ポール・サミュエルソンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 経済学者 > アメリカ合衆国の経済学者 > ポール・サミュエルソンの意味・解説 

ポール・サミュエルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 14:17 UTC 版)

ポール・アンソニー・サミュエルソンPaul Anthony Samuelson1915年5月15日 - 2009年12月13日)は、アメリカ経済学者。顕示選好の弱公理、ストルパー=サミュエルソンの定理サミュエルソン=ヒックスの乗数・加速度モデルバーグソン=サミュエルソン型社会厚生関数新古典派総合などで知られる。第1回ジョン・ベイツ・クラーク賞受賞(1947年)、第2回ノーベル経済学賞受賞(1970年[2]




[ヘルプ]
  1. ^ Columbia's Bhagwati Is Honored”. Columbia University Record (1994年11月18日). 2013年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 依田高典(2013)『現代経済学』、放送大学教育振興会、pp.15-21。
  3. ^ a b c d 佐和隆光「P.A.サミュエルソン:科学としての経済学」、日本経済新聞社編著(2001)『現代経済学の巨人たち-20世紀の人・時代・思想』、日本経済新聞社、pp.58-72。
  4. ^ a b c d e f g マーク・ブローグ(1994)『ケインズ以後の100大経済学者』、pp.252-256。
  5. ^ ノーベル経済学賞のP・サミュエルソン氏が死去、94歳(ロイター、2009年12月14日)2015年10月最終閲覧。
  6. ^ 依田高典(2013)『現代経済学』、放送大学教育振興会、p.220。
  7. ^ "International Trade and the Equalisation of Factor Prices"、1948、in The Economic Journal,
    "International Factor-Price Equalisation Once Again"、1949、in The Economic Journal、
    "Prices of Factors and Goods in General Equilibrium"、1953、in The Economic Journal。
  8. ^ フォンセカ・アッシャー(山形浩生訳)ポール・A・サミュエルソン、『経済思想の歴史』。
  9. ^ 奥野正寛編著(2008)『ミクロ経済学』、東京大学出版会、pp.329-330。
  10. ^ 「私の履歴書 フィリップ・コトラー④」日本経済新聞2013年12月4日。
  11. ^ 小室直樹 『経済学をめぐる巨匠たち』 ダイヤモンド社、2004年、p.217。


「ポール・サミュエルソン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポール・サミュエルソン」の関連用語

ポール・サミュエルソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポール・サミュエルソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポール・サミュエルソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS