交差点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 交差点の意味・解説 

こうさ‐てん〔カウサ‐〕【交差点/交×叉点】

読み方:こうさてん

2本以上の道路などが交わる所。

「交差点」に似た言葉

交差点

作者連城三紀彦

収載図書一夜の櫛
出版社新潮社
刊行年月1988.2
シリーズ名新潮文庫


交差点

作者舞花

収載図書恋愛短編小説 2
出版社愛知出版
刊行年月2002.9


交差点

作者重松清

収載図書きよしこ
出版社新潮社
刊行年月2002.11

収載図書きよしこ
出版社新潮社
刊行年月2005.7
シリーズ名新潮文庫

収載図書きみが見つける物語十代のための新名友情
出版社角川書店
刊行年月2008.8
シリーズ名角川文庫


交差点

作者たむらしげる

収載図書象の思い出
出版社中央出版アノニマ・スタジオ
刊行年月2005.6


交差点(指の隙間握手の間に)

作者安藤功,落合宏文,苅田利一

収載図書俺がいないまで
出版社新風舎
刊行年月2005.1


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 14:59 UTC 版)

交差点(こうさてん、交叉点とも、crossroads, intersection)とは、2本以上の道路が交わる場所である。


  1. ^ 峯岸邦夫編著 『トコトンやさしい道路の本』日刊工業新聞社〈今日からモノ知りシリーズ〉、2018年10月24日、70頁。ISBN 978-4-526-07891-0 
  2. ^ 事故多発交差点マップ”. 日本損害保険協会. 2020年12月5日閲覧。
  3. ^ 令和元年度の交通事故の発生状況”. 警察庁. p. 34. 2020年12月5日閲覧。
  4. ^ 道路交通法実務研究会編 『図解道路交通法』(5訂版)東京法令出版、2017年5月29日、54-55頁。ISBN 978-4-8090-1364-5 
  5. ^ 道路交通法の用語”. しんせん司法書士事務所. 2017年10月10日閲覧。
  6. ^ a b c 日本人が迷いやすい・間違えやすいアメリカの交通ルールを15個まとめてみた”. junglecity.com. 2019年1月23日閲覧。
  7. ^ ブルーガイド編集部 『ブルーガイド わがまま歩き アメリカ西海岸』実業之日本社、2017年、p.322


「交差点」の続きの解説一覧

交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 13:57 UTC 版)

アメリカ合衆国の道路標識」の記事における「交差点」の解説

MUTCDでは交差点(ロータリーを含む)に対する警戒標識W2類として定めている。全ての交差点形状対応できないため、独自でMUTCDにない様式定めている州もある。 Intersections 十字路 丁字路 鋭角交差点 丁字路 Y字路 食い違い交差点 二連続の丁字路 ロータリー ロータリー

※この「交差点」の解説は、「アメリカ合衆国の道路標識」の解説の一部です。
「交差点」を含む「アメリカ合衆国の道路標識」の記事については、「アメリカ合衆国の道路標識」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 00:41 UTC 版)

タイムホロウ 奪われた過去を求めて」の記事における「交差点」の解説

黒の巣側にある車の多い交差点で、坂道となっている。また、付近高級住宅街広がっている十倉自宅この辺あるらしい

※この「交差点」の解説は、「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」の解説の一部です。
「交差点」を含む「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」の記事については、「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:02 UTC 版)

京都市内の通り」の記事における「交差点」の解説

市内中心部の交差点は、交差する2つの通り名の合成により、たとえば烏丸通丸太町通の交差点は、それぞれの名称から「通」を除いたもの(「烏丸」「丸太町」)を続け、「烏丸丸太町」のように称される。 但し、東大路通交わる交差点に関しては、東大路通の別称である東山通用いられ東山○○」と称す(例:「東山五条」)。また、東大路通四条通の交差点が「祇園」(交通情報においては祇園石段下」)、東大路通今出川通の交差点は「百万遍」、西大路通丸太町通の交差点を「円町」、西大路通今出川通の交差点を「北野白梅町」と称す等の例外一部存在する基本的に南北の通り先に記すが、東西の通り主要なものである場合そちらを先に記すこともある。

※この「交差点」の解説は、「京都市内の通り」の解説の一部です。
「交差点」を含む「京都市内の通り」の記事については、「京都市内の通り」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 14:55 UTC 版)

一時停止」の記事における「交差点」の解説

アメリカ合衆国では一時停止標識は「STOP」で交通ルールでは原則として交差点に先着した順に安全を確認したうえで通行することとされている。 「STOP」の標識とともに全車一時停止必要な交差点には「ALL WAY STOP」や、「STOP 4-WAY」(十字路の場合)または「STOP 3-WAY」(三叉路の場合)があわせて標示されている二方向のみ一時停止であればSTOP 2-WAY」が標示されている一時停止標識がない方向からはそのまま通過できる)。 アメリカで用いられている「STOP」の標識

※この「交差点」の解説は、「一時停止」の解説の一部です。
「交差点」を含む「一時停止」の記事については、「一時停止」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:37 UTC 版)

仙台市都心部」の記事における「交差点」の解説

タクシーなどに都心部内の行き先を交差点で表現するときは、慣例的に「ちょう」が付く通りの方後に言うことが多い(定禅寺通国分町など)。また、東X番丁」については「東」を省略している者が多い(「中央通・(東)二番丁」など)。 バス停留所名として用いられているもの 二日町北四番丁二番丁二日町 広瀬通一番町 青葉通一番町 北六番丁小学校東七番丁 東八番丁

※この「交差点」の解説は、「仙台市都心部」の解説の一部です。
「交差点」を含む「仙台市都心部」の記事については、「仙台市都心部」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 09:58 UTC 版)

大栄橋」の記事における「交差点」の解説

市内東部産業道路第二産業道路東大宮バイパス)・西部国道17号三橋指扇方面大宮駅方面を結ぶ主要な交差点であり、自動車交通量多く日中混雑する大栄橋西交差点では、買い物客多くなる土休日周辺の商業施設駐車場入出庫による混雑相まって、当交差点を始点南方向の市道東西方向大栄橋渋滞し大栄橋交差点まで続くことがある

※この「交差点」の解説は、「大栄橋」の解説の一部です。
「交差点」を含む「大栄橋」の記事については、「大栄橋」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 23:49 UTC 版)

池田大橋 (徳島県)」の記事における「交差点」の解説

池田大橋東詰(イタノ交差点) 方向道行き先その他北行 高松琴平徳島つるぎ町貞光 徳島道井川池田IC 南行き 市道 黒沢 西行き 高知四国中央市川之江 かずら橋大歩危 池田大橋西詰(白地当地進路案内看板には四国四県の県庁所在地すべてが登場する方向道行き先その他東行き 高松徳島 徳島道井川池田IC 南行き 高知・大かずら橋大歩危 西行き 松山四国中央市川之江 松山道三島川之江IC ※なお国319号は池田大橋周辺においては国道32号と同じルート重複している。また、西詰(白地)交差点では川之江方向から大豊方向徳島県道268号野呂内三縄停車場線重複している。

※この「交差点」の解説は、「池田大橋 (徳島県)」の解説の一部です。
「交差点」を含む「池田大橋 (徳島県)」の記事については、「池田大橋 (徳島県)」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 07:28 UTC 版)

穴吹橋」の記事における「交差点」の解説

穴吹橋両岸の交差点は一般国道主要地方道交差する重要な交通結節点である。 穴吹橋交差点(右岸南行国道492号であるが、この交差点の東約500m程の箇所穴吹バイパスがある。 方向道行き備考徳島市吉野川市 国道193号重複 西 三好市つるぎ町剣山美馬市木屋平 北 高市・塩江 国道492号重複

※この「交差点」の解説は、「穴吹橋」の解説の一部です。
「交差点」を含む「穴吹橋」の記事については、「穴吹橋」の概要を参照ください。


交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 23:43 UTC 版)

浦和橋」の記事における「交差点」の解説

の東詰には、さいたま県道65号さいたま幸手線(旧中山道)とグランド通り(由来浦和総合運動場)が交差する浦和橋交差点」がある。

※この「交差点」の解説は、「浦和橋」の解説の一部です。
「交差点」を含む「浦和橋」の記事については、「浦和橋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交差点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交差点

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:00 UTC 版)

異表記・別形

名詞

交差 こうさてん

  1. 日本国道路交通法定義) 「十字路丁字路その他二以上の道路交わる場合における当該以上の道路歩道車道区別のある道路においては車道)の交わ部分

発音(?)

下位語


「交差点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



交差点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交差点」の関連用語

交差点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交差点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交差点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国の道路標識 (改訂履歴)、タイムホロウ 奪われた過去を求めて (改訂履歴)、京都市内の通り (改訂履歴)、一時停止 (改訂履歴)、仙台市都心部 (改訂履歴)、大栄橋 (改訂履歴)、池田大橋 (徳島県) (改訂履歴)、穴吹橋 (改訂履歴)、浦和橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの交差点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS