働きとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 働き > 働きの意味・解説 

はたらき【働き】

読み方:はたらき

仕事をすること。労働すること。「—に出る」

活躍すること。また、その実績。仕事成果。「—に応じた給料支払う」「メンバーの—が功を奏する」「—が認められ昇進する

稼ぎ収入また、それを得る才覚。「—が悪い」「今月は—が少ない」「—のある人」

物事備わっている機能また、その及ぼす作用。「頭の—が鈍る」「遠心力の—を応用する」「ビタミンの—」

能・狂言の用語。

㋐「働き事」の略。

㋑「舞働(まいばたら)き」に同じ。

日本語文法での活用

[下接語] (ばたらき)荒(あら)働き・一時働き・気働き下働き節句働き・只(ただ)働き・共働き仲働き・糠(ぬか)働き・舞働き・夜(よ)働き

「働き」に似た言葉

働き

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

働き

盤上の駒の作用
[働く(動詞)]

働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 02:35 UTC 版)

ヤマトタケル」の記事における「働き」の解説

草薙剣は、スサノオ尊の十拳剣の刃が欠ける程の業物だったが、日本武尊武器として使った記述はなく、実用的な働きは薙ぎ払う事のみである。平家物語においては日本武尊薙いだところ剣は三十余町(3km四方)も薙ぎ伏せたとされている。また、草薙剣ミヤズヒメ元に残した日本武尊は、荒ぶる神影響病を得都に戻ることなく亡くなってしまう。このことから倭姫命は、草薙剣武器としてよりは、霊的な守護の力を持った神器として、日本武尊渡したとも解される

※この「働き」の解説は、「ヤマトタケル」の解説の一部です。
「働き」を含む「ヤマトタケル」の記事については、「ヤマトタケル」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 17:48 UTC 版)

スミス・ウィグルスワース」の記事における「働き」の解説

ウィグルスワース信仰通して癒しが来ることを信じていた。彼の使った方法柔軟だった。スウェーデンで彼が聴衆手を置くことを禁じられ時に、彼は「共同癒し」を説教したその方法は、人々お互いに手を置くというものだった。彼は油を注ぐことも実践したまた、祈りハンカチ」を配布した(その一枚英国王ジョージ5世送られた)。ウィグルスワースは時々、病気の原因悪魔であるとした。 ウィグルスワースヨークシャー中の多く教会で働きをし、特にシェフィールド郊外にあるベテスダ教会でよく働きをした。彼は多く預言をしたと主張した。彼は国際的な働きもした。彼が働きをした国は、アメリカオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ太平洋諸島インドセイロン島ヨーロッパ諸国などである。彼の説教はいくつペンテコステ派雑誌掲載され、「Ever Increasing Faith」、「Faith that Prevailes」という2冊の本にとめられた。 ウィグルスワースは、毎日キリストのために一人の魂を勝ち取るまでは眠らないと神に約束していたと言われた。ある時、この約束を彼が満たしていなかったので眠ることができず、夜中に外に出て行き出会った酔っ払い福音説きイエス信じるように説得した、と彼は述べている。 ウィグルスワースは、ペンテコステ派初期の歴史で最も影響力のある福音宣教者の一人だと考えられている。また彼はペンテコステ運動参加者大きく増やすことに寄与した信頼されている。 デビッド・デュ・プレシスはウィグルスワース自分に対して預言した言葉について、神が御霊イギリス国教会注ぎ、デビッド・デュ・プレシスがそこに大きく関わるうになる預言した、と詳しく述べた。後に、デュ・プレシスはカリスマ運動大きく関わるようになった。 彼は1947年3月12日没する時まで、働きを続けた

※この「働き」の解説は、「スミス・ウィグルスワース」の解説の一部です。
「働き」を含む「スミス・ウィグルスワース」の記事については、「スミス・ウィグルスワース」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 14:06 UTC 版)

バルバス・バウ」の記事における「働き」の解説

造波抵抗 船首では水面掻き分けて進む時に波が生じる。この波は引き波呼ばれ引き波生み出すためのエネルギー損失を船が推進する時の抵抗と見做せる。この抵抗造波抵抗である。これを小さくすることは、航行速度高め燃費改善する重要な要素である。 原理 バルバス・バウ水面下前方突き出した構造をしている。これによって、水面船首が波をつくるよりも前方にあらかじめ波を生じる。水面船首掻き分けて生じる波は、バルバス・バウによって生じた波とは逆位相となり、それぞれの山と谷が打ち消しあうことで波を小さくする。 結果として造波抵抗最小化して燃費低減速度向上を図ることができ、さまざまな船に有効である。 逆効果 船体バルバス・バウ設計どおりの喫水であれば高い造波抵抗低減効果期待できるが、積荷増減などで喫水高が大きく変わり、特に空荷船体浮かび過ぎていてバルバス・バウ水面上に出ている場合には、従来型船首比べて逆効果となる。また、フルード数0.5越えるような船では効果はほとんどなくなる。 バルバス・バウそなえた船首 バルバス・バウによる波

※この「働き」の解説は、「バルバス・バウ」の解説の一部です。
「働き」を含む「バルバス・バウ」の記事については、「バルバス・バウ」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 00:38 UTC 版)

バードギール」の記事における「働き」の解説

近代建築ベンチレーター負圧によって外気誘引外部排気する仕組みだが、バードギールは正圧によって風を屋内取り込む仕組みとなっており、両者力学的メカニズム異なるものである村上周三らによって2005年行われたヤズド地方での実測コンピュータによるシミュレーションによればバードギールの採涼効果によって標準新有効温度(SET*)で約2低下見られた。

※この「働き」の解説は、「バードギール」の解説の一部です。
「働き」を含む「バードギール」の記事については、「バードギール」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 04:43 UTC 版)

スポイラー (自動車)」の記事における「働き」の解説

スポイラー使い道について説明した用語であるため、スポイラーの働きは破壊スポイル)しようとする特定の効果によって異なる。最も一般的なスポイラー機能には動いている車両超えるかその周囲ある種気流を壊すことである。一般的なスポイラーはその形状超えて流れ乱流の量を増やすことによって空気拡散し、これによって層流壊して層流境界層のためのクッション与える[要出典]。

※この「働き」の解説は、「スポイラー (自動車)」の解説の一部です。
「働き」を含む「スポイラー (自動車)」の記事については、「スポイラー (自動車)」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 23:49 UTC 版)

Amazon Kids+」の記事における「働き」の解説

保護者は、教育娯楽適切なバランスを見つけることができる、使いやすいペアレンタルコントロールにもアクセスできます保護者は、スクリーンタイム制限パーソナライズし、教育目標設定し年齢適したコンテンツフィルタリングし、好み基づいてWebブラウジングコンテンツ使用管理することもできます

※この「働き」の解説は、「Amazon Kids+」の解説の一部です。
「働き」を含む「Amazon Kids+」の記事については、「Amazon Kids+」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 07:04 UTC 版)

Spotify Kids」の記事における「働き」の解説

通常のSpotifyとは異なり保護者子供再生履歴表示したり、特定の曲をブロックしたり、プレイリストお子様共有することが可能。ほかにも、幼児向け設計されプレイリスト厳選されオーディオブック子守唄等も含まれている。これらはSpotifyのプレミアムファミリーサブスクリプションプランに含まれており、プラン加入している人専用である。また、初回起動時年齢設定することで、特定の年齢層向けに曲をカスタマイズすることも可能。 Spotify Kidsプレイリストは、ディスカバリー・キッズニコロデオンユニバーサル・ピクチャーズウォルト・ディズニー・カンパニーなどによってキュレーションされている。これらのすべてのコンテンツは、編集者によってキュレーションされており、2021年3月時点では、約8,000曲が再生可能であったKidsアプリデザイン通常のSpotify異なりカラフルで、ユーザインターフェースアプリ構成されている年齢層によって異なる。

※この「働き」の解説は、「Spotify Kids」の解説の一部です。
「働き」を含む「Spotify Kids」の記事については、「Spotify Kids」の概要を参照ください。


働き(はたらき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「働き(はたらき)」の解説

盤上の駒の機能作用利き具合

※この「働き(はたらき)」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「働き(はたらき)」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/17 14:49 UTC 版)

間脳」の記事における「働き」の解説

間脳大脳半球のほぼ全ての入力出力下位中枢中継する信号交差点となっている。ヒト大脳が最も発達していることから、間脳最大である。

※この「働き」の解説は、「間脳」の解説の一部です。
「働き」を含む「間脳」の記事については、「間脳」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/05 23:24 UTC 版)

傍糸球体細胞」の記事における「働き」の解説

傍糸球体細胞酵素レニン合成貯蔵分泌する。この細胞は、糸球体に入る輸入細動脈内壁にあり、緻密斑からのシグナルによりレニン分泌するレニンレニン-アンジオテンシン系を介して血液量や血圧制御する

※この「働き」の解説は、「傍糸球体細胞」の解説の一部です。
「働き」を含む「傍糸球体細胞」の記事については、「傍糸球体細胞」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/15 02:13 UTC 版)

ウェールズ・メソジスト・リバイバル」の記事における「働き」の解説

1737年教会の聖会の前にダニエル・ローランドハウエル・ハリス18ヶ月間働きをした。以来ハウエル・ハリス天に召される1773年まで友情続いた。この聖会もウェールズ・メソジスト運動の始まりということができる。メソジスト指導者たちは、これを組織化して定期的に集まり、働きについて話し合ったハウエル・ハリスウィリアム・ウィリアムズ大きな伝道旅行旅立った南ウェールズ始まり北ウェールズでも説教した説教回心者が起こされウェールズ語でseiadauと呼ばれるグループ作った。さらに多く回心者と伝道者起こされ1750年までにウェールズ400上のフェローシップ・グループが形成された。これらのグループリーダーによって指導されイングランド国教会内の重要で力強いネットワークとなったダニエル・ローランドはこの働きの中心地スランゲイソーでの働きに専念した聖餐与るために数千人がここを訪れた

※この「働き」の解説は、「ウェールズ・メソジスト・リバイバル」の解説の一部です。
「働き」を含む「ウェールズ・メソジスト・リバイバル」の記事については、「ウェールズ・メソジスト・リバイバル」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/30 05:56 UTC 版)

草方格」の記事における「働き」の解説

風によって吹き飛ばされる砂粒を、ワラ作る小さな柵が抱きとめる。無数の細かな砂粒飛散によって砂丘全体長い時間をかけて移動するが、正しく草方格設けた斜面では砂の移動制限されるために砂で構成される地面安定して形を変えることは無くなる。 ワラのような隙間のある遮蔽物砂粒だけを効果的に捕捉して風は通過させる。もしも、板状の柵であれば風下側で風が渦を巻いてしまい、短時間で柵の根元に穴を作ってそのもの固定出来なくなってしまう。 通常の砂丘山部分は、風で押し流され風下側の斜面経て谷へと移動するまた、同時に風上側の斜面から砂が運ばれ新たに砂丘の山を作る砂丘全体移動はこういった小さな砂の連続的な移動によって行なわれるが、草方格設けた風上側の斜面では砂の移動制限されるために、風上側の斜面の砂が新たな山を生み出すことが無くなる。 つまり、風の力によって砂丘の山が削られて谷が埋められその後、山がしばらくは生まれないために、草方格設けた斜面残してほぼ平坦な地面一時的に作られる

※この「働き」の解説は、「草方格」の解説の一部です。
「働き」を含む「草方格」の記事については、「草方格」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 02:58 UTC 版)

土壌微生物」の記事における「働き」の解説

一般的には生物遺体分解し自然界における物質循環重要な役割果たしていると言われるいわゆる分解者としての役割果たしている。農業においては植物の肥料併用して使用している。一般的な畑では1ha当り生体重量約6tの土壌微生物生息していると考えられています。 実際には、土壌微生物というくくりに含まれる生物には極めて多様なものがある。細菌類に於いては一般的な有機物分解するものの他に、鉄バクテリアのような化学合成を行う独立栄養のものも含まれる。あるいは他の細菌類に対して寄生的な生活を送るものもある。 同じよう菌類に於いて寄生菌線虫捕食菌のように他の土壌微生物依存するものや高等植物共生関係にあるものなど、さまざまな栄養摂取法を持つものがあり、微生物間の関係も、大型生物の間に見られる食物連鎖などと同じように複雑である。 また、硝化作用を行う細菌類のように、それ自体独立栄養生物だが、その生産物植物の生活直結する重要性を持つ場合や、放線菌のように抗生物質分泌して他の微生物の活動影響与えるものもある。

※この「働き」の解説は、「土壌微生物」の解説の一部です。
「働き」を含む「土壌微生物」の記事については、「土壌微生物」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 05:33 UTC 版)

慣性上段ロケット」の記事における「働き」の解説

IUS二段ロケットだった。タイタン・ロケットにより離翔し、または、スペースシャトルの「貨物カーゴ)」として格納されて、それらのロケット一緒に打ち上げられた。 タイタン打ち上げでは、一段目二段目および補助固体ブースタIUSペイロードと共に運び上げ低軌道まで打ち上げたのだった。そこでIUSタイタン切り離され、より高高度軌道へと遷移する楕円軌道に移すためのIUS自身第一段目点火したのであるシャトル打ち上げでは、貨物室開けられIUSペイロード50度の角度持ちあげられ放出された。シャトルペイロードから安全な距離を充分にとって離れると、第一段目点火して、そこからはタイタンでの打ち上げミッション同様にトランスファ軌道”に入ったであった遠地点へと近づく直前第一段目と段間部切り離し、丁度、遠地点軌道の形を円形にするために第二段着火し、衛星分離したその後、高度調整ジェットつかって逆噴射行いIUS運んできたペイロードとぶつかる危険を避けるために軌道落としたのである追記すると、下記通信衛星偵察衛星打ち上げミッションでは、衛星24時間一周する静止軌道乗せられたが、IUS惑星間探査機加速するのにも使われた。それらの探査機打ち上げミッションでは、第一段目燃え尽き分離してからすぐに第二目が点火された。低い高度で第二段目点火することで、探査機地球軌道から離脱するのに必要なだけの速度を得ることができた。

※この「働き」の解説は、「慣性上段ロケット」の解説の一部です。
「働き」を含む「慣性上段ロケット」の記事については、「慣性上段ロケット」の概要を参照ください。


働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 01:47 UTC 版)

葉緑体」の記事における「働き」の解説

光合成が最もよく知られ主要な機能であるが、その他に窒素代謝アミノ酸合成脂質合成色素合成など、植物細胞における代謝重要な中心となっている。 独自のゲノムDNAリボソーム持ち真核光合成生物の共通の祖先光合成をおこなう真正細菌真核生物細胞内共生させたことに由来する考えられている。これについては,下記の「起源」を参照のこと。 葉緑体DNAは,さまざまなタンパク質とともに核様体作っており、細胞核染色体と同様、核様体葉緑体DNA複製転写分配単位となっている。ただし、ヒストンはない。また、細菌DNA結合タンパク質として知られるHU, DPSなどのタンパク質も、緑色植物葉緑体には、基本的に存在しない代わりに亜硫酸還元酵素DNA結合タンパク質として機能している。

※この「働き」の解説は、「葉緑体」の解説の一部です。
「働き」を含む「葉緑体」の記事については、「葉緑体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「働き」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「働き」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



働きと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「働き」の関連用語

1
74% |||||

2
74% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||



7
58% |||||

8
58% |||||

9
56% |||||

10
56% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



働きのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2024 Shogitown. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヤマトタケル (改訂履歴)、スミス・ウィグルスワース (改訂履歴)、バルバス・バウ (改訂履歴)、バードギール (改訂履歴)、スポイラー (自動車) (改訂履歴)、Amazon Kids+ (改訂履歴)、Spotify Kids (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)、間脳 (改訂履歴)、傍糸球体細胞 (改訂履歴)、ウェールズ・メソジスト・リバイバル (改訂履歴)、草方格 (改訂履歴)、土壌微生物 (改訂履歴)、慣性上段ロケット (改訂履歴)、葉緑体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS