 0 0 0 6 ニューヨーク・ヤンキース 4 1 2 2 3 1 3 1 X 17

※この「メジャーリーグベースボール(1920年以降)」の解説は、「毎回得点」の解説の一部です。
「メジャーリーグベースボール(1920年以降)」を含む「毎回得点」の記事については、「毎回得点」の概要を参照ください。


メジャーリーグベースボール(MLB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 10:08 UTC 版)

フランチャイズ・プレイヤー」の記事における「メジャーリーグベースボール(MLB)」の解説

在籍期間下部組織在籍期間も含む。 詳細は「en:List of Major League Baseball players who spent their entire career with one franchiseを参照

※この「メジャーリーグベースボール(MLB)」の解説は、「フランチャイズ・プレイヤー」の解説の一部です。
「メジャーリーグベースボール(MLB)」を含む「フランチャイズ・プレイヤー」の記事については、「フランチャイズ・プレイヤー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メジャーリーグベースボール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「メジャーリーグベースボール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メジャーリーグベースボール」の関連用語

メジャーリーグベースボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メジャーリーグベースボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの野球場 (改訂履歴)、東京ドーム (改訂履歴)、毎回得点 (改訂履歴)、フランチャイズ・プレイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS