アリゾナ・ダイヤモンドバックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > アリゾナ・ダイヤモンドバックスの意味・解説 

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 00:24 UTC 版)

アリゾナ・ダイヤモンドバックス英語: Arizona Diamondbacks、略称: ARI)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はアリゾナ州フェニックスにあるチェイス・フィールド


  1. ^ Chris Creamer's SportsLogos.net2015年7月13日閲覧
  2. ^ 日本語表記でも新聞などでDバックスの略表記が見られるロッテ自由契約の中後、Dバックスとマイナー契約 - 日刊スポーツ
  3. ^ ベースボールマガジン社『月刊メジャーリーグ2004年3月号』 69ページ
  4. ^ フィリーズ-Dバックス戦でMLB新記録13本塁打 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月11日閲覧。
  5. ^ Steve Gilbert (2021年4月2日). “D-backs slug way to Opening Day history” (英語). MLB.com. 2021年4月13日閲覧。
  6. ^ "ダイヤモンドバックス、敵地ジャイアンツ戦に敗れ、ロード23連敗のメジャー新記録". スポーツ報知. 報知新聞社. 18 June 2021. 2021年6月18日閲覧
  7. ^ Michael Guzman (2021年8月17日). “Players of the Week: Hernández, Gilbert” (英語). MLB.com. 2021年8月24日閲覧。


「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の続きの解説一覧

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:22 UTC 版)

スティーブ・フィンリー」の記事における「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の解説

1999年34本塁打10三塁打キャリアハイ103打点記録しルイス・ゴンザレスマット・ウィリアムズジェイ・ベルと『100打点カルテット』を形成前年地区最下位だったチーム100勝を挙げて地区優勝果たす。ニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズでは打率.385と活躍するものの、チーム1勝3敗で敗退した2000年3年ぶり2度目オールスターゲーム選出される2001年14本塁打73打点に留まるが、チーム2年ぶりの地区優勝カージナルスとのディビジョンシリーズでは打率.421を記録するなど、チーム初のリーグ優勝に導く。ヤンキースとのワールドシリーズでも打率.368・1本塁打活躍し史上最速となる球団創設4年目での世界一輝いた2002年復活し25本塁打89打点キャリアハイ出塁率.370を記録チーム2年連続地区優勝果たすが、ディビジョンシリーズカージナルス3連敗で敗退4年契約満了し10月29日フリーエージェントとなるが、12月7日に再契約2003年38歳にしてリーグトップ10三塁打記録2004年チーム地区最下位低迷し7月31日レジー・アバークロンビーらとの交換トレードで、ブレント・メインと共にロサンゼルス・ドジャース移籍

※この「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の解説は、「スティーブ・フィンリー」の解説の一部です。
「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」を含む「スティーブ・フィンリー」の記事については、「スティーブ・フィンリー」の概要を参照ください。


アリゾナ・ダイヤモンドバックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:44 UTC 版)

リッチー・セクソン」の記事における「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の解説

エースランディ・ジョンソンと共に身長2mを超える投打として「ツインタワー」と呼ばれる2004年4月に9本塁打放つが、左肩の故障のため序盤シーズン絶望となって23試合出場に留まり、チーム最下位転落元凶となったオフフリーエージェントとなり、12月15日シアトル・マリナーズ契約

※この「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の解説は、「リッチー・セクソン」の解説の一部です。
「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」を含む「リッチー・セクソン」の記事については、「リッチー・セクソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の関連用語

アリゾナ・ダイヤモンドバックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アリゾナ・ダイヤモンドバックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアリゾナ・ダイヤモンドバックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスティーブ・フィンリー (改訂履歴)、リッチー・セクソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS