実験経済学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 実験経済学の意味・解説 

実験経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/09 03:11 UTC 版)

実験経済学(じっけんけいざいがく、: experimental economics)とは、経済学的な問題に対して実験的な手法[1]による研究を行う分野である。 集められるデータは主に効果量の推定、理論の妥当性の検証、および市場メカニズムの解明等に使われる。 実験経済学においては通常、現実のインセンティブを再現するために、被験者には現金による動機付けが行われる。実験は、市場やその他の交換システムがなぜ機能するのかを理解する手掛かりとなるものである。




  1. ^ Including statistical, econometric, and computational. On the latter see Alvin E. Roth, 2002. "The Economist as Engineer: Game Theory, Experimentation, and Computation as Tools for Design Economics," Econometrica, 70(4), pp. 1341–1378.
  2. ^ • Vernon L. Smith, 2008a. "experimental methods in economics," The New Palgrave Dictionary of Economics, 2nd Edition, Abstract.
       • _____, 2008b. "experimental economics," The New Palgrave Dictionary of Economics, 2nd Edition. Abstract.
       • Relevant subcategories are found at the Journal of Economic Literature classification codes at JEL: C9.
  3. ^ Chamberlin, Edward H., 1948. "An Experimental Imperfect Market." Journal of Political Economy, Vol. 56, No. 2 (April), pp.95-108
  4. ^ ロス・M・ミラー著、川越敏司監訳、望月衛訳『実験経済学』日経BP社、2006年


「実験経済学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実験経済学」の関連用語

実験経済学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



実験経済学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実験経済学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS