消費とは? わかりやすく解説

しょう‐ひ〔セウ‐〕【消費】

読み方:しょうひ

[名](スル)

使ってなくすこと。金銭物質エネルギー時間などについていう。「ガスを―する」「―電力

が欲望を満たすために、財貨サービスを使うこと。「個人―」

「消費」に似た言葉

消費

人口理論(105-1)の一部は、人口動向社会経済的要因帰結に関わっている。過去において人口理論的取り扱いは、おおむね総人口資源 1、すなわち人口扶養するために利用できる資力、あるいは財やサービス創出意味する生産 2との関係に集中していた。最近は人口成長(701-1)およびその要因経済成長(903-1)の相互関係重点移っており、とりわけ消費 3貯蓄 4および投資 5関係づけられている


消費

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第3巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 23:20 UTC 版)

消費(しょうひ、consumption)とは、欲求を満たすためにサービス商品)を消耗することを指す。需要ニーズ資源を使用することでもある。生産の反意語。なお、日本語の「消費」という語は西周によるものとされている[1]


  1. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』 PHP文庫 p.55 1998年
  2. ^ a b 野口旭 『「経済のしくみ」がすんなりわかる講座』 ナツメ社、2003年、71頁。
  3. ^ 遺産の3つの動機と機会の平等 ワイアードビジョン アーカイブ 2008年4月14日
  4. ^ 統計局ホームページ/家計調査年報(家計収支編)平成27年(2015年) - 詳細結果表へ(平成27年(2015年)平均)<用途分類>1世帯当たり1か月間の収入と支出 1(実数,構成比,増減率,寄与度) 総世帯・勤労者世帯・勤労者世帯以外の世帯


「消費」の続きの解説一覧

消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 05:57 UTC 版)

人口減少社会」の記事における「消費」の解説

少子高齢化影響について高齢になるほど所得から消費に回す比率高くなるため、家計貯蓄率低下を招く。教育支出減少させる一方、(高齢者の増加は)娯楽需要増加させ、医療・介護関連するビジネス生まれ可能性がある

※この「消費」の解説は、「人口減少社会」の解説の一部です。
「消費」を含む「人口減少社会」の記事については、「人口減少社会」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 16:11 UTC 版)

ソジュ」の記事における「消費」の解説

ビールウィスキーワインなどの消費が韓国では高まっているが、ソジュ手に入れやすさと安さから現在も韓国で最もポピュラーな酒類である。2004年には韓国国内30億本以上が消費され2006年には韓国の20歳以上の成人一人平均90本のソジュ1年間消費するという調査結果出た伝統的にソジュそのままストレートで飲むものだが、ソジュ入ったグラスビール入った大きなジョッキ落とす「爆弾酒」、逆にソジュ中にビール入ったグラス落とす「水素爆弾酒」など飲みやすく酔い一気に回る飲み方なされる

※この「消費」の解説は、「ソジュ」の解説の一部です。
「消費」を含む「ソジュ」の記事については、「ソジュ」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 03:32 UTC 版)

フィンランドのエネルギー」の記事における「消費」の解説

エネルギー変換輸送による損失除いた最終消費量2013年では1,102ペタジュールになっており、1人当たりでは202ギガジュールになる。そのうち工業消費量46%、交通16%、暖房25%になっているフィンランド1人当たエネルギー消費量欧州連合で最も高いが、その原因はエネルギー消費量の多い工業生活水準の高さ、寒い気候長い交通距離などがある。エネルギー消費量の上昇は21世紀止まったが、その原因は主に工業転換であり、重工業少なくなったためエネルギー効率上がったのだった代わってエネルギー消費量多くなったのは国際企業データセンターである。 1990年から2006年までエネルギー消費量総量30上昇したが、電力消費44上昇した電力消費量の上昇は工業家庭サービス3部門での上比率ほとんど同じであり、1995年から2005年までの上昇量である15,000ギガワット時は水力発電発電総量越えるものだった

※この「消費」の解説は、「フィンランドのエネルギー」の解説の一部です。
「消費」を含む「フィンランドのエネルギー」の記事については、「フィンランドのエネルギー」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 07:26 UTC 版)

シミット」の記事における「消費」の解説

シミットは普通そのまま食べられたり、朝食紅茶ジャムチーズもしくはアイランなどと共に供される伝統的に紅茶シミットと共に飲まれるトルコではカートや頭に載せたトレイ露天商シミット売っている。 シミットトルコ中・下階級人々象徴する重要なシンボルで、時にsusam kebabı「ゴマケバブ」とさえ呼ばれる

※この「消費」の解説は、「シミット」の解説の一部です。
「消費」を含む「シミット」の記事については、「シミット」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 06:48 UTC 版)

ハムサンドイッチ」の記事における「消費」の解説

2001年実施した調査では、ハムチーズ次いで2番目に人気のある具材であるという結果が出、ブリティッシュサンドイッチ協会ハムサンドイッチ英国で最も人気のあるサンドイッチであるとした 。また2008年フランスで食べられ18個のサンドイッチのうち70%はハムサンドイッチであり、フランスの経済分析会社各国価格を比較するためにビッグマック指数のようなジャンボンブール指数」を開始した世界最長のハムサンドイッチは、2009年スペインパンプローナ肉屋のニコ・ヒメネスによって作成された。

※この「消費」の解説は、「ハムサンドイッチ」の解説の一部です。
「消費」を含む「ハムサンドイッチ」の記事については、「ハムサンドイッチ」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 09:39 UTC 版)

アラ (飲料)」の記事における「消費」の解説

アラは普通、冷やさず熱いまま飲まれるバターポーチドエッグのような滑らかなものから、スクランブルエッグや米のようなしっかりとしたものまで付け合わせられ、すっきりとした味わい仕上げることができる。

※この「消費」の解説は、「アラ (飲料)」の解説の一部です。
「消費」を含む「アラ (飲料)」の記事については、「アラ (飲料)」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:32 UTC 版)

エッグノッグ」の記事における「消費」の解説

エッグノッグ通常クリスマス大晦日飲み物として出されるアメリカでは感謝祭の日(11月下旬)がエッグノッグの消費が始ま日に当たるのだが、商品店頭に並ぶのはハロウィーンの頃である。 歴史的には、エッグノッグは冬の飲み物であって特定の祝日関連付けられてはいなかった。

※この「消費」の解説は、「エッグノッグ」の解説の一部です。
「消費」を含む「エッグノッグ」の記事については、「エッグノッグ」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 20:58 UTC 版)

オーストラリアワイン」の記事における「消費」の解説

1992年1人あたりワイン消費量19リットル/年であり、65リットル/年のフランスなどと比べると少ないものの、10リットル/年のイギリス、7リットル/年のアメリカなど同じアングロ・サクソン諸国の中で群を抜いて多かった2010年1人あたりワイン消費量25リットル/年であり、独立国家としては第15位だった。9リットル/年のアメリカ21リットル/年のイギリスなどよりも多く旧世界ドイツをも上回っている。オーストラリア本土ニュージーランドとの間にあるタスマン海浮かノーフォーク島では、1人あたり54リットル/年のワイン消費しており、1人あたり消費量ではバチカン次いで世界第2位地域だった。2010年代オーストラリア1人あたりワイン消費量は、1960年の5倍以上に達している。消費量の約1/3はカスクワインであり、カスクワインバーベキュー必需品である。 総生産量のうち国内消費量は約40%である。オーストラリア人口は約2300万人に過ぎないが、2011年には5億3750リットル国内消費し国内消費量は世界10位だった。オーストラリア販売されるワインのうち、他国から輸入されワインはわずか16.6%にすぎない2007年オーストラリアワイン市場は2億8000豪ドルであり、9%の伸び示した

※この「消費」の解説は、「オーストラリアワイン」の解説の一部です。
「消費」を含む「オーストラリアワイン」の記事については、「オーストラリアワイン」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 08:25 UTC 版)

トウモロコシ」の記事における「消費」の解説

2007年度トウモロコシ世界消費は、家畜飼料用64%で最も多く、ついでコーンスターチ製造などに用いられる工業用32%を占め直接の食用はわずか4%にすぎないトウモロコシ直接食用として消費量は、上図のように国によって大きく偏りがあるアメリカ中国のように、大生産国でありながらあまり食用用いない国も多い。最も食用としての消費が大きいのは、トウモロコシから作るトルティーヤ常食とするメキシコや、パップサザウガリといったトウモロコシ粉から作る食品主食とするアフリカ東部から南部にかけて地域である(右図参照)。 なお、上記のように主食トウモロコシ飼料用工業用トウモロコシとは品種が違うため、飼料用トウモロコシの消費を減らして主食用に転用することは一概に可能とも言えない主食用を飼料用工業用転用することはできる)。かつてケニア大旱魃が起きた際、アメリカ合衆国トウモロコシ粉食料援助行ったが、その粉がケニアウガリなどにする食用の白トウモロコシではなくケニアでは食用用いない黄色トウモロコシであったため、ケニア政府援助アメリカ突き返したこともあった。 近年最大の生産国であるアメリカにおいてトウモロコシ原料とするバイオマスエタノール需要急速に増大しエタノール用のトウモロコシ需要1998年1300tから2007年には8100tにまで急拡大した。これによりトウモロコシ需要拡大したが、一方で生産がそれに追いつかず、これまでの食用飼料用需要食い合うとなったために価格急騰し2007年-2008年の世界食料価格危機引き起こした原因の一つとなったという説もある。

※この「消費」の解説は、「トウモロコシ」の解説の一部です。
「消費」を含む「トウモロコシ」の記事については、「トウモロコシ」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/12 13:22 UTC 版)

サガルド」の記事における「消費」の解説

20世紀を通じてリンゴ酒ワインよりも生産地域消費される傾向強かった今日ではバスク地方生産されるリンゴ酒のうち90%以上はギプスコア県生産されている。ギプスコア県内で収穫されリンゴだけではまかない切れずフランスガリシア地方から原料輸入しているため、地元産リンゴ60%程度である。 約10%シーズン中サガルドテギ飲まれ、約10%はアップルビネガーの製造使用され残りの約80%はボトル詰めされて販売される。主に750ミリリットルガラス瓶入れて販売されスーパーマーケット食料品店、酒販売店醸造レストラン売店などで販売されている。本来はボトル詰めする習慣がなく、醸造所のクペラと呼ばれるから直接グラス注いで飲まれた。から勢いよく飛び出たリンゴ酒グラス側面で受け、気泡含ませ3cmほど注ぎ、数口で飲みきるのが伝統的な飲み方である。 民主化移行期1976年バスク地方リンゴ酒総生産量は約200リットルだったが、バスク州発足後1983年には約800万リットルにまで増加したその後はやや停滞したものの、1990年代には再び着実に増加しはじめ、世紀の変わり目には900リットル突破したギプスコア県リンゴ酒生産量197619831990199520002.0 8.0 6.5 8.3 9.1 年間生産量の約50%がギプスコア県販売され、約35%がバスク地方他地域販売され残りスペイン他地域およびスペイン国外で販売される大半リンゴ酒は非発泡性であるが、わずかに発泡性サガルド製造されている。かつては現在よりも多くの発泡性リンゴ酒生産されたが、その多く1980年代閉鎖された。ウスルビルにあった4軒のうち残っているのは1軒のみである。

※この「消費」の解説は、「サガルド」の解説の一部です。
「消費」を含む「サガルド」の記事については、「サガルド」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:49 UTC 版)

白ワイン」の記事における「消費」の解説

国民一人当たり年間7L以上のワイン消費する国での白ワイン比率国名 比率(%) 世界平均 40.6% オーストラリア 60% チェコ 60% ニュージーランド 56% ルクセンブルク 53% フィンランド 50% イギリス 47% オーストリア 46.9% アイルランド 44% アメリカ 40% ドイツ 39.8% アルゼンチン 39% イタリア 37% スウェーデン 36% カナダ 35.1% スイス 31% オランダ 30% ロシア 30% ベルギー 28.4% スペイン 28% デンマーク 27% ノルウェー 25.1% チリ 25% ポルトガル 25% フランス 21% 日本 46% ※日本の国一人当たり年間消費量は3.2L。

※この「消費」の解説は、「白ワイン」の解説の一部です。
「消費」を含む「白ワイン」の記事については、「白ワイン」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 02:51 UTC 版)

担税力」の記事における「消費」の解説

消費税において生活必需品含めて課税すれば税負担逆進的となり奢侈品贅沢品限定して課税すれば十分な税収期待できず、その区別も困難となる。そのため、消費は担税力尺度としては逆進的になりやすく、最も劣った指標である。

※この「消費」の解説は、「担税力」の解説の一部です。
「消費」を含む「担税力」の記事については、「担税力」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:31 UTC 版)

投資」の記事における「消費」の解説

はじめA氏100ドルを持っている。B氏がA氏から100ドル借りる。B氏から受注したC氏が100ドル分の消費財生産する。B氏は買った消費財消費する。C氏はこの現金貯蓄とする。一連の活動終了した後はA氏100ドル債権、B氏の100ドル債務、C氏の100ドル貯蓄で、経済全体資本ストック合計当初経済変わらない

※この「消費」の解説は、「投資」の解説の一部です。
「消費」を含む「投資」の記事については、「投資」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 07:02 UTC 版)

液化石油ガス」の記事における「消費」の解説

2009年平成21年)度の用途別需要量(単位/千トン):家庭業務用 7,153一般工業用 3,510都市ガス819自動車用 1,409大口鉄鋼127化学原料用 3,268電力用 312国内需要16,598出典日本LPガス協会) なお、家庭業務及び工業用においては需要家数により以下の表で区別されている。 供給方式需要家規模個別プロパン ボンベ需要家ごとに1対1設置 集中プロパン 複数70未満)の需要家に対して集中供給 コミュニティーガス(旧・簡易ガス70以上の需要家に対して導管利用して供給

※この「消費」の解説は、「液化石油ガス」の解説の一部です。
「消費」を含む「液化石油ガス」の記事については、「液化石油ガス」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 07:25 UTC 版)

ハート・オブ・パーム」の記事における「消費」の解説

消費国第一位最大生産国ブラジル第二位最大の輸入国フランス

※この「消費」の解説は、「ハート・オブ・パーム」の解説の一部です。
「消費」を含む「ハート・オブ・パーム」の記事については、「ハート・オブ・パーム」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 03:03 UTC 版)

ペパロニ」の記事における「消費」の解説

Convenience Store Decisions』誌によると、アメリカでは一年に2億5170ポンドペパロニ消費されており、全国作られるピザ36%で使われている。ペパロニピザオーブンの熱で端がめくれ上がる癖がある厚切りにしてわざと端がめくれるようにしたペパロニもある。 ペパロニはペパロニロール(英語版)の具としても使われる。これはウェストバージニアその周辺人気のご当地軽食である。 カナダノバスコシア州では、ペパロニ単体揚げ物通常ハニーマスタード漬け汁食べる)はパブでよく見られるメニューである。 ピザ乗ったペパロニ 端がはっきりめくれ上がっペパロニ乗せたピザ

※この「消費」の解説は、「ペパロニ」の解説の一部です。
「消費」を含む「ペパロニ」の記事については、「ペパロニ」の概要を参照ください。


消費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 04:32 UTC 版)

ツイカ」の記事における「消費」の解説

通常ツイカ食前酒として供されるほとんどの場合でショットサイズ1杯け出され、一口で飲み干される。ツイカは、結婚式キリスト教洗礼式収穫祭宗教上祝日といったあらゆる伝統的な祝い事の他、家族集まったとき、さらには目覚めの際などにも供されるルーマニア田舎では、乾杯の際の飲み物としてワインではなくツイカ出されるところも多い。これも食欲増進のため食事前に飲まれる農村部の生活風景には、ツイカの瓶はほぼ必ず描かれるプラムの木はルーマニア果樹園で最も広く栽培されており、農家自家消費用作られるツイカは1家族あたり年間10-200リットルほどとされるツイカちょっとした作業友人同士の手伝いなど雇用契約基づかない労働への対価として使われることもある。身体温めるとされ、朝一引っかけてから仕事出たり風邪をひいた時に紅茶入れて飲んだりする人もいる。 ルーマニアは、欧州連合EU)で最大世界でトップクラスプラム生産国であり、ルーマニア農業省によれば作付面積は約65,000ヘクタールで、その生産量80%がツイカ生産回されている。

※この「消費」の解説は、「ツイカ」の解説の一部です。
「消費」を含む「ツイカ」の記事については、「ツイカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消費」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消費

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:45 UTC 版)

名詞

しょうひ

  1. 使い果たすこと。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
消費-する

翻訳


「消費」の例文・使い方・用例・文例




消費と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「消費」に関係したコラム

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • CFDのオレンジジュース相場の見方

    CFDで取引されるオレンジジュースの実体はオレンジ果汁を冷凍濃縮した状態のもので、Frozen Concentrate Orange Juice(FCOJ)、ICE US Frozen Concent...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消費」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消費のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの人口減少社会 (改訂履歴)、ソジュ (改訂履歴)、フィンランドのエネルギー (改訂履歴)、シミット (改訂履歴)、ハムサンドイッチ (改訂履歴)、アラ (飲料) (改訂履歴)、エッグノッグ (改訂履歴)、オーストラリアワイン (改訂履歴)、トウモロコシ (改訂履歴)、サガルド (改訂履歴)、白ワイン (改訂履歴)、担税力 (改訂履歴)、投資 (改訂履歴)、液化石油ガス (改訂履歴)、ハート・オブ・パーム (改訂履歴)、ペパロニ (改訂履歴)、ツイカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消費 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS