シカゴ大学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 私立大学 > シカゴ大学の意味・解説 

シカゴ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 08:39 UTC 版)

シカゴ大学(シカゴだいがく、University of Chicago)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにある研究型私立大学


  1. ^ About the University”. The University of Chicago (2007年). 2007年4月20日閲覧。
  2. ^ As of July 9, 2010. Office of Investments”. University of Chicago. 2010年7月9日閲覧。
  3. ^ https://data.uchicago.edu/at_a_glance.php?cid=16&pid=2&sel=atg
  4. ^ a b https://data.uchicago.edu/at_a_glance.php?cid=12&pid=1&sel=atg
  5. ^ Facts for Journalists”. University of Chicago News Office. 2009年8月30日閲覧。
  6. ^ University of Chicago Nobel Laureates, University of Chicago Nobel Laureates
  7. ^ a b Traditions”. University of Chicago Office of College Admissions. 2009年9月10日閲覧。
  8. ^ a b c 西山千明「ハイエクとシカゴ大学のこと─訳者あとがきにかえて」(F.A.ハイエク『隷属への道』春秋社, 1992年)372頁。
  9. ^ a b Robert Maynard Hutchins | Office of the President | The University of Chicago
  10. ^ 2021 Best Law Schools”. 9/6/2020閲覧。
  11. ^ 2020 Best Colleges”. 9/6/2020閲覧。
  12. ^ 2021 Best Medical Schools: Research”. 9/6/2020閲覧。
  13. ^ America's Top Colleges”. Forbes.com LLC™. 2013年10月19日閲覧。
  14. ^ Best Colleges”. U.S. News & World Report LP. 2013年10月19日閲覧。
  15. ^ About the Rankings”. Washington Monthly. 2013年10月19日閲覧。
  16. ^ World University Rankings”. ShanghaiRanking Consultancy. 2013年10月19日閲覧。
  17. ^ University Rankings”. QS Quacquarelli Symonds Limited. 2013年10月19日閲覧。
  18. ^ World University Rankings”. TSL Education Ltd.. 2013年10月19日閲覧。


「シカゴ大学」の続きの解説一覧

シカゴ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 17:37 UTC 版)

カール・エッカート」の記事における「シカゴ大学」の解説

1928年アメリカ戻ったエッカートは、シカゴ大学物理学部助教授任命され、そこでさらに14年間量子力学研究続けた注目に値するのは、1926年ゾンマーフェルトの下で博士号取得したヘルムート・ホンル(英語版)と共著論文である。この論文は、量子力学基礎について、単原子系の量子力学における群論役割と、ヴェルナー・ハイゼンベルクユージン・ウィグナー理論比較扱ったこの期間中に、エッカートウィグナー=エッカートの定理定式化開発した。これは、シュレディンガー方程式適用される対称変換グループと、エネルギー運動量、および角運動量の保存法則との間のリンクである。この定理は、分光法で特に役立つ。エッカートは、F・Cホイトとともに量子力学物理原理に関するハイゼンベルクの本を翻訳した1934年中、エッカートニュージャージープリンストン高等研究所サバティカルをとった。1952年中と1960年中でも同様であるこの期間中に、エッカートゲイル・J・ヤング英語版とともにエッカートヤングの定理の証明公開した。これは、特定の行列下位行列による最小二乗近似問題を解決するものである1938年12月ドイツオットー・ハーンフリッツ・シュトラスマンウラン核分裂実験行った。彼らは、同年7月ドイツから亡命した同僚のリーゼ・マイトナー結果伝えた1939年1月マイトナーと甥のオットー・ロベルト・フリッシュは、実験結果ウラン核分裂として正しく解釈した核分裂発見ニュースは非常に急速に広まったこれによりヨーロッパでの戦争脅威により、レオ・シラードなど多くの人が、ドイツ核兵器開発することへの不安を引き起こしたシラードアルベルト・アインシュタインと2回会談をした結果アインシュタイン8月フランクリン・ルーズベルト大統領宛てたアインシュタイン=シラードの手紙署名した同年9月ヨーロッパで第二次世界大戦始まったこの手紙は、経済学者銀行家のアレクサンダー・ザックス(英語版)によって10月ルーズベルト大統領届けられた。その手紙に応えて、その月にウラン委員会結成された。委員会内にトピックごとに分科会編成された。エンリコ・フェルミ議長を務める理論的側面分科会はシカゴ大学にあり、エッカートはそのメンバーだった。しかし、1941年エッカートは反原爆立場により委員会脱退したこの期間中エッカート業績注目すべきものは、不可逆プロセス熱力学に関する論文である。

※この「シカゴ大学」の解説は、「カール・エッカート」の解説の一部です。
「シカゴ大学」を含む「カール・エッカート」の記事については、「カール・エッカート」の概要を参照ください。


シカゴ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 03:21 UTC 版)

ルイス・スローティン」の記事における「シカゴ大学」の解説

1937年彼はカナダ国家研究会議への公募漏れ、シカゴ大学の研究員となった。ここでスローティンは初め核化学出会いアメリカ合衆国中西部での最初のシンクロトロン建設参加した。しかし給料低く、スローティンの父は2年間も彼を援助しなければならなかった。1939年から1940年まで、スローティンは生化学者のアール・エヴァンズとともにシンクロトロン放射性炭素炭素14炭素11)を作成した2人炭素11用い植物細胞炭素固定によって二酸化炭素炭水化物生合成用いていることを示した1942年12月2日エンリコ・フェルミによる最初の原子炉シカゴ・パイル1号立ち上げ関わったこの間、スローティンは放射線生物学分野での何本か論文貢献した彼の専門性アメリカ合衆国政府目に留まりマンハッタン計画招聘された。スローティンは、のちのノーベル賞受賞者ユージン・ウィグナーの下でプルトニウム製造研究行いオークリッジ国立研究所移った。さらに1944年12月ロスアラモス国立研究所移り、ロバート・バッチャー(英語版)の研究グループ加わった

※この「シカゴ大学」の解説は、「ルイス・スローティン」の解説の一部です。
「シカゴ大学」を含む「ルイス・スローティン」の記事については、「ルイス・スローティン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シカゴ大学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シカゴ大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



シカゴ大学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シカゴ大学」の関連用語

シカゴ大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シカゴ大学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシカゴ大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカール・エッカート (改訂履歴)、ルイス・スローティン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS