ミルトン・フリードマンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 経済学者 > アメリカ合衆国の経済学者 > ミルトン・フリードマンの意味・解説 

ミルトン・フリードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/20 00:10 UTC 版)

ミルトン・フリードマン: Milton Friedman1912年7月31日 - 2006年11月16日)は、アメリカ合衆国経済学者古典派経済学マネタリズム市場原理主義金融資本主義を主張しケインズ総需要管理政策を批判した。ケインズ経済学からの転向者。共和党支持者。1976年ノーベル経済学賞受賞。




  1. ^ a b 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、89頁。
  2. ^ a b 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、89頁。
  3. ^ 「ショック・ドクトリン」上巻:ナオミ・クライン
  4. ^ a b The Boston Globe "Nobel laureate economist Milton Friedman dies at 94" 2006-11-16
  5. ^ 影の主役はフリードマン 2つのニクソン・ショック ジャーナリスト 岡部直明 2014/8/12 日本経済新聞電子版]
  6. ^ Waldemar Ingdahl (2007年3月22日). “Real Virtuality”. The American. 2018年6月24日閲覧。
  7. ^ Milton Friedman and Rose Friedman (1990). Free to Choose: A Personal Statement. Harvest Books. p. 34. ISBN 0-15-633460-7. 
  8. ^ 過去の海外顧問:日本銀行金融研究所
  9. ^ http://www.legacy.com/ns/milton-friedman-obituary/19938148
  10. ^ 「ケインズの目的は、私と同じで、社会の幸福に貢献することだった。私は、ケインズを心から尊敬している」経済学者フリードマン(ラニー・エーベンシュタイン、大野一翻訳、日経BP社2008.1.17)P.140
  11. ^ a b 浜田宏一・若田部昌澄・ 勝間和代 『伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本』 東洋経済新報社、2010年、150頁。
  12. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、98頁。
  13. ^ ポール・クルーグマン 『クルーグマン教授の経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2003年、162頁。
  14. ^ Thomas Palley, "Milton Friedman: The Great Conservative Partison"
  15. ^ Ip, Greg; Whitehouse, Mark (2006年11月17日). “How Milton Friedman Changed Economics, Policy and Markets”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/public/article/SB116369744597625238-foIWt7vDyt4ralPtdifXt5Ux3Lo_20061216.html 
  16. ^ 消費は、現在の所得の関数ではなく、将来に亘って恒常的に得られると期待される所得(恒常所得)の関数である、とする説である。
  17. ^ 竹中平蔵 『経済古典は役に立つ』 光文社〈光文社新書〉、2010年、200-201頁。
  18. ^ 浜田宏一・若田部昌澄・ 勝間和代 『伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本』 東洋経済新報社、2010年、151頁。
  19. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、93頁。
  20. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、94頁。
  21. ^ Milton Friedman on the War on Drugs Thursday, July 31, 2008
  22. ^ Prohibition and Drugs by Milton Friedman From Newsweek, May 1, 1972
  23. ^ 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、181頁。
  24. ^ フリードマン 2008.
  25. ^ フリードマン 2008, pp. 345-354.
  26. ^ フリードマン 2008, pp. 171-205.
  27. ^ フリードマン 2008, p. 87.
  28. ^ ミルトン・フリードマン「世界の機会拡大について語ろう」〜「グローバルビジネス」1994年1月1日号掲載ダイヤモンド・オンライン 2011年8月1日
  29. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、131頁。
  30. ^ 中原伸之『日銀はだれのものか』中央公論新社、2006年[要ページ番号]
  31. ^ 読売新聞1998年9月11日9面「通貨供給 大幅に増やせ ノーベル経済学賞受賞 フリードマン氏 日本経済に処方せん 減税と歳出削減同時に」読売新聞縮刷版1998年9月p535
  32. ^ マーク・ブローグ 『ケインズ以後の100大経済学者-ノーベル賞に輝く人々』 同文舘出版、1994年、73頁。
  33. ^ a b トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈上〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、65頁。
  34. ^ ウィリアム・ブレイト、ロジャー・W. スペンサー編著 『経済学を変えた七人-栄光のノーベル経済学賞受賞者』 勁草書房、1988年、147頁。
  35. ^ a b c トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈上〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、57頁。
  36. ^ a b トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈上〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、58頁。
  37. ^ 江頭進『はじめての人のための経済学史』新世社、2015年、150頁。
  38. ^ トーマス・カリアー 『ノーベル経済学賞の40年〈上〉-20世紀経済思想史入門』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2012年、59-60頁。
  39. ^ 日本経済新聞社編 『世界を変えた経済学の名著』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年、87頁。


「ミルトン・フリードマン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミルトン・フリードマン」の関連用語

ミルトン・フリードマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミルトン・フリードマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミルトン・フリードマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS