シアトル・マリナーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > シアトル・マリナーズの意味・解説 

シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 16:17 UTC 版)

シアトル・マリナーズ英語: Seattle Mariners、略称: SEA)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はワシントン州シアトルにあるT-モバイル・パーク


  1. ^ a b Which teams won the most games in a season?” (英語). MLB.com. 2022年11月7日閲覧。
  2. ^ Teams that have never won a World Series” (英語). MLB.com. 2022年11月7日閲覧。
  3. ^ Bud Selig brought baseball back to Milwaukee” (英語). Baseball Hall of Fame. 2022年11月10日閲覧。
  4. ^ “The Mariners chosen as name for new team” (英語). The Register-Guard. Associated Press. (1976年8月25日). https://news.google.com/newspapers?id=f_BVAAAAIBAJ&sjid=R-EDAAAAIBAJ&pg=3905%2C6280430 2022年11月7日閲覧。 
  5. ^ California Angels at Seattle Mariners Box Score, April 6, 1977” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  6. ^ California Angels at Seattle Mariners Box Score, April 8, 1977” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  7. ^ 1979 All-Star Game Box Score, July 17” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  8. ^ Baltimore Orioles at Seattle Mariners Box Score, July 8, 1982” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  9. ^ Detroit Tigers at Seattle Mariners Box Score, June 2, 1990” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  10. ^ Seattle Mariners at California Angels Box Score, September 14, 1990” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  11. ^ THAT TIME WHEN… NINTENDO BOUGHT A BASEBALL TEAM” (英語). VGC News. 2022年11月7日閲覧。
  12. ^ Why MLB Network’s 1995 Mariners documentary is must-see for M’s fans” (英語). Seattle Sports 710AM. 2022年11月7日閲覧。
  13. ^ California Angels at Seattle Mariners Box Score, October 2, 1995” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  14. ^ How Ken Griffey Jr.'s mad dash home in 1995 saved baseball in Seattle” (英語). Southeastern Conference. 2022年11月10日閲覧。
  15. ^ 1995 ALDS Gm5: Ken Griffey Jr. scores the game-winning run to sends Mariners to ALCS” (英語). Youtube: MLB Official Channel. 2022年11月7日閲覧。
  16. ^ Texas Rangers at Seattle Mariners Box Score, June 27, 1999” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  17. ^ San Diego Padres at Seattle Mariners Box Score, July 15, 1999” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  18. ^ San Diego Padres at Seattle Mariners Box Score, July 17, 1999” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  19. ^ San Diego Padres at Seattle Mariners Box Score, June 8, 2001” (英語). Baseball-Reference.com. 2022年11月7日閲覧。
  20. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/8415401/
  21. ^ Condotta, Bob (2021年6月27日). “Mariners win first game in Chicago as Hector Santiago is ejected for violating illegal substance rule”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/sports/mariners/mariners-win-first-game-in-chicago-as-hector-santiago-is-ejected-for-violating-illegal-substance-rule/ 2021年10月7日閲覧。 
  22. ^ Kramer, Daniel (2021年7月15日). “Santiago's suspension upheld after appeal”. MLB.com (Advanced Media Group). https://www.mlb.com/news/hector-santiago-foreign-substance-suspension-upheld 2021年10月7日閲覧。 
  23. ^ Divish, Ryan (2021年7月29日). “Mariners pitcher Hector Santiago receives 80-game suspension after testing positive for performance-enhancing drugs”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/sports/mariners/mariners-pitcher-hector-santiago-receives-80-game-suspension-after-testing-positive-for-performance-enhancing-drugs/ 2021年10月7日閲覧。 
  24. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  25. ^ Ichiro Suzuki to be inducted into Mariners Hall of Fame” (英語). MLB.com Press Release (2021年11月17日). 2021年11月17日閲覧。
  26. ^ 日本放送協会. “イチローさん マリナーズの殿堂入り MVP受賞や首位打者に輝く”. NHKニュース. 2021年11月18日閲覧。
  27. ^ Padres Acquire LHP Ray Kerr & OF Corey Rosier from Mariners” (英語). MLB.com Press Release (2021年11月27日). 2021年11月28日閲覧。
  28. ^ Yamauchi sells M's shares but retains position with club” (英語). Seattlepi.com. 2014年5月14日閲覧。
  29. ^ シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部を売却する交渉の開始について任天堂 2016年4月28日(2016年5月24日閲覧)
  30. ^ a b 丹羽政善 (2016年5月2日). “任天堂、マリナーズ持ち分売却決定の舞台裏”. 日本経済新聞. 2017年5月4日閲覧。
  31. ^ Nintendo's Hiroshi Yamauchi dies aged 85” (英語). The Telegraph. 2014年5月18日閲覧。
  32. ^ マリナーズと日本人の系譜… 菊池加入で球団10人目の日本人メジャー誕生へ”. 2019年1月3日閲覧。
  33. ^ Seattle Mariners: 5 Best Safeco Field Traditions” (英語). Bleacher Report. 2014年5月29日閲覧。
  34. ^ 1997年指定
  35. ^ グリフィーの「24」永久欠番=米大リーグ・マリナーズ 時事ドットコム、2016年1月9日付


「シアトル・マリナーズ」の続きの解説一覧

シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 08:20 UTC 版)

マーク・ラングストン」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

サンノゼ州立大学から1981年のMLBドラフトでシアトル・マリナーズから2巡目指名を受けて入団した1984年4月7日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビューし、7回被安打4、2失点奪三振5で初勝利挙げる6月26日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャー完封7月1日ボストン・レッドソックス戦でも2試合連続となる完封勝利挙げた後半戦11勝を挙げ、リーグワーストの118四球ながら1710敗、防御率3.40、204奪三振記録し最多奪三振タイトル獲得ルーキー・オブ・ザ・イヤー投票では27本塁打116打点記録したチームメイトアルビン・デービスに次ぐ2位だったが、遜色ない働きをみせた。1985年故障もあり7勝に終わるが、1986年1214敗、球団記録となる245奪三振2年ぶりの最多奪三振1987年オールスターゲームに初選出される1913敗、防御率3.84、262奪三振記録し2年連続最多奪三振獲得初のゴールドグラブ賞受賞した1988年1511敗、防御率3.34、235奪三振成績本拠地が狭いキングドームだったことも災いして同年まで3年連続被本塁打30越えた1989年5月25日に、ランディ・ジョンソン他2選手との交換トレードモントリオール・エクスポズ移籍した負け越し続きマリナーズ7467敗の成績残した彼はマリナーズ歴代優れた投手を選ぶ場合トップファイブ選ばれる事が多く、しばしばランディ・ジョンソン次いで2番目に高く評価される

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「マーク・ラングストン」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「マーク・ラングストン」の記事については、「マーク・ラングストン」の概要を参照ください。


シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:22 UTC 版)

ロバート・ダガー」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

ダガーは、2016年ドラフトで第18ラウンドでシアトル・マリナーズに指名された。その後ダガーは、3つのチームプレーした

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「ロバート・ダガー」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「ロバート・ダガー」の記事については、「ロバート・ダガー」の概要を参照ください。


シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:22 UTC 版)

ロバート・ダガー」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

2020年12月7日ダガーは、シアトル・マリナーズに移籍した。だが、ケン・ジャイルズ加入によりマイナー下がったその後ダガーは、FAとなった

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「ロバート・ダガー」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「ロバート・ダガー」の記事については、「ロバート・ダガー」の概要を参照ください。


シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 03:10 UTC 版)

ビンス・コールマン」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

移籍後好調維持しシーズン通算で打率.288・42盗塁記録してチーム逆転地区優勝貢献ニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズでは第2戦でアンディ・ペティットから本塁打放つものの打率.217に終わる。クリーブランド・インディアンスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは4盗塁記録する打率.100に終わりチームも2勝4敗で敗退オフフリーエージェントとなった

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「ビンス・コールマン」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「ビンス・コールマン」の記事については、「ビンス・コールマン」の概要を参照ください。


シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:12 UTC 版)

ダニー・ヤング (1994年生の投手)」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

ヤングは、シアトル・マリナーズとマイナー契約交わしたことが発表されたその後、タコマ・レイ二アーズ契約をした。そして、スプリング・トレーニング参加した2022年5月5日ヤングは、メジャー昇格した

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「ダニー・ヤング (1994年生の投手)」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「ダニー・ヤング (1994年生の投手)」の記事については、「ダニー・ヤング (1994年生の投手)」の概要を参照ください。


シアトル・マリナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:44 UTC 版)

リッチー・セクソン」の記事における「シアトル・マリナーズ」の解説

マリナーズ前年地区最下位終わり打線強化のため他にエイドリアン・ベルトレ獲得するなど大型補強敢行した。2005年前年故障から復活し打率.263、39本塁打121打点記録したが、チーム2年連続最下位だった。2006年序盤から不振に陥り8月上旬まで打率.220台だったがその後持ち直し打率.264、34本塁打107打点記録チーム3年連続最下位終わる。2007年開幕から絶不調続いたが、その高額年俸もあって試合出場し続けたため首位を争うチーム足を引っ張る形となり、比較温厚なシアトルファンからもブーイング浴びせられるという状況続いた最終的に打率.205、21本塁打63打点散々な成績終わりチームポストシーズン進出逃した2008年不振続き7月10日マリナーズから解雇された。7月18日ニューヨーク・ヤンキース契約

※この「シアトル・マリナーズ」の解説は、「リッチー・セクソン」の解説の一部です。
「シアトル・マリナーズ」を含む「リッチー・セクソン」の記事については、「リッチー・セクソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シアトル・マリナーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シアトル・マリナーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シアトル・マリナーズ」の関連用語

シアトル・マリナーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シアトル・マリナーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシアトル・マリナーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーク・ラングストン (改訂履歴)、ロバート・ダガー (改訂履歴)、ビンス・コールマン (改訂履歴)、ダニー・ヤング (1994年生の投手) (改訂履歴)、リッチー・セクソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS